サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 大帝の剣 1 〈天魔降臨編〉〈妖魔復活編〉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大帝の剣 1 〈天魔降臨編〉〈妖魔復活編〉
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: エンターブレイン
  • サイズ:20cm/454p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-3409-8
  • 国内送料無料

紙の本

大帝の剣 1 〈天魔降臨編〉〈妖魔復活編〉

著者 夢枕 獏 (著)

大阪夏の陣の後を舞台に繰り広げられる超時代伝奇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】〔角川文庫 2002年刊の愛蔵版〕【「TRC MARC」の商品解説】

大帝の剣 1 〈天魔降臨編〉〈妖魔復活編〉

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/05/07 00:55

投稿元:ブクログ

時は関ヶ原の戦塵消えやらぬ荒廃の世。身の丈およそ二メートル、岩を削り取ったような剛健なる肉体に異形の大剣を背負って、旅を続ける男がいた。その男の名は万源九郎。鬼神の如き強さを誇る源九郎は、徳川方の刺客に命をつけ狙われることになる。忍術妖術入り乱れ、彼とその大剣を巡る壮大なる物語が音を立てて動き始める―。縦横無尽に歴史をぶった斬る、超弩級時代剣劇の幕が開く。

ひと言で感想を述べると「すげー破天荒!」です。でもさすが夢枕獏さん、面白い。
佐々木小次郎や宮本武蔵なども登場。てことは申はあの人、牡丹はあの人か?っちゅー予想はつきました。
続きが早く読みたいです。

2010/11/29 15:39

投稿元:ブクログ

獏ちゃん先生らしい相変わらずの乱れよう。
宮本武蔵に天草四郎、柳生十兵衛に佐々木小次郎、はたまた宇宙人までが登場。やってくれてます。
主人公 万 源九朗を中心に繰り広げられる痛快時代劇。
破天荒極まりないこの物語がおもしろい。

2013/01/05 17:19

投稿元:ブクログ

2002年刊行『大帝の剣 1 天魔の章 天魔降臨編 妖魔復活編』の愛蔵版。大剣を背負った巨漢の主人公、万源九郎〔よろず・げんくろう〕を中心とした時代活劇&SF作品。大阪夏の陣や島原の乱を経て、太平の世を迎えつつある江戸時代初期が舞台となる。
まさに「何でもあり」の作品で、同時代の歴史上の(あるいは伝説上の)人物が次々に登場する。時代劇の枠すらはみ出しており、江戸時代を舞台にしたSF作品とも読める。良質の時代劇を観るように、はらはらドキドキさせてくれるが、とにかく大風呂敷を広げた感があり、第1巻では物語がどこに向かうのかさっぱり読めない。主要な登場人物すら、まだ出尽くしていないのだから・・・。
なお、この著者はあとがきで作品を自画自賛するクセがあるように感じているが、本書に至っては久しぶりの刊行ということもあってか冒頭に自画自賛がある。これは少々興ざめするのではないか。

2016/01/02 04:32

投稿元:ブクログ

プロットや構成を練っていないまま書き進めること自体は話しをあらぬ方向に流して面白いこともあるから良しとして、設定があまりにも散らかりすぎていまいか。武蔵と源九郎のキャラがかぶってるし、宇宙人憑依効果が曖昧模糊としている。クルス所持効果、土蜘蛛衆アビリティと、明確な差別化ができていない。セリフ回しも、強いやつはほぼ全員同じ口調なので、以前ならすらすら読み進めていけたものがところどころつっかえてしまう。「闇狩り師」「サイコダイバー」シリーズには及ぶべくもないか。


あとさ、恒例の前書き後書きで散らかってる言い訳みたく荒唐無稽や破天荒などと今更言わなくていいよ。そんなのわかってるからさ。

2011/07/26 13:35

投稿元:ブクログ

獏先生も自分で言ってた通り、ここまできたら何でもありだわ。

武蔵の行きた時代
一人の女を巡っていくつもの争いが展開される。

戦う相手は
忍び。宇宙人。生き返った小次郎。

でも話はおもしろい。

複雑だけどやっぱり獏様。
話の展開や表現がうまい。

何より主人公のキャラがスキ。
それぞれのキャラが個性強い。

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む