サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 完全分析独ソ戦史 死闘1416日の全貌

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

完全分析独ソ戦史 死闘1416日の全貌(学研M文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 学研
  • レーベル: 学研M文庫
  • サイズ:15cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-901195-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

完全分析独ソ戦史 死闘1416日の全貌 (学研M文庫)

著者 山崎 雅弘 (著)

〔新版のタイトル等:独ソ戦史(朝日文庫 2016年刊)〕【「TRC MARC」の商品解説】

完全分析独ソ戦史 死闘1416日の全貌 (学研M文庫)

745(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/04 09:15

投稿元:ブクログ

世界史上最大で最後の陸上戦となった独ソ戦は、4年間で両軍2千万人という膨大な損害を出し、第二次世界大戦の帰趨を決めた。大戦開始当初欧州を席巻したドイツの最新鋭戦車による電撃戦術は、結果としてソ連には通用せず、ロシア、白ロシア、ウクライナの大地はドイツ機動部隊の墓場となった。ベルリンからモスクワまで約二千キロの広域で行われた総合陸上戦闘というのは例がなく、特にがっぷり四つの戦車戦として世界史に残る事例なだけにマニアには堪らないテーマだが、戦争とは政治の一手段であり、経済力などバックグラウンドも含めて四年間を語るのが本書の趣旨なのだろうから、それに即して読んでみようと思った。

まずドイツ。世界最強の戦車軍団はなぜ敗れたのか。高等統帥教育を受けていないヒトラーが作戦に容喙したから、はたまた勝手に降伏する元帥がいたから、と様々に語ることができるが、これらは多かれ少なかれ、ソ連側にもあったこと。理由の一意に決めることはできないが、例えば、近代戦車戦の宿命である「消耗」に着目することもできるだろう。戦車軍団が電撃的に進攻を重ねれば重ねるほど、故障や損耗が募り、戦車の稼動率は下がっていく。そんな秋も深まった頃、ヒトラーはモスクワ、そしてスターリングラードと重要都市への進攻を命じ、その最後の一伸びが冬季反攻の余地を与えることになる。

一方のソ連は、初期に壊滅的な打撃を被り、退却を重ねていく。そんなソ連に味方したのは国土の広大さと冬将軍だけではない。ドイツのハルダー参謀総長は言っている、「一ダースの敵を撃破しても、またすぐに別の一ダースが現れてくる」と。単に人口と国土でドイツを凌駕するだけではなく、ドイツにどれだけ殲滅されても、戦車と兵士を前線に供給し続けるだけの国力があった。ソ連の公刊戦史はフルシチョフのスターリン批判後に書かれている。ひょっとしたら、スターリンは再評価する必要があるのかもしれない。

こうしてファシズムの時代は幕を閉じ、米ソ冷戦の時代へと移っていく。20世紀後半以降の歴史の中で、ここまでの大規模陸上戦は行われることがなかった。だからこそ戦車マニアたちは独ソ戦史を懐かしげに振り返るのだろうけど、一方で、多くの死と損害を謙虚に反省したからこそ現代があることに、感謝する必要もあるのだと思う。

第2次世界大戦・太平洋関連 ランキング

第2次世界大戦・太平洋関連のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む