サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 千里眼ミッドタウンタワーの迷宮

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千里眼ミッドタウンタワーの迷宮(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-383605-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

千里眼ミッドタウンタワーの迷宮 (角川文庫)

著者 松岡 圭祐 (著)

六本木にそびえる東京ミッドタウン。多くの大使館がひしめき諜報員が暗躍する街を見おろす華やかなタワーに秘められた罠に、元女性自衛官初の戦闘機パイロット、今は臨床心理士の岬美...

もっと見る

千里眼ミッドタウンタワーの迷宮 (角川文庫)

596(税込)

千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮

583 (税込)

千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

六本木にそびえる東京ミッドタウン。多くの大使館がひしめき諜報員が暗躍する街を見おろす華やかなタワーに秘められた罠に、元女性自衛官初の戦闘機パイロット、今は臨床心理士の岬美由紀が挑む!盗まれた最新鋭攻撃ヘリの謎、大切な人の命と国家の命運を賭けて挑むカードゲーム、そして迫真の心理戦。動体視力を封じられ、生涯最大のピンチに陥った美由紀の運命は?!新シリーズ書き下ろし第4弾は徹夜必至の急展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

美由紀大活躍、再び。

2007/04/17 13:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

新シリーズを一気に3作発表したばかりなのに、その直後に出た本作。正直新シリーズと題した3作は、全シリーズの激烈具合に比べて比較的大人しいような物足りなさを覚えた。それをして前作とのアジャスト的3作ではないか、と私は先の書評で書いたのだが。どうやらそれは、当たっていたようだ。
果たして本作品の爆裂具合の凄まじさ。キタ!これだこれなのだ!これこそ千里眼シリーズの読み応え!なんである。久々の、徹底的な絶望感。そして予想をはるかに上回る、美由紀の大活劇。もう「待ってました!」と声を上げたくなるような一作である。
何しろウマい。嫌われキャラの作り方も、その扱い方も実に巧妙。何しろ憎たらしい(笑。万人誰が読んでも憎たらしく感じるキャラ。そして健気な美由紀、という構図。そうとわかってはいても、もうまんまと松岡さんの術中にハマってしまい、踊らされてしまうのだ。
そしてまたあらゆる所に埋め込まれた布石。読み進めながら、一瞬でも気を抜いてはいけない。少しでも「ん?」と注意を喚起したものがあったとしたら、それは間違いなく後で炸裂する松岡トラップである。
絶望的な状況・解決不可能に思える事件に、複雑に絡み合う人間関係に国家存亡の危機!それらがどんどん集約され紡がれていき、布石を踏まえて見事に物語として昇華してゆく。そして通底するテーマはシンプルかつピュアでブレがなく、純粋に読む者の胸を激しく打つ。
唯一無二、稀代のスーパーヒーロー岬美由紀。彼女は一体どこまで行ってしまうのだろう。これからもその大活躍を心待ちにしたい。また会える日を、指折り数えて待っていたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/23 21:32

投稿元:ブクログ

美由紀の友人が、ハイテクいかさまを使った愛新覚羅というギャンブル地獄に嵌められる。それを助けようとした美由紀が、友人のこっぴどい裏切りによって、最大の武器であった動体視力も封じられ絶体絶命のピンチに陥る。(2007/5/16)

今回の悪の組織は、日本のお隣の某大国の外交部門の下部組織。前巻の終わり方(ジェニファー・レインと西之原夕子の掛け合い)から、今度こそはのマインドシーク・コーポレーションの登場を期待していたのですが、またもや予想が外れました。
下部組織が外交特権を悪用して、仁義もへったくれもない悪の暴走なんですが、ここまでやっておいて、上部組織は知らなかったこともないだろう?! で、旗色悪くなったら最後はあっさりトカゲの尻尾きりというのは、お国柄そのもののいかにもありそうなお話でした。反面、そう思わせるくらい、最近の中国バッシングに体よく便乗している感のあったことも否めません。


それはさておき、友人「由愛香」さんですが、前作でも何度か登場しており、ちょっと性格が悪いくらいの人物設定でした。しかし今回は、人間が状況によって、こうも変わるものなんかねぇ。。。と人間不信に陥りたくなるほどに徹底的に人格を破壊してくれました。「馬鹿は死ななきゃ直らない」ではなかったのが救いではありましが。。。

ラストシーンに対する伏線は、見え見えでしたよん。

2007/07/26 12:34

投稿元:ブクログ

岬美由紀、絶体絶命!
六本木に新しくお目見えした東京ミッドタウンを舞台に繰り広げられるスパイ情報戦。巧妙な罠に陥り千里眼の能力を奪われ、ズタズタにされた岬美由紀、絶体絶命のピンチ。相変わらずの読みやすさ。アクションが減ってきたなぁ。。残念。

2008/12/18 14:21

投稿元:ブクログ

航空ショウへ藍と行ってたみゆきは、
ロシアの戦闘機をみかける。
ところが、みゆきの行くところに事件は起きる、
核爆弾に似た物体が発見されるのだ。
みゆきは、ロシアのその最新兵器へ乗り込み、宇宙へ(!)
その影には、盗まれた飛行機と、かつての上司の姿が・・・

で、もう一人のみゆきのお友達、高遠由愛香のお話。
都内13テンポのレストランを経営する、由愛香。
14店舗目は、夢の六本木、東京ミッドタウン。
開店準備も順調に行なわれてるなか、
夜な夜な、由愛香の怪しい行動が・・・・・。

豪華なパーティドレスに身を包み、毎晩むかうその場所は・・・
経営するレストランも担保にとられ、
準備を始めたミッドタウンも、ひどい状態に。

そこに仕掛けられた罠は、中国大使館という治外法権の
異国の地を利用した悪質なゲーム。
なんと、その場所に、核爆弾の事件に関する元上司の姿も・・・!!

まったく現実感がないんだけど。
それだけに、逆におもしろすぎる。
圧巻〜!
こんな体験は、小説じゃないと出来ないよねぇ〜
やっぱ、岬みゆきは、すげぇ。

2007/05/22 19:46

投稿元:ブクログ

防衛庁跡地に建ったミッドタウンは2007年3月に開業〜百里基地に講演に行った美由紀は,自分の所為で除隊した元上官の不穏な動きを察知し,核と思われる爆弾を借り物のミグで宇宙空間に射出するが,その隙にフランス製の攻撃ヘリが盗まれてしまう。美由紀の友・由愛里は六本木ミッドタウンの一等地にカフェをオープンさせようと準備していたが,急に資金繰りが苦しくなった様子にも拘わらずドレスアップしてパーティーに出掛けていく。行き先は中国大使館で日本人セレブを鴨にするカジノが開帳されている。美由紀はミッドタウンのオフィスフロアから望遠鏡を遣うイカサマをはたらいていることを突き止めるが,点眼薬をすり替える友の裏切りで拘束されてしまう。中国No.2が来日するのにあわせて,愛新覚羅を使った逆襲に打って出る〜うーん,だんだん好い加減な設定になってくるなあ・・・間もなく,5巻目が出るそうだが,慌てて読む必要はないかも知れない。無茶な設定で,ヒロインは死にそうな場面なのに直ぐ復活する。おいおい

2007/05/09 22:58

投稿元:ブクログ

ほぼ国家を敵に回していながらなぜか罰せられず生き残る痛快美由紀マジック(ばくまれい)いっそすがすがしい

2008/05/23 22:34

投稿元:ブクログ

美由紀の孤独が浮き彫りになったと強く感じた。
由愛香とはこれから・・・?
伊吹がかっこいい。二人の過去を読みたい。

2007/03/27 22:56

投稿元:ブクログ

<内容>
岬美由紀、絶体絶命!
六本木に新しくお目見えした東京ミッドタウンを舞台に繰り広げられるスパイ情報戦。巧妙な罠に陥り千里眼の能力を奪われ、ズタズタにされた岬美由紀、絶体絶命のピンチ! 話題沸騰の新シリーズ書き下ろし第4弾!

2008/05/08 08:48

投稿元:ブクログ

安定した面白さ。エンタメ小説としては最適か。
「高遠由愛香」の鼻持ちならない態度に焦点があてられて物語が進むので読み終わって
からはなるほどとスッキリしますが、途中はイライラしっぱなしです(嫌な女全開です)
今回は、「愛新覚羅」というカードゲームのやりとりによる心理戦がメインになる。
・・・「カイジ」を思い出してしまった

2010/08/22 08:03

投稿元:ブクログ

新シリーズ第4話。
今回は治外法権下で起こるギャンブル。
狙われた友人を助けるために岬が奮闘す

2010/03/08 22:23

投稿元:ブクログ

・・・二回目かな?(重複して買ってもーた)
最近の岬美由紀は弱点が多すぎるなぁ
もっと選択肢がありそうな期がするけど、新
シリーズになってからは人間的な弱さを前面
に押している気がします
てか、なんで2007年の本を買ったのかな

2008/10/06 06:54

投稿元:ブクログ

愛新覚羅の心理戦ででは、思わず手を握りしめてしまう程、こちらも緊張してしまった程です。途中「そう、結局私は一人だ」と自嘲する美由紀が悲しかったですね。

2008/12/18 06:10

投稿元:ブクログ

やはり、やはり面白い
千里眼こと、岬美由紀
「またどうせ千里眼と知性で何事件を乗り切って終わりでしょ!」
と思ってるあなた!
美由紀に生涯初?の圧倒的ピンチが訪れます!
生きるか死ぬか...天国か地獄か...。
一貫して前向きで強靭な精神をもつ岬ですが
今回は、弱気で、傷つきやすい、
生身の人間としての美由紀を見ることができました
そして美由紀という人物がますます好きになりました

2012/06/23 23:53

投稿元:ブクログ

とにかく由愛香に腹が立つ。
由愛香に寛大な岬さんにもイライラ。
いつもの終わり方が好きなんですが、今回はちょっと。。。

2012/01/07 11:05

投稿元:ブクログ

美由紀が親友によって窮地に追い込まれる。
普通の神経しているなら、ここまでされたら関係を断ち切るだろうに、
そうじゃないところをみると、美由紀自体も何らかの心の病をもっているのかしらん。とか思っちゃった。

とにかく、このシリーズ数冊読んで思ったのは
物語の途中までは、この話の着地地点あるんでしょうね?
と不安になるほどのハチャメチャぶりとスケールの大きさ。
それが結末に近づくにつれ、ちゃんとした因果関係が分かり
これなら、有だなぁ。なるほどなぁ。となる。


( ・_ゝ・)<友情の再構築、ギャンブル、中国

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る