サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/503p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-11826-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件 (創元推理文庫)

著者 ディクスン・カー (著),岡 照雄 (訳)

十七世紀、王政復古の英国。国王暗殺の噂が流れるなか、治安判事エドマンド・ゴドフリー卿が不可解な失踪を遂げ、五日後に無惨な遺体となって発見された。旧教徒の陰謀か、私怨による...

もっと見る

エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件 (創元推理文庫)

1,339(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十七世紀、王政復古の英国。国王暗殺の噂が流れるなか、治安判事エドマンド・ゴドフリー卿が不可解な失踪を遂げ、五日後に無惨な遺体となって発見された。旧教徒の陰謀か、私怨による復讐なのか。虚実綯い交ぜの密告、反国王派の策動も相俟って、一判事の死は社稷を揺るがす大事件へと発展…。不可能犯罪の巨匠J・D・Cが英国史上最大の謎に挑んだ、歴史ミステリの古典的名作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/08/13 12:39

投稿元:ブクログ

17世紀にイギリスで実際にあった事件を、ミステリの巨匠カーが推理したもの。
プロテスタント(英国国教会)とカトリックがせめぎ合う時代。
カトリックの陰謀が囁かれる中、廉潔で知られる高名な治安判事ゴドフリー卿が行方不明となり、数日後に死体で見つかった。
強引な捜査で、次々に容疑者が監獄にぶち込まれる。
当時としては珍しくないことだったらしいが。
癖のある登場人物が実在しているのが面白い。

1678年。
時の王様はチャールズ2世。
父のチャールズ1世は清教徒革命で処刑された王で、王子だった頃にはフランスに亡命していたほど。
チャールズ2世は見た目がよく、陽気で気どらず女好きで、人気があったそうです。
美人というほどではないが感じのいい王妃のことも、それなりに大事にしていて仲は良く、王妃がカトリックなので強硬な反カトリック派に攻撃された時だけは激怒したという。
王妃との間に子供がいなかったので、王弟ジェームズが後継者。
この王弟がカトリックに改宗していたために、王位継承を阻止しようとする策謀が激しくなったんですね。

反国王派のリーダー、シャフツベリー伯の強引さ。
カトリックの陰謀を暴くと名乗り出て、あることないこと喋りまくるタイタス・オーツ。見るからに怪しい人物なのだが、妙なカリスマ性があり、世間を圧倒する。
ジェズイット評議会で王の暗殺がもくろまれたという証言を元に、カトリック陣営の重要人物が捕まる。
そして、対立する陣営のどちらもが、敵国フランスのルイ14世から実はお金を貰っていたという妙な構造。
どう転んでもどこかで上手くいくように?裏工作が多い時代だったんですね。
17世紀の時代色がなんとも面白い。
強硬派を泳がせておいてやっつける王様に味方したくなります。

飛び交う噂、死体発見者の報、ゴドフリー卿の服装、届いた手紙、謎の発言、磨かれていた靴。
様々な証言が残っているために、縦横に推理を尽くした結論も・…なるほど!
ただ、こういうことに興味がなければ…かなりややこしいかなぁ…

2009/02/19 09:26

投稿元:ブクログ

十七世紀、王政復古の英国。国王暗殺の噂が流れるなか、治安判事エドマンド・ゴドフリー卿が不可解な失踪を遂げ、五日後に無惨な遺体となって発見された。旧教徒の陰謀か、私怨による復讐なのか。虚実綯い交ぜの密告、反国王派の策動も相俟って、一判事の死は社稷を揺るがす大事件へと発展…。不可能犯罪の巨匠J・D・Cが英国史上最大の謎に挑んだ、歴史ミステリの古典的名作。

2009年2月18日購入

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む