サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風少女(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-45905-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

風少女 (創元推理文庫)

著者 樋口 有介 (著)

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹・千里と偶然に出会う。そこで初めて知った、麗子の死。事故死という警察の判断に納得のいかない二人が...

もっと見る

風少女 (創元推理文庫)

700(税込)

風少女

540 (税込)

風少女

ポイント :5pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹・千里と偶然に出会う。そこで初めて知った、麗子の死。事故死という警察の判断に納得のいかない二人が、同級生を訪ね、独自の調査をはじめると…。赤城下ろしが吹きすさぶ風の街・前橋を舞台に、若者たちの軌跡を活き活きと描き上げた、著者初期の代表作。大幅改稿で贈る、青春ミステリの決定版。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

2007/08/30 11:20

投稿元:ブクログ

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹・千里と偶然出会う。そこで初めて知った、麗子の死。事故死という警察の判断に納得のいかない二人が、同級生を訪ね、独自の調査を始めると・・・。赤城下ろしが吹きすさぶ風の街・前橋を舞台に、若者たちの軌跡を活き活きと描き上げた、著者初期の代表作。大幅改稿で贈る、青春ミステリの決定版。※林檎の木の道と大まかな設定が似ていて、やっぱり爽やかなイメージでした。読みやすい。人が死んでいるのに全然血なまぐさい感じがない。

2007/04/20 21:28

投稿元:ブクログ

2007/4
続けて、これもツレから借りた。
「主人公が停滞している」という理由がなんとなくわかってきた。
町田康、織田作、牧野信一あたりが好きなひとから借りた理由もなんとなくわかったような気がする。
田舎の都市の、鬱屈した気分がこごっているようすは、たいがいの人に思い当たる節がありそうに思う。

2008/10/14 20:16

投稿元:ブクログ

“「マフラー……」
「君がしてるといい、このつぎに会うまで」”

斎木亮と、川村千里。
内容がよかったし、この2人、楽しい。

2009/10/25 16:10

投稿元:ブクログ

青春ミステリ。
ものすごいどんでん返しがあるわけでも、特別魅力的なキャラクターが
出てくるわけでもないが、このジャンルの小説は読んでいて安心する。

家族とのちょっとした絆というか切っても切れない煩わしさが
安心するのかもしれない。
本題とはあまり関係ないかもしれないけど。。。

2009/12/23 22:49

投稿元:ブクログ

無神経なところはおいといて、「どうにかなるさ」ていう主人公の生き方がかっこよくて好き。
樋口作品をとことん読んでみようかな、と思った。

2010/05/08 22:41

投稿元:ブクログ

主人公は、21歳の大学生。
 父の危篤の報せに故郷に帰ってきた彼は、そこで初恋の人の死を知らさせる。「奇麗だった彼女は、死んだときも奇麗だったはず」そういった違和感から、死んだ彼女の妹と共に謎を解く。

 デビュー2作目で、再出版にあたり大幅に改稿したそうです。
 
 いやあああああ、よかった。
 この主人公が、21歳なのにオヤジですww 「探偵は今夜も憂鬱」の柚木草平に通じる、軽さと客観性。そして、彼をふりまわす女性陣。
 結局、いい感じのオヤジになる人は、若いときから同じスタンスでいるんだよね。つーのを、つくづく感じました。
 ミステリーとして事件の謎解きうんぬんより、彼をとりまく人間模様などなどを楽しむ小説です。
 妹の桜子(あだ名が<つぼみ>)がいい味だしてます。

 これは、絶対お買い得な本ですよww

 で、樋口有介の魅力とはなになのか、つらつら考えてみた。
 なんせ、これがよかったせいで、またクリックしてしまったもの。この調子でいくと、単行本までコンプリートしてしまいそうだ。

 …客観性と俯瞰、でしょうか。

 人間って、客観的になるのは難しい。とくにミステリーな状況だと、それは不可能に近い。が、樋口有介の作品では、主人公は常に自身を含めて客観している。客観しているといっても、冷たいわけじゃない。
 その自身を俯瞰している視点。
 ある意味、こういう生き方がしたいと思うようなところが、魅力なのかな。

2010/02/21 23:24

投稿元:ブクログ

ミステリー小説としてみるとたいした内容ではない。
ただ、青春小説として読む分には雰囲気が良かった。

2010/03/02 19:35

投稿元:ブクログ

前橋など、情景の描き方は好きです。直接事件とは関係のない、桜子ちゃんや姉さん、川村弟くんなどの登場人物もとても魅力的でした。
ただ、事件そのものが稚拙で「7錠処方された睡眠薬が7錠残っていたのに、被害者の体内から睡眠薬が検出されている」「慎重な被害者が寒い季節に風呂に入るのに窓のカギを開けっ放し」など、警察がまったく気付かないのは不自然な気がしました。もっと、警察ではなく身近な人間だからこそ気がつく内容にしてほしかったです(しかも1週間もかからずに解決されちゃったら警察って・・・)。

2010/03/30 00:21

投稿元:ブクログ

1988年に作家「ぼくとぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞の読者賞を受賞し、作家デビューした樋口有介の初期の快作の一つ。
デビュー作は主人公が高校生のカップルで、1990年に和久井映見主演で映画化されたが、「風少女」は映画化もTVドラマ化もされていないようだ。この作品も映画向きと思うのだが。
「ぼくとぼくら〜」に比べて爽やかな映画にはならないけれども、映画で見てみたい。
というのもミステリーではあるけど、中学の同級生の女の子の死の真相を突き止めるために、考えたり行動したりのドラマが面白く描けている。主人公・21歳の大学生、斉木亮の発想やセリフ、言い回しがとても学生っぽくないとか、相方や脇の女の子がいい女過ぎないかなど、謎解きとは特に関係なくもない細かいところがとても面白い。
個人的に事件の真相とラストのところは、自分の身に起きたとしたら相当辛いけど、かりにそうなったらこのミステリーのように振舞おうというような、イカしたものなのである。ぜひ古い作品ではあるけど映画化してもらいたい。
ラストはもっとも映画的なので、映像化の場合さらにクールなカットを考えていただければいうことなし。

2015/01/26 02:38

投稿元:ブクログ

樋口氏らしい、いわゆる「青春ミステリ」の作品。
が、これがデビュー二作目だそうなので、
「らしい」も何も、ここから始まってるのか。

主人公の(樋口氏らしくひねくれた)大学生の男が、
里帰りするところからストーリーは始まる。
駅で偶然にも「元カノの妹」と出会うことで、
この帰省が大きく変わって行くこととなる。

件の元カノは、つい最近事故で死んだと知る男。
紆余曲折の末に、実は事故でも自殺でもなく
誰かに殺されたのでは、という疑いで調査を始める。

樋口氏の特徴として、「肝心なシーンを書かない」
ということが挙げられるのではないかと思う。

いざ「誰かと対決する」ことになったとすると、
相手の元に向かうまでの心象を丁寧に描くが、
次のシーンではもう何日か経っていて、
読者は、登場人物の「その後の行動」から
対決の首尾がどうだったかを類推する。

そんな「芸風」が特徴的な気がする。

また樋口氏の「青春もの」は、女の子がいい。
ひねくれた言動をするのに根は純粋で、
ある意味「理想のツンデレ」的な(^ ^;
もちろん、この作品の発表当時には
「ツンデレ」なんて言葉は無かろうが(^ ^;

本作では、「東京からそう遠くない地方都市で
色んな意味で『くすぶってる』連中」が多く登場するが、
そのくすぶりっぷり、ひねくれっぷりの描写がいい。

地理的にも人間関係的にも、狭い範囲内で
密度の高いそんなこんなが繰り広げられていて、
良くは知らんが「地方のリアル」みたいなみのを
感じられる気がする。

もしや作者にとっては不本意かも知れないが、
ストーリーや「謎解き」よりも、
地方都市の「くすぶってる」若者の群像劇として
楽しく読ませていただきました(^ ^

2010/05/10 22:42

投稿元:ブクログ

良作。
文句ない名作ではないが、シブイ良作ですね。

地方都市特有の閉塞感が良く出ていて、クローズドサークルを自然に描いている。
ただ、青春小説と思って読むと少しツマラナイ。ってかこれホントに青春小説?って思いたくなる。
軟派なハードボイルドだと思うとめっちゃいいけども。

ミステリとしては平凡ですが、犯人の動機に一読の価値有。
そこらへんがきっと青春小説たるゆえんなんだと思う。青くさい、とでも言おうか。

米澤穂信を昔くさくするとこうなるかな?

2011/11/09 22:16

投稿元:ブクログ

樋口有介さんの作品の中でも「風少女」は個人的ランキング上位の作品です。
はい、再読です。
ふと読み返したくなったんですよね。

2011/09/08 22:23

投稿元:ブクログ

上州の名物といえばかかあ天下とからっ風。両方を印象的に使って前橋を舞台にしたミステリー。青春ミステリーと紹介されているが、青春ど真ん中と言うようなハツラツさとした明るさではなく、青春のほろ苦い後味と言った感じの重さが行間ににじみ出している。季節のせいなのか、舞台のせいなのか、挫折感を味わった登場人物が次々と現れるからなのか。その全てが理由なのかもしれないが、その重さが作品の魅力を引き出しているのは間違いない。とは言え、最後の別れは明るい青春そのもの。やるせない真相と対称的に予想される未来が、いいスパイスになっている。

2011/03/03 21:51

投稿元:ブクログ

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹・千里と偶然に出会う。そこで初めて知った、麗子の死。事故死という警察の判断に納得のいかない二人が、同級生を訪ね、独自の調査をはじめると...。赤城下ろしが吹きすさぶ風の街・前橋を舞台に、若者たちの軌跡を活き活きと描き上げた、著者初期の代表作。大幅改稿で贈る、青春ミステリの決定版。

2011/03/26 11:19

投稿元:ブクログ

父親の死を聞かされ、故郷に戻った主人公は
駅で好意を寄せていた川村麗子の妹と出会い、
そこで初めて聞かされる初恋の女性の死。

死に方に納得がいかない主人公は事件を
調べはじめるが・・・。

調査の過程で再会する変ってしまった友人達。
誰がキーパーソン?

果たして川村麗子の死は殺人なのか?
それとも事故なのか?

すらすらと読んでしまった作品。
割と面白いと思います。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む