サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. ドアをノックするのは誰?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドアをノックするのは誰?(シャレード文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: シャレード文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-07043-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫)

著者 鳩村 衣杏 (著)

甲田は大学助教授だが、かなりの遊び人。興味本位で美貌のサラリーマン・頼久に交際を申し込む。しかし思いがけないほどあっさりとOKが出て、トントン拍子に同居生活が始まると、す...

もっと見る

ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫)

648(税込)

ドアをノックするのは誰?

756 (税込)

ドアをノックするのは誰?

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

甲田は大学助教授だが、かなりの遊び人。興味本位で美貌のサラリーマン・頼久に交際を申し込む。しかし思いがけないほどあっさりとOKが出て、トントン拍子に同居生活が始まると、すべてを捧げて尽くしてくれる頼久に甲田はメロメロに。そんなある日、甲田の別れたはずのセックスフレンドが家に乗り込んでくるが頼久は怒らず、その上“浮気のススメ”まで持ち出されてしまう。三歩下がって、三つ指突いて、女遊びに文句ひとつ言わずに、家を守る—『妻の鑑』のようでありながら、スルリと腕をすり抜けていく頼久に、甲田の心中は複雑で…。「君は天使なのか、悪魔なのか…?」両想いなのに、何かがどんどんズレていく!?ちょっとおかしくて切ない大人の恋物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大人のラブコメ

2012/04/02 19:53

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学教授でかなりの遊び人の甲田(攻め)。
興味本位で美貌のサラリーマン頼久に交際を申し込みます。
思いがけずあっさりOK、更に同居までトントン拍子に話は進みますが・・・
あれ、何かがズレている?とお話は続きます。
同居してみて気がつく甲田と頼久の気持ちのズレ。
甲田の「好き」と頼久の「好き」がどんどん近づいていく過程がとてもうまい!
コメディですがきちんと締めてあるのでとても素敵な
大人のラブコメに仕上がっています。
とっても楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドタバタラブコメ

2017/01/31 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです!
41歳と33歳の大人CPで、どちらもまともな恋愛経験がなくて攻め甲田は頼久に振り回されます。
受け頼久は、自分の気持ちを自覚できてなくて胸の痛みを病気と勘違いしたり…w
しかも、悪友やら当て馬やら弟妹やらと脇キャラがかき回して、ほんとドタバタラブコメ。
気持ちを自覚して嫉妬心丸出しの頼久が可愛かったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/14 23:01

投稿元:ブクログ

評判が良かったので読んでみたのですが、評判違わず凄く良かったです。
これはあれこれ書くよりも(というかこの感覚を文章に出来ない)絶対的に実際に読まれた方がいい作品なので、とにもかくにも力一杯オススメです!!
披露宴のシーンは泣けた・・・。
切なくて優しい大人なBLです。
ドラマCDでは成田さんと平川さんなんですよねー。き、聴きたいッ><

2008/01/24 20:52

投稿元:ブクログ

じんわりとくる良さ。
CD購入済。キャスト・成田さん×平川さん。すごく好きな2人だから買って良かった。

2008/06/27 23:19

投稿元:ブクログ

恋愛をすっとばしていきなり新婚生活になってしまう
どこかチグハグで楽しいお話。
大学教授×リーマンの中年カップル。

おしとやかで貞淑な妻が、改心するとかかあ天下。
亭主関白に疑問を抱く夫が改心すると恐妻家になると
教えられた気がします(笑)

2012/02/11 20:31

投稿元:ブクログ

設定がとても斬新で面白かった。
全てトントン拍子にうまく行き、恋人を通り越して熟年夫婦に。
幸せなはずなのにアレ?というズレた感じがコミカルです。
笑って楽しめる一冊。

2010/01/05 04:47

投稿元:ブクログ

受がちょっとおかしい人だったんだけど後半ラブラブ新婚生活はじまって正直疲れた(゜∀`)萌えましたけどねっ

2013/07/17 11:03

投稿元:ブクログ

攻め:教授・甲田尚臣
受け:リーマン・最首頼久


頼久は両親亡き後10才年の離れた弟妹を育て上げることに心血を注いでいたが二人が相次いで独り立ちしたので時間を持て余していた。そこへたまたま社会人講座の講師だった甲田と出会い付き合うようになり、甲斐甲斐しく甲田の世話をすることに。
それまで享楽的な生活をしていた甲田だが頼久の「甲田の幸せが自分の喜び。浮気も何もかも容認」に違和感を感じ…。


生きがいの無くなった受けが次の生きがいとして甲田を選び実際そうするけれどそれは生きがいの対象であって愛(気持ち)ではなく…。
苦手絵師さんだったので鳩村先生は好きだけど読んでなかった作品。
終わりが良妻賢母(母ではないか…)風でそこがちょっと私の萌えとは相容れないけど、作品の出来としては良かったと思う。
最初甲田を安元氏で、頼久をたっつんで脳内変換しながら読んだけど
成田×平川でCD出てたのを思い出して後半はそっちで変換。こういう芯がある美人は平川さんに合ってるだろうなと思う。未聴なので聴かなきゃ。


挿し絵だけど私が苦手であるのを差し引いても、甲田が全然かっこよくなかった。やっぱり苦手な絵師さんだわ…orz

2011/01/08 17:19

投稿元:ブクログ

初商業誌でしたので、なんとなく思い出の作品。
大人な攻めと、双子を育てることに精いっぱいで、恋愛に慣れていない受け。
双子の片方の恋人に会い、自分はもう必要ないのかと悩んでしまうが……。
最後はとてもラブラブなのが印象的。

2011/10/11 10:20

投稿元:ブクログ

大学助教授×リーマン

「僕とおつきあいしていただけませんか?」
驚くほどあっさりとOKしてもらい、同居生活がはじまったが、相手はおどろくほど亭主関白でかいがいしく世話をしてくれて面喰う。

受けは高校生の時に両親を亡くしてから、幼い双子を育てるために生きてきて、手を離れたところで攻めに出会います。
大切に尽くして、浮気も許すんだけど、攻めはどこかズレたその受けの態度に戸惑ってしまって面白い。
最初は「なんだこれー?」と思ったけどめっちゃくちゃ面白かったです。
なかなかない設定ですよコレ。
妹の挙式シーンあたりからは、じんわり涙まで浮かんできていっきに読みました。
まあ女性としては、どうせ手に入らないいい男だったら、これぐらい振り回されてててくれたほうが楽しいです(笑)

2012/06/15 14:17

投稿元:ブクログ

これはコメディです。前半、何度もニヤリ、クスリとさせられます。恋なんて遊び上等の大学教授甲田X美貌のサラリーマン頼久。この頼久、外見が美しいだけでなく、何事も控えめ、家事も完璧。三歩下がって、三つ指ついて、夫をたてるまさに妻の鑑みたいな男。雰囲気ははんなりとした色気を放つ気丈な未亡人!軽い気持ちで頼久と付き合い始めた甲田だけど、この『昼は淑女夜は娼婦』で献身的に自分に尽くしてくれる頼久にあっという間にメロメロになります。こういうロクデナシ系の遊び人が相手を追い詰めようとがんばっているうちに、いつの間にか自分が追い詰められてしまうってパターンは痛快でいいですね。しかも、このメロメロぶりは半端なくて笑えます。甲田が盛り上がっていけばいくほど、奇妙な温度差が生じるふたりの関係。頼久にすっかり本気になってしまった甲田は焦ります。この微妙な気持ちのすれ違いの理由は、実はこの受:頼久は17才で両親を亡くし、以来自分の手で10才年下の双子の弟妹を懸命に育ててきたという過去を持つ苦労人で、最近になって生きがいだった弟たちが独り立ちしてしまった。その心のすきまを埋めるために。代わりに一生懸命になれる相手が欲しかっただけ。ようは初めから愛でも恋でもなかったのです。甲田との関係は自分に与えられた新しい任務のごとく、粛々と日々尽くしまくります。
後半、頼久を本気で愛してしまった甲田はこの事実が受け止められず、頼久の前から去ります。そして、失って初めて、甲田の存在が大きかったことを認識する頼久。そこらへんを家族との絆のエピソードを絡めて、かなりじんわりくる暖かいお話に仕上がっています。
書き下ろしの短編では、愛に溺れたバカップルぶりが堪能できます。甲田はもうすっかり尻にしかれてるね!
タイトルの『ドアをノックするのは誰?』は“ぼくの心のドア”のことなんですね。ドアをノックして、扉を開けて、外の世界に連れ出してくれるのは誰?というなんとも素敵なタイトルです。

2012/09/09 01:54

投稿元:ブクログ

読んだ筈なのに思い出せなくて、続巻が出たのを機に再読。奥付を見たら5年も前でした。思い出せないハズです。

しかし、読み進んでいくうちに思い出してきました。
大学助教授×サラリーマン。助教授甲田の嫌味なほどのプレイボーイっぶりが、頼久と付き合い始めてからもろくも崩れていくさまが面白かったです。そして頼久の、天然というかなんというか、あとがき曰く「未亡人」(笑)っぷりが凄まじい。
どうにかこうにか本当の意味でくっついたけど、この先大丈夫?と疑問に思っていたら、やはりその後もひと悶着あったのでした・・・ということで、続巻「ドアをロックするのは君」に期待。

2015/03/02 12:36

投稿元:ブクログ

受けの頼久の存在が都合よすぎて
不思議すぎて「何だろうこれ・・・」と
一気に読み終えました。
結局は攻めのことが好きになって
嫉妬深い普通(?)の恋人になるのですが
攻めじゃなくてはいけない理由が
あんまり感じられなかったのは残念。
攻めが受けに夢中になる理由はよくわかったのだけど・・・。
あと、頼久の作るご飯がおいしそうでお腹が空きました。
レンコン食べたい。