サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. Gunslinger girl 8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Gunslinger girl 8(電撃コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2007/03/27
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃コミックス
  • ISBN:978-4-8402-3826-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

Gunslinger girl 8 (電撃コミックス)

著者 相田 裕 (著)

Gunslinger girl 8 (電撃コミックス)

594(税込)

GUNSLINGER GIRL(8)

594 (税込)

GUNSLINGER GIRL(8)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Gunslinger girl 8」が含まれるセット商品

Gunslinger girl(電撃コミックス) 15巻セット(電撃コミックス)

Gunslinger girl(電撃コミックス) 15巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

アレッサンドロの過去

2017/04/25 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

アレッサンドロの過去編。
公安にスカウトされたエピソードが赤毛の女へと続く。
ロッサーナか生きていて良かった。
空っぽの女は子供を得て幸せになったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/31 18:16

投稿元:ブクログ

ペトラとサンドロの巻。
そらもう表紙から。
今までの義体と違って大人っぽいので、雰囲気もガラッと違います。
16ページあたりの、口に媒体を咥えて走るシーンが結構好きです。可愛くないっすか。
そして次巻はアンジェ・・・どうなるんでしょう・・・

2007/04/23 21:32

投稿元:ブクログ

一期生中心のあのノリとはまた違うけれどガンスリっぽくて、やっぱり好きです。個人的にペトラの髪型がものすごい好みでした。レディ・ロッソもかっこいい。ただ大好きなジャンさんの出番が……。
ガンスリだからーと考えると2人の最後が怖いです。というか次巻でアンジェがなんだか大変そうでものすごく心配です。

2007/08/30 09:52

投稿元:ブクログ

友達から拝借。待望の最新刊。義体でも恋はするんだよって話。リコが待ってく出てこなかったですが、それはそれで良し。ペトラのサンドロへの思いとか想いとかが女の子だな、と感じました。

2010/01/11 00:46

投稿元:ブクログ

ロッサーナの巻。ほぼペトラとサンドロのみです。これまでにはない義体と担当官の関係で、二期生と一期生の違いがはっきり。

2007/04/10 01:15

投稿元:ブクログ

サンドロとペトラのお話のみ。変わった変わったと嘆く評価をたくさん見るけど、(ジョゼさんの髪型以外は)個人的には全く気にならない。「こういう義体もいる」というお話なのであって、今までの義体と比べても仕方が無いだろうと思う。絵の変化はしょうがないとしても…。ロッサーナは今まで出てきた登場キャラで一番好きだった。こういう影のある女性にはよく惹かれる。前回のグエルフィ検事の話は良い話だなと思ったけど、今回はロッサーナに入れ込んだだけに、お別れしてしまったのが非常に残念。ピノッキオくらいしつこく出てきてくれれば良かったなぁ…という個人的感想でした。サンドロ、ロッサーナ共に過去と現在の描写の対比は奥が深い。

2007/04/26 00:08

投稿元:ブクログ

萌えました。笑
今まではトリエラ&ヒルシャー組が好きだったんですけど、ペトラ&サンドロ組もいいなぁ、と。
表紙の二人が可愛いー。
あいかわらず、イタリア好きにはたまらない漫画です。

2008/02/02 08:28

投稿元:ブクログ

ペトラとサンドロの恋愛メイン。
これもまた1期生とは違うとこです。
ペトラのバレリーナの時の癖が頻繁に出てくるのが今後の伏線になっているような気がします。

2009/05/06 20:32

投稿元:ブクログ

くそったれのアレッサンドロ!!(Pezzo di merda Alessandro!!) このわからず屋!!(Non capisci un cazzo!!)

どうして信じてくれないの!? 【苦しい】 こんなに 【吐きそう!】
愛してるのに…!!!
【吐いたら信用されない!!】 はあっ はっ

【…なんてまっすぐな女だろう】
【俺はいつの間に こんなにゆがんじまったんだ】

『「条件付けの」の暗示は強力だ もし担当官に刃向かおうとすれば卒倒するくらいに』


ゲホッ! ゲホッ!!

おい…無理すんな
認める 俺は寂しかったんだ

(第44話 レディ・ロッソ(5))

2008/07/11 01:20

投稿元:ブクログ

とりあえず8巻まで読みました。途中から中心キャラがちょっと変わったけど、基本出てくる色んな立場の人たちが自由に主役になってる感じなのでいっか。機械化される少女たちの境遇と、殺し屋への転身のギャップがまた悲しい。個人的にはトリエラが好き。

2013/01/14 12:07

投稿元:ブクログ

8巻までtsutayaレンタル。

暗くて重たい物語。
ヨーロッパの街のディテールがとても細かく描写されていて素晴らしい。

ペトラとサンドロのエピソードあたりから、キャラクターに面白味が出てきて読み進めるのが楽しくなってきた。

2010/06/18 22:13

投稿元:ブクログ

表紙を見ても分かるように、ペトラとサンドロが主役の巻。
この二人にサンドロの元師匠であるロッサーナを加えてストーリーが展開していく。
この巻でペトラがサンドロへの愛情を自覚。うーん、普通に女の子らしい。これが1期生と2期生の違いなのかなと。1期生は担当官を理由もなくただ愛するけれど、2期生はちゃんと理由があって愛している。こういうところにも義体の悲しさが現れていると思う。
そして、サンドロとロッサーナの過去。サンドロとロッサーナはやっぱり似ているなと感じた。どちらも孤独だし仕事に生きがいを感じている。ペトラがいなければ、サンドロも「機械」と呼ばれて孤高の存在だったのかもしれない。
それにしてもペトラがまっすぐでいい女だ。この二人の行く末を自分も見届けたい。ガンスリだからハッピーエンドにはならない気がして怖いけど。
                 

2010/08/03 20:19

投稿元:ブクログ

サンドロとペトラの話ばかり。
サンドロの過去編が大半を占める。
ロッサーナとのやりとりや人間観察等面白いエピソードが多い。

2012/07/24 11:02

投稿元:ブクログ

一巻通してサンドロとペトラの話。他のキャラがほとんど出てこないバランスの悪さは正直痛い部分もあるが、まとめて一気にやったことによる魅力がしっかり出ているため仕方ない。この話に入る前に他のキャラの話をもう少し挟んでからだったらなお良かったのかもしれないが。
初期から伏線を張っていた赤い髪嫌いにようやく触れる展開。サンドロの過去を回想しつつ現在のペトラ・サンドロの両方の心情・距離感を演出しつつ、最後で回想のキャラと触れて大きな変化を与える構成が非常に綺麗。この一巻に完璧な形でまとまっているので何度も読み返したくなる。
回想で登場する赤い髪の女の現状が普通なら「良い事」にもかかわらずサンドロにとってのみ複雑という描き方も非常に良い。
「部屋」を巧く結びつけたり、表現としても魅力の多い話なので是非おすすめしたい。

2016/03/12 23:41

投稿元:ブクログ

引き続きペトラ……というより、アレッサンドロの過去、師匠にあたる赤髪のロッサーナ。
ペトラはサンドロへの恋慕を証明するために、条件づけに対抗して嘔吐と戦う。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む