サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

回転木馬
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:20cm/369p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-63277-9
  • 国内送料無料

紙の本

回転木馬

著者 柴田 よしき (著)

謎の失踪を遂げた夫・貴之のあとを継ぎ、探偵となった下澤唯。十年の月日を経て偶然彼を目撃した唯は、佐渡出身の渋川さわ子という関係者がいたことを突き止めた。だが、さわ子はすで...

もっと見る

回転木馬

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

謎の失踪を遂げた夫・貴之のあとを継ぎ、探偵となった下澤唯。十年の月日を経て偶然彼を目撃した唯は、佐渡出身の渋川さわ子という関係者がいたことを突き止めた。だが、さわ子はすでに死去し、貴之はさわ子の娘・雪と一緒にいるらしいことだけ判明した。夫は唯を本当に裏切っているのか?細い糸をたぐり追跡を続ける唯は、さわ子の友人だった佐野明子のもとを訪れた。彼女はさわ子から、死の間際に雪と貴之のことを記した手紙を預かっていたのだ。明子も死の床についていたが、唯の事情を知った彼女から、手紙の内容を明かされる。どうやら貴之と雪は、人に知られてはならない事情を抱えているらしい。失踪前日に起きたホームレスの不審死と関係が?手紙を手がかりに、信州・蓼科へ向かった唯。だがそこには、貴之の目元を残す美少女—小松崎ゆいが待っていた…。著者渾身の感動のミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

失踪した夫を追い続ける女探偵・下澤唯の前に、忌まわしい過去の事件が浮かび上がる。渋川さわ子という関係者。夫の目元を残す美少女…。夫は唯を本当に裏切っているのか? 希望と哀しみが交錯する著者渾身の感動ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京生まれ。青山学院大学卒業。「RIKO」で横溝正史賞を受賞しデビュー。ミステリーを中心に、ホラー、伝奇小説など幅広く活躍。著書に「観覧車」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ページをめくる指がとまらない!

2012/07/22 15:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこでだったか柴田よしきさんの本はのめり込むほど面白い!と聞いて、久しぶりにのめり込む本に出合いたいと思っていた私は、さっそく一冊選んでみました。

「自分と貴之とは、並んだ木馬に乗っていた。そのまま何事もなければ、回転が停まるその時まで、木馬は二つ、並んだまま。そして二人も、並んだままでいられただろう。だが途中で、貴之は別の木馬に跨った。回転は続く。終わりの日が来るまで続く。そして、回転木馬の上で。それぞれの木馬の距離は決して変わることがない。」

ある日突然、いなくなってしまった夫の貴之。
その妻は、夫の探偵業を継ぎ、自ら探偵となってあらゆる場所を夫の居場所を探し続ける。
ある時、偶然にも夫を見かけた妻は、夫がすでに誰かと暮らし始めて家庭を持っていることを知り…。
京都、佐渡、信州と、日本のあちこちに舞台を移し、物語は進んでいきます。

内容を詳しくご紹介できないのは当然のことですが、妻が10年以上の月日を経ても夫を探し続け、
幾度も衝撃的な事実に遭遇しながらも、少しの希望を持って突き進む姿に、感動の嵐!
夫が失踪後に抱えてしまったどうする事も出来ない状況、
目の前の守るべきものへの責任。
強い愛情、固い絆で結ばれた友情、恩返しの気持ち、理不尽な犯罪への復讐、いろんな感情が絡まり合って、最後に迎える大団円!
もうこれは、ページをめくる指が止まりません。

夫失踪の謎がとけていくキーワードがいくつかあるのですが、私が一番注目したのは、琵琶湖の近くで食べたパン!
「昔、大好きだった女性と、そこで食事をした時のことがわすれられない」と話していた夫・貴之。おいしい記憶の力、共通の思い出、二人だけのゆるぎない絆に、ただただ素晴らしいの一言、でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/16 18:27

投稿元:ブクログ

2010/10/11 職業柄か行方不明や犯罪によく遭う上に若くして病死する人がよく出てくる。まあ、でも、なんとかバッドエンドではない。

2007/05/15 22:06

投稿元:ブクログ

謎の失踪を遂げた夫・貴之のあとを継ぎ、探偵となった下澤唯。偶然、佐渡に渋川さわ子という関係者がいたことを突き止めるがすでに彼女は死んでいた。切れそうになる夫への細い糸をたぐって、唯は執念の追跡を続ける。2年を経て、さわ子の友人で佐渡から信州・蓼科へ移ったというペンション経営の大谷憲作のもとへと向かった。
そこには貴之の目元を残した美少女−小松崎ゆいがまっていた…。

「観覧車」の続編。後半はもう涙をボロボロ流しながら読了。
10年以上も夫を信じて探し続けた唯を思うと胸がぎゅっと締め付けられました。
ただただ、唯の幸せを祈りながら読みました。

2007/03/25 20:02

投稿元:ブクログ

再読。
こないだドラマ化されていたのと、偶然「観覧車」を再読した直後だったのでこちらも読み直し。
綺麗にわすれていたけど、ハッピーエンドでよかったよ…。

・「観覧車」続編で、完結編にあたる。12年もの間、失踪した夫を捜し続ける唯。夫を捜すにあたって出会う女たちの物語も交え、見事な連作です。「良かったねえ!」と言いたくなる様なラストでした。
・観覧車の次が回転木馬…うまいタイトルだなと思いました。

2007/11/16 21:39

投稿元:ブクログ

10年以上前に失踪した夫を探し続ける下澤唯のお話。
「観覧車」の続編。
裏切られていることがわかっていても、もう1度夫に会って話したい、その気持ちがただ切なかった。
他にもたくさん傷ついている女性たちが出てきて、それもまた切なかった。
そしてラストがよかった、泣いた。

2007/06/20 01:07

投稿元:ブクログ

結末が見えてるな。。と思いながら読み進めていくと、ちょっと引き込まれそうになるがそれが遠のいたように終わった。ストーリーも平凡過ぎて柴田さんの良さが伝わってこなかったです。

2009/10/12 20:12

投稿元:ブクログ

「誰かの人生と別の人生とを比較して、どちらがより幸福、どちらがより不幸、などと考えるのは、無駄なことだ。人生は、結局、それぞれひとつずつしかなく、他人のものを自分が体験することはできない。より幸福だと言われてもそれを自身で証明することはできないのだし、より不幸だといわれても、だからどうしたらいいのか、それは誰にも答えられない。」

ミステリーだった!!
ぽややーーんとした物語かと思ったら、すごく切なくって苦しいミステリーだった。
雪国の寂しさとか、そういうのが手に取るようにわかる記述に、苦しくなったし、そういうところで一人で生きていくつらさとか、それはどこでも一緒だけど、そういう悲しさみたいなのがありありとわかったのだ。

最終的に、春の兆しが見えるのだけれど、それまでがとっても苦しくって、それでも一体どうなるのかと、目を離せない展開だった。
柴田よしきさん、、引き出しが多いんだなぁ・・・。

【10/12読了・初読・市立図書館】

2013/03/04 01:52

投稿元:ブクログ

「観覧車」の続編。
探偵として事件を解決する「観覧車」と異なり、失踪した夫を探す長編。
失踪してから12年の歳月が流れ、ただ
逢いたいという思いから夫を追い求める主人公。
登場人物の誰もが哀しい過去を持つ、やるせなさが残る話でした。
(図書館)

2007/04/05 21:30

投稿元:ブクログ

よかったねぇ主人公、ってエンディングが◎。ミステリ的にはあまり意外性があるとは言えないけど、終わりよければ…でも、もう続編はないという事でもあり、それはちと哀しいかな?

2007/09/27 14:34

投稿元:ブクログ

2007.9.22読了。こんな風な原因にしちゃったのかあ。最後のご都合主義もしかたないなあ、とか、無理して続編作っちゃったわね的な同情をしてしまいました。中年女の軌跡は上手く描かれているので、一つ一つの短編として読んだ方が良かった。

2011/03/10 17:40

投稿元:ブクログ

≪内容覚書≫
「観覧車」の続編。
下澤唯が、失踪した夫のために、調査事務所を続け、
自らが私立探偵となって12年。
調査を続けながら、さまざまな女性と出逢い、
共感し、悩み、戸惑い、傷つきながらも、
一歩ずつ貴之に近づいていく。
果たして、唯は貴之を見つけられるのか。
そして、見つけたあと、唯はどうするのか。

≪感想≫
失踪理由が、ベタ過ぎて、逆に思いつかなかった。
ある意味、新鮮、なの、かも…。
途中で、「はいか○さんが通る」をふと思い出した。

結局、貴之が偽りの人生を貫いたことで、誰が幸せになったのか。
残念なことに、誰も幸せに見えない。
それが大変切ない。

すべて「ゆい」のため。
誰もがそういう態度だが、娘の「ゆい」は、賢そうだったので、
父や母の苦悩を感じないとは思えない。
最後、「ゆい」に何を伝えたのか、どういう身の振り方を取ったのか、
わからずじまいなのも気持ち悪い。
「ゆい」のために、何もかもねじまげてきたのだから、
そこは書いて欲しかった気がする。

共感はできないものの、女の生き方として、
こういうのもありか、という視点で読むのは面白い。
私は、こうは生きたくないな、と考えさせてくれた点でも貴重な一冊。

あと、今回、私の好きな多美子さんが活躍してなくて、
とても残念。
多美子さん主人公で、作品書いてほしい。

2012/05/23 00:33

投稿元:ブクログ

星評価では、3.5~4の間です。

途中まで、おもしろくて一気に読みました。
評価が3にしてるのは、どうしても最後にえ?っていう感じが残ってしまったから、です。
さわやかないい結末なんですけど、それってどうなん?と思う自分が居て、少し下がってしまいました。

が、この作品も生のきらめきとか一瞬の輝きとか哀しさとか、うまく書かれていると思いました。

2016/08/28 14:39

投稿元:ブクログ

失踪した夫貴之の残した探偵事務所を引き継ぎ、夫の帰りを待ち続ける唯。
「観覧車」と言う前作のつづきとのことでしたが、単体でも楽しめると知り、今回手に取りました。
徐々に貴之に近づきつつ、その間に出会う人達が皆、それぞれに不幸な体験を持つと言う展開。
忙しくしていた時期で、時間は掛かりましたが、飽きずに読ませてもらいました。

こうなると、前作も是非、と言う気になります。近いうちに読んでみようと思いました。

2007/08/22 09:33

投稿元:ブクログ

「逢いたい。もう一度彼に逢いたい」失踪した夫を追い続ける女探偵・下澤唯の前に、忌まわしい過去の事件が浮かび上がる……。希望と哀しみが交錯する著者渾身の感動ミステリー。作家新井素子さんも推薦!主人公の唯。こんなに莫迦でこんなに哀しい女はいない。夫に失踪され、夫が自分を裏切っていることをうすうす予感しながら……十年以上、待つ。待って待って夫の消息の切れ端を掴んだ処で、彼女は言うのだ。帰ってきて欲しいでも、やり直したいでもなく……「逢いたいんです。もう一度」。こんなに莫迦で、こんなに哀しく……こんなに素敵でかっこいい女は、なかなかいるもんじゃない。――作家 新井素子

2007/08/11 22:18

投稿元:ブクログ

07年6月。
「観覧車」の続編だそうで、その観覧車を読んでないのに読んじゃった。
失踪した夫を追い続ける女探偵・下澤唯がようやく真相にたどり着くというお話し。夫が黙って自分の前からいなくなるはずがない、という強い気持ちが貫き通され読み応えがありました。