サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. リリアとトレイズ 6 私の王子様 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リリアとトレイズ 6 私の王子様 下(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/241p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3800-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リリアとトレイズ 6 私の王子様 下 (電撃文庫)

著者 時雨沢 恵一 (著)

春休み明けに控えている学院恒例ダンスパーティの相手が決まらないまま、母親のアリソンと列車での旅行に出かけたリリア。一方その頃トレイズは、婿入り話の相手の、観光案内役を引き...

もっと見る

リリアとトレイズ 6 私の王子様 下 (電撃文庫)

551(税込)

リリアとトレイズVI 私の王子様<下>

551(税込)

リリアとトレイズVI 私の王子様<下>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

春休み明けに控えている学院恒例ダンスパーティの相手が決まらないまま、母親のアリソンと列車での旅行に出かけたリリア。一方その頃トレイズは、婿入り話の相手の、観光案内役を引き受けるはめになっていた。しかもその相手の女性の護衛は、なんとトラヴァス少佐だった。リリアとトレイズ、アリソンとトラヴァス少佐をも巻き込んだ、春休みの大事件!その結末とは—!?時雨沢恵一&黒星紅白が贈る、大人気シリーズ注目のクライマックス・エピソード下巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

二本立て

2007/04/12 19:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は上巻から続くサスペンス的雰囲気だが、後半にはおバカ系なノリに変わる
名無しキャラが多くてイマイチ把握しにくかった部分もあるし、メインの二人を含むキャラクターのほとんどが淡々としていて騒ぎ立てる人物も怪しい動きをする人物もなく、サスペンスな展開には引き込まれなかった
トラヴァス少佐とリリア&トレイズの二本立てで、ストーリーそのものがまるで別物という感じ
ただ最後についている短編は面白かった
短編を書かせればたいしたものなのだが、長編ではリズムが合わない様子です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/31 13:53

投稿元:ブクログ

リリアとトレイズ完結。

陰謀渦巻く列車事件。
犯人の目的は?

多少冗長な部分もありましたが、面白かったです。


コミックシルフに掲載されたという『王子観察日記』も収録。

2008/05/12 13:13

投稿元:ブクログ

全6巻。
リリアとトレイズが可愛かったー。
ほんわか感が好き!でもどたばたな感じ。w
できれば続編読みたいねぇ〜。(出るとしたら、学園ものになるかな?)

2007/11/22 13:51

投稿元:ブクログ

トレイズとリリアのその後はっ?! アリソンとヴィルの話合いって?! 等々、みんなのその後が気になる終わり方。。。

2007/04/11 20:30

投稿元:ブクログ

なぜか今日までちっとも登録できなかった一冊。  6日に読了。   この本読んで気づいたことがある。俺ラノベ嫌いなんだなぁw でも、時雨沢氏と上遠野氏はすごく好き。  今回は時雨沢氏の秀逸な殺人描写に大満足。そう、哀愁を残しつつ哀悼を一切持たない戦場を実は最近の作家の中では一番うまく表現する。と思う。  しかし、ネタはかなり読める。  そこだけおしい!今回は誰が犯人かよりも誰が狙われてるか。そっちのほうが楽かったなぁ。。     思い出したので補足。いたちは英語でウィーゼル。

2007/05/07 01:42

投稿元:ブクログ

絵が可愛かったのと、設定が好きだったのと、ライトノベルが読みたい気分だったから購入。一人称小説ならでは、というか読みやすく、でも前作「アリソン」を読んでないのでいまいち入り込めないトコもあり。でも読んでなくてもそれなりに楽しめますし、良かったです^^

2007/05/31 20:54

投稿元:ブクログ

確かにリリアとトレイズとしては終わったかもしれないけど。
トレイズの問題は解決したかも知んないけど。
やっぱりリリアとヴィルの関係をきちんと閉じて欲しい!
続刊を希望します。

2007/11/20 22:53

投稿元:ブクログ

借本。
シリーズラストですが、納得出来る終わり方でした。
続編で、孫となったら、著者が嫌いになりそう。

2008/01/18 17:06

投稿元:ブクログ

ありがちだけど、個人的にとっても好きな終わり方でした。是非続編も書いて欲しいです。・・・「学園リリアとトレイズ」とか出ませんかね!(笑

2008/03/17 19:57

投稿元:ブクログ

これはとっても面白かったです!グロさとおもしろさが絶妙です〜〜☆
アックスの話も良かったですね^^

2007/04/21 17:59

投稿元:ブクログ

2人の関係がどうなったのか、最終巻らしいからもうちょっと何か欲しかった。絵は2人が並ぶのが多くて嬉しい。

2007/04/28 13:32

投稿元:ブクログ

ヘタレ王子と長い髪がかっこいいお姫様の旅物語。
アリソンの続編というのか・・・。
とてもほんわかしてて、でもかっこよくて、とても楽しいお話しです。
この巻が最後・・・。

2009/04/21 23:52

投稿元:ブクログ

NHKでアニメになった「アリソンとリリア」の最終回を含んでいるはずの巻です

えーっと、アニメでも犯人の罪はこういう感じなんでしょうか・・・
バレかたも「へ?」という感じで・・・

ちなみに、マティルダ女王の護衛が終わったら、トラヴァス少佐は長期休暇に入り、アリソンと・・・
とりあえず、あのチームは解散のようです
アリソンの地位は大尉でした。

ラストはなんとなく「めでたし!」を感じさせるものですが確定ではないので、また違う話や続編が出てきてもおかしくない状態です

2007/05/23 23:22

投稿元:ブクログ

シリーズ最終巻。前作から大好き。ほんと面白いですよ「アリソン」。

ラスト、こうきたか!という感じ。よかった。トレイズはヘタレだけどそれ以上に運がないよね。巻末「王子観察記」、時雨沢先生のしんみり話は泣ける……「遺書」然り。どうでもいいですが黒星さんで私で王子様とくるとサモのノベルを思い出す

2007/10/04 00:22

投稿元:ブクログ

まぁ、読者様には分かる展開でしたね。
面白いんですよ!作者様の文才もありますし。
しっかし、期待はずれでした。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む