サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. とある魔術の禁書目録 13

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とある魔術の禁書目録 13(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/389p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3801-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とある魔術の禁書目録 13 (電撃文庫)

著者 鎌池 和馬 (著)

学園都市に、ローマ正教『神の右席』の一人、『前方のヴェント』が侵入した。彼女が操る謎の魔術により都市機能は完全麻痺、大部分の人間は意識を奪われ倒れていった。彼女の狙いは、...

もっと見る

とある魔術の禁書目録 13 (電撃文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

学園都市に、ローマ正教『神の右席』の一人、『前方のヴェント』が侵入した。彼女が操る謎の魔術により都市機能は完全麻痺、大部分の人間は意識を奪われ倒れていった。彼女の狙いは、上条当麻。ローマ正教が公式に認めた敵。同時刻。最強の超能力者・一方通行が、彼を支える少女『打ち止め』を護るため、科学者・木原数多率いる武装集団『猟犬部隊』と激突した。魔術と科学、二つの惨事が同時に学園都市を襲う。上条当麻、インデックス、一方通行、打ち止め。四者四様の想いが交差するとき、物語は始まる—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

曖昧となった境界

2007/04/10 10:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学と魔術の垣根が曖昧になり、善悪も敵味方も分からず、それでも戦う少年たち
いつもより洒落にならない度が200%増量中という感じでしょうか
「ラストオーダー」を守るため、どこまでも手を汚すことを決めてしまった「アクセラレータ」と、敵でさえ保護対象としてしまう当麻
よく似ているようでまるで対照的な二人によって、科学側と魔術側の戦いがかき乱されて行きます
しかし、それすら飲み込んで大きな流れとしてさらに深まる対立
誰かを守りたい、傷ついた人を救いたいという気持ちだけで、あまりにも多くのものを敵に回した当麻はどうなってしまうのか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/06 14:51

投稿元:ブクログ

前巻のもやもやをぶっ飛ばす闇のパート。というか物語の一つの転換点なんだろうなぁ。闇から光へとあっさり転向するのでなく、更なる闇へと落ちていく所が今後のハードな展開を予想させますな

2011/01/16 00:20

投稿元:ブクログ

11.01.15読了。前方のブェント、木原登場。熱い!アクセラレータがマジ熱い!ブェントかわいいなーブェント。

2013/03/14 16:04

投稿元:ブクログ

二つのバトルが交差しながら進行する。シリーズの起承転結で転の段階かな。アニメもここで区切りになっていたような・・シリアスよりコメディを好む身としては、やや読み疲れ。まぁ、ここまで来れば途中で投げ出す訳にいかないし、設定よりキャラで楽しんでいる。さてさて、当麻と〇〇の恋の行方は?なんて、〇〇が誰なのか全く不明(爆)

2008/10/30 19:36

投稿元:ブクログ

二人の少年が互いに正反対の道を歩んでいく。

悪人が善事を行って何が悪いのだ。
筋なんてものは糞くらえ。

2010/02/01 04:26

投稿元:ブクログ

今回魔術サイドの主人公の上条当麻と科学サイドの主人公の一方通行の二人で事件を解決していく流れ。学園都市が何をしたいのかの片鱗が少しでてきた。

2011/03/13 18:08

投稿元:ブクログ

アニメから入ったクチなのですが、現在放送している部分の詳細を知りたかったのでとりあえず今巻を購入。
アニメでは省略されていた部分(心理描写など)が結構あって、随分と印象が変わりました。
割とグロいシーンが多くて驚きましたが‥‥面白かった。
一方通行がかっこいい。ラストのあのシーンは鳥肌ものでした。
これからの展開が気になります。

2009/12/18 16:42

投稿元:ブクログ

2009 12/18読了。いっきに読んだ。
レールガンから入って1巻から読み始めてついに13巻まで到着。
一方通行のダークヒーローっぷりが冴えていて良かった。

2010/09/29 13:35

投稿元:ブクログ

天使後編。今までのストーリーに出てきたキャラやフラグを回収しつつ、主人公と一方通行がおりなす対極のヒーローの話。
内容自体も面白かったが、構成にあっぱれ。
そして物語もこれから壮大な
ものになりそうな期待感を持たせてくれて、個人的に1番面白かった。

御琴がカッコよくて可愛いのは言わずもがな。

2016/10/15 16:04

投稿元:ブクログ

前巻からの続きで、科学側ではラストオーダーが木原に追われて一方通行が戦い、
魔術側では上条たちを殺すためにきた前方のヴェントが暴れ、
科学と魔術がごっちゃになりながら学園都市がめちゃくちゃになる話。

今回も上条と一方通行がニアミスするけど欲を言えばもう少し絡んでほしかった。
上条やインデックスも頑張ってたけど、今回の主役は一方通行かな。
光を守るために悪の道へ突き進んでいく姿は痛々しかったな。

これからさらに闇にもぐることになるのだけど、
いつかラストオーダーと一緒に光の下に安心していけるようになるのだろうかね。

そして、カエル顔の医者もかっこいいな。
彼の外伝も読んでみたいものだ

2011/02/25 21:09

投稿元:ブクログ

本格的に科学と魔術がぶつかった巻。
神の右席の実力とは!?
虚数学区五行機関の狙いとは!?
上条と一方通行の2人の視点から見る物語!

2013/07/31 19:01

投稿元:ブクログ

13巻
 前巻からの続き
 打ち止めを巡る取り合いと、天使発現

 一方通行がなにやらやばい方向に向かうみたい
 ローマとの全面戦争へ

 神の右席さんたちが登場
  さてこれからどちらへ行くのか?
   周りはパワーアップしていくが、主人公はそのままな感じ。
    チートすぎる能力だからか。

2011/01/01 20:44

投稿元:ブクログ

ラブコメ要素ちょっぴり、熱血要素たっぷりでだんだんことが大きくなってきましたね。
特に今回は作者も書いているとおりバトル要素満載です。
これまでの話より、血なまぐさい感じですが、この流れではしょうがないんでしょうね。
これで、主人公が基本的には普通の高校生だってのが本当に泣けます。
裏主人公の一方通行もがんばってるなぁ。
最後に何処に行くのか判らないけれど、熱血要素だけは満載で進んでいって欲しいなぁ。
あ、ところで、主人公って幻想殺しでいいんですよね?(^^;

2011/06/13 19:42

投稿元:ブクログ

ヒューズ風斬が来たーー。
科学サイド側の天使降臨。

アクセラレータの魔術サイドの能力、法の書が発動。
とうとう、交差し始めた科学と魔術。

そして、一人はダークサイドに堕ちていく。(ダースベイダーかよ!と一人ツッコミ)

2014/07/16 23:20

投稿元:ブクログ

前巻に続いて、上条とヴェント、アクセラレータと木原の戦いを描きます。科学サイドが風斬とラストオーダーを利用して、堕天使を作り出そうとし、上条、アクセラレータのほか、インデックスや美琴もそれを阻止するために活躍します。

今回はほぼ全体を通じてガチのバトルに終始しています。とくにアクセラレータと木原の戦いは、ミシミシィ! ゴキゴキィ! といった感じの恐ろしいケンカ。盛り上がってきたと捉えるか、急激なシリアス展開に置いてけぼりにされたという気分になるかで、評価は大きく変わるかもしれないと感じました。

ま、それはかまわないのですが、敵キャラクターの背景をきっちり描くこのシリーズの中で、今回の敵であるヴェントの背景にあるのがかなり平板な科学嫌悪になっていて、これまで登場したキャラクターたちに比べるとちょっともの足りなく感じます。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む