サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

刀語 第4話 薄刀・針(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283623-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

刀語 第4話 薄刀・針 (講談社BOX)

著者 西尾 維新 (著)

“日本最強”の堕剣士・錆白兵から叩きつけられた挑戦状。無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、薄刀『針』を所有する錆から、その刀と、日本最強の称号を奪い取ることはできるのか...

もっと見る

刀語 第4話 薄刀・針 (講談社BOX)

1,188(税込)

刀語 第四話 薄刀・針

1,188 (税込)

刀語 第四話 薄刀・針

ポイント :11pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

刀語 (講談社BOX) 全12巻完結セット

  • 税込価格:14,126130pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“日本最強”の堕剣士・錆白兵から叩きつけられた挑戦状。無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、薄刀『針』を所有する錆から、その刀と、日本最強の称号を奪い取ることはできるのか—?伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本—残るは九本。刀語、第四話の対戦相手は、日本最強の称号をほしいままにする錆白兵。衝撃の12カ月連続刊行企画“大河ノベル”第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた刀は12本。残るは9本。無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、薄刀「針」を所有する錆から、その刀と日本最強の称号を奪い取れるのか。対戦相手は、日本最強の堕剣士・錆白兵!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。「クビキリサイクル」で第23回メフィスト賞を受賞。著書に「零崎軋識の人間ノック」「化物語」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

姉、鑢七実の圧倒的なお話

2015/03/21 06:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

いったい誰のお話だったのかといえば、真庭忍軍を完全なかませ犬とした七花の姉、鑢七実の圧倒的なお話です。錆白兵はスルーでお願いします。努力も知らず、夢も知らず、ただ見ているだけで最強たりえる七美が本当の刀を知ってしまった。3ヵ月後、姉は何を持って弟と刀を交えるのか。楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「まにわに」に続いて、今回は「や、やんやんやん」で笑っていただきます。本筋は手抜き気味でも、ディテールで大技決めりゃ、いいってか?

2007/06/29 17:28

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ええ、そんなぁ!!っていう展開を見せる巻で、口あんぐり状態。で、それを説明しちゃうと、この巻のキモみたいなところに触れざるを得なくて、それが結局、読者の興をそぐことになりそうなので、今回は殆どストーリーに触れずに行こうかと思うんですが、どうでしょうか。
で、とりあえず話は山口県東部周防の外れの村から始まりますが、目指すのは巌流島です。で、二人を迎え撃つのが日本最強の剣士・錆白兵。巻末の登場人物紹介によれば年齢二十歳、職業 堕剣士、所属 無所属、身分 浪人、所有刀 薄刀『針』、身長五尺三寸、体重十一貫五斤、趣味 剣法、必殺技が六つ。
とがめに言わせると
「見た目こそ、女と見まごうような総髪の美少年だがな。空に浮かぶ太陽ですら真っ二つにすることができるという触れ込みだ。・・・・・・生まれる時代を間違えた男だよ。もしも先の大乱に参加していれば・・・・・・いや。戦国の世に生まれていたとしても、なお頂点に立てていたであろう、生粋の剣士だ」
そうです。
話の筋に触れないということで、今回一番笑えた序章のやりとりを書いていきましょう。
「・・・・・・っていうか、鎖骨、鎖骨やばい。鎖骨弱い」
「?」
「だ、だから鎖骨から手を離せ。くてっとなる。くてっとなっちゃう。やめてやめてやめて。お願いだから」
「・・・・・・?そんなに強く握ってないぞ。むしろ優しく撫でているくらいの気持ちだ」
「それがむしろまずい・・・・・・・や、やんやんやん」
「やんやん?なんだそりゃ、大陸に生息する珍しい白黒動物の名前か?大丈夫かよ、なんだか怖いぞ」
「い、いいからおとなしく髪を持ってろというのだ。ほ、本当にやばい。ごめんごめんごめんごめん、謝るから」
どういう状況であるかは読んでもらうとして、背中触られるだけで降参してしまう私には、納得のあまり抱腹絶倒、思わず娘たちの鎖骨に手が伸びたほど。正直、このシリーズって、「まにわに」もですけど、本筋よりこういうエピソードだけが面白い。
ま、そういえば維新の小説って言うのは皆そうかもしれませんけど。最後に、目次を含めたデータを羅列。
序章
一章 真庭虫組
二章 拷問時間
三章 見稽古
四章 病魔一億
終章
以下は目次には書いてないけど
登場人物紹介
アトガタリ
画:竹
筆:平田弘史
本及ビ箱装幀:ヴェイア
版面校正:紺野慎一(凸版印刷)
本文使用書体:FOT-筑紫明朝 Pro L
超人的な剣士、錆白兵は年齢二十歳、職業 堕剣士、所属 無所属、身分 浪人、所有刀 薄刀『針』、身長五尺三寸、体重十一貫五斤、趣味 剣法、必殺技が六つ。
次回予告として、対戦相手 校倉必、蒐集対象 賊刀・鎧、決戦舞台 薩摩・濁音港、となってました。次はどんな笑いがあることやら・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/19 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/28 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/02 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/04 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/12 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/02 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/16 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/08 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/12 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/27 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/09 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る