サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ジェネラル・ルージュの凱旋

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジェネラル・ルージュの凱旋
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 392件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7966-5754-9
  • 国内送料無料

紙の本

ジェネラル・ルージュの凱旋 (田口・白鳥シリーズ)

著者 海堂 尊 (著)

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長...

もっと見る

ジェネラル・ルージュの凱旋 (田口・白鳥シリーズ)

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。【「BOOK」データベースの商品解説】

不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元に届いた怪文書は、救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという匿名の内部告発文書だった。田口は事実の調査に乗り出すが…。田口・白鳥コンビシリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海堂 尊

略歴
〈海堂尊〉1961年千葉県生まれ。「チーム・バチスタの栄光」で第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し作家デビュー。勤務医。他の著書に「螺鈿迷宮」「ナイチンゲールの沈黙」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー392件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

待ってました

2007/04/10 05:18

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヌーブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

早くも第3弾の登場ですね。田口先生と役人白鳥の爆笑コンビがまたまた帰ってきたあ、というか二人とも相変わらずのマイペースぶりを見せてくれてます。
ストーリーは、2作目の裏で起こっていた話という設定になっていて、今回の話は緊急医療現場でのドタバタになっています。ユーモアと疾走感たっぷりのストーリー展開が好対照に際立っていて、最後まで楽しめますよ。ラストは、ほのぼのとしていて、これがまたいいんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつも思うことだけど題名が凝っているのよね

2007/05/29 00:57

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東城大学医学部付属病院救命救急センターはジェルラル・ルージュの異名をもつ部長速水の絶対君主制のもとに鉄の結束を誇っている。そしてジェネラルの長年の悲願はドクターヘリの導入である。ある日その速水が特定の業者と癒着しているという匿名の投書が届けられる。「あの速水に限って・・・」同級生でもある不定愁訴外来通称愚痴外来の田口講師は今回も高階病院長にうまく丸め込まれてリスクマネジメント委員長という立場から真相を探っていく。
 おかえりなさい田口先生。前作では出番のなかった東城大学病院の個性的な面々が縦横無尽に活躍する。もちろんロジックモンスターの白鳥と彼の秘蔵っ子姫宮も登場して田口先生との絶妙なコンビも復活している。語り口は軽妙だが医療現場における人命救助という建前と採算性という本音をあぶり出している。今回のこの作品はミステリ色はあまり強くない。むしろ病院を舞台にした現場の現実と机上の論議との対立ととらえた方がいいかもしれない。病院という組織の問題点がよく描かれていると思う。また第2作目の「ナイチンゲールの沈黙」と同時進行という設定でもあり場面によってはリンクするのもまた一興である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

医療小説を堪能できる

2008/09/10 15:58

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

田口&白鳥シリーズ第3冊目。
通称オレンジと言われる救急救命センターに君臨する
将軍(ジェネラル)こと速水部長。
腕は抜群によく、少々無理難題も片付けてしまう。
15年前、近くのデパート火災で負傷した患者を
手際よく治療し、捌いた実績と手腕などから
「ジェネラル・ルージュの伝説」をもっています。

その彼が特定業者と癒着しているという内部告発文書が
愚痴外来担当でありリスクマネジメント委員会委員長の
田口の元に届きます。ちなみに田口と速水は同期。

エシックス・コミティ=倫理問題審査委員会という
官僚的な組織の沼田委員長が、今回はねちっこい論説者。
白鳥もあまり出番がないくらい、しゃべりまくります。
しかもすっごくイヤな奴。

海堂尊も、白鳥ばかりが長広舌を垂れるのに
読者がやや飽きているのを察しているのかも。
この辺はうまいですね。

病院も経費削減と経営の健全化を目指している
官僚下がりの三船事務長と速水もまた
ドクターヘリ導入をめぐって対立しています。

速水への糾弾とともに起こるのが、突発多重事故。
小説の作りとしては王道ですが、やはり読ませます。
現場の緊迫感と人材配置の的確さ(医療的にも小説的にも)に
楽しませてもらいました。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/08 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/25 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/30 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/06 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/23 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/19 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/12 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/08 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る