サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

メタボラ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 91件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/594p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-250279-7
  • 国内送料無料

紙の本

メタボラ

著者 桐野 夏生 (著)

破壊されつくした僕たちは、“自分殺し”の旅に出る。なぜ“僕”の記憶は失われたのか?世界から搾取され、漂流するしかない若者は、日々の記憶を塗りかえる。孤独な魂の冒険を描く、...

もっと見る

メタボラ

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

破壊されつくした僕たちは、“自分殺し”の旅に出る。なぜ“僕”の記憶は失われたのか?世界から搾取され、漂流するしかない若者は、日々の記憶を塗りかえる。孤独な魂の冒険を描く、まったく新しいロードフィクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

なぜ「僕」の記憶は失われたのか? 世界から搾取され、漂流するしかない若者は、日々の記憶を塗りかえる。破壊されつくした僕たちは「自分殺し」の旅に出る。孤独な魂の冒険を描く、まったく新しいロードフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

桐野 夏生

略歴
〈桐野夏生〉1951年生まれ。93年「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。「OUT」で日本推理作家協会賞、「柔らかな頰」で直木賞、「魂萌え!」で婦人公論文芸賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー91件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

感動、っていうことからは★五つっていうのには合わないと思います。心地よい話でもありません。リアルか、っていうとそれとも違う。でも、読んでしまう。吉田修一『悪人』とどこか似たような読後感

2007/07/11 20:23

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボリュームも含めて桐野らしからぬ本ではないでしょうか。特にブックデザイン、この大胆さは、どちらかと言うと坂東真砂子風です。ま、それが何だ?って聞かれても、答えようはないんですが、そんな装幀は大久保伸子、カバー写真は、TAKAHIRO MIYAMOTO/SEBUN PHOTO/amanaimages 、初出「朝日新聞」2005.11.28~2006.12.21です。

帯の言葉は

「破壊されつくした
僕たちは、〈自分殺し〉
の旅に出る。

なぜ「僕」の記憶は失われたのか?
世界から搾取され、漂流するしかない
若者は、日々の記憶を塗りかえる。
孤独な魂の冒険を描く、
まったく新しいロードフィクション!」

で、目次を書けば

第一章 他人の夢の中で
第二章 ピサラ
第三章 剥がれ落ちる僕の細胞
第四章 安楽ハウス
第五章 ヨルサクハナ
第六章 ガープ川
第七章 スイートホームミヤコ
第八章 デストロイ
第九章 イエローランプ
第十章 ズミズミ、上等

となっています。主人公は、〈僕〉こと磯村ギンジ、25歳ということにしています。姉は磯村ミカですが、本当の姉弟ではありません。そう、主人公は記憶を失っています。言葉はわかりますが、自分が誰であるかは分らない。名前も年齢も。少なくとも格好いい男ではないことだけは確からしい。

で、沖縄の森の中を彷徨っている〈僕〉を見つけたのが、教育施設から逃げ出してきた宮古島出身の青年・伊良部昭光で、彼は自分をジェイクと呼ぶように〈僕〉に言います。ジェイクは、その名のイメージの通りイケメンで、女に持てそうな要素をもった高校中退の若者です。その、ジェイクが〈僕〉につけた名前がギンジ。飼い犬の名前からとった、といいますが・・・

そう、お分かりのようにこの時点では〈僕〉は、ただの〈ギンジ〉でしかありません。磯村、という姓はこのあと、ジェイクの美貌に目をつけたコンビニのパート店員・磯村ミカの部屋にジェイクと〈ギンジ〉が転がり込む方便だったのです。磯村ギンジは、あくまで仮のものですが、ジェイクのほうはどうか、といえばこれまた嘘だらけ。

名前と出身、17歳というところまでは本当ですが、家庭はかなりしっかりしています。父親は、宮古の市会議員で、指折りの資産家です。〈ギンジ〉は犬の名前ではなくて、下地銀次という、昭光の幼なじみに由来します。この銀次というのが、ある意味、ジゴロというか伊良部家にとって疫病神で、昭光の憧れの彼女・愛も、最後には昭光の姉をもたらし込んで、逃げてしまう。

そう、〈僕〉が表の主人公ならば、昭光は裏の主人公です。〈僕〉は自分が誰であるかを求め、昭光は家族から離れ一人で生きていくことを選びますが、過去は彼らの前に立ちふさがり、真っ直ぐに生きていくことを許しません。二人が選ぶ生き方は、あまりにも愚かしい、それでいて、選択の余地のないものとして描かれていきます。小説における「リアル」の意味を見せつける作品で、ある意味『OUT』を彷彿させます。

  

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本の巻末には「解題」をつけるべきではなかったか?

2007/08/03 21:36

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かこの作家では『OUT』を読んだ。書ける作家だなとは思ったが特段好きにもなれなくてそれっきりになっていたのだが、表紙と帯に惹きつけられて久しぶりに手に取ってみた。
 本を開くといきなり何かから逃げてきた男・<僕>。夜で、ジャングルだ。何から逃げているのかも分からないが、ともかく逃げなければという強迫観念に駆られて傷だらけになりながらひたすら逃げる──そういう緊迫したシーンが描かれている。悪くない書き出しだ。すべてが謎に包まれていて、期待が持てる。
 そして、漸く道路に出たところで「独立塾」から逃げてきたという若い男・昭光と出会う。その男と会話してみて、初めて自分が記憶喪失であることに気づく。ここは沖縄らしい。でも、自分が何をしていたのかはおろか、自分の名前も年齢も思い出せない。昭光と歩きながら記憶がないことを告げると、昭光は<僕>にギンジという名前を与えてくれて、自分も今後はジェイクと名乗ることにすると言う──よくデザインされた設定である。謎はあまり解き明かさないまま登場人物に次々と新たな試練を与える。面白い。
 そこから暫くずっと面白い。しかし、ギンジが記憶を取り戻し始めてからがあまり面白くないのだ。緊迫感が薄れてくる。そして、そんなことを思いながら読んでいると、分厚い本の残りページ数が随分少なくなっているのに気づき、おいおい、この話はどうやって終わるんだ?と気になってくるのである。と、突然小説は終わってしまう。まるで紙がなくなったからもう書けないと言ってるみたいに。もちろん狙ってこういう書き方をしたのだろうけれど、読んでいるとまるで「今日で新聞の連載を終わってしまう必要があるので無理やり終えました」と言ってるように思えるのである。そりゃないでしょ、という気がする。ストーリーはこのままでも良いから、少なくともあと2枚分の原稿を書き足せば、もう少し僕ら読者が納得できる読み物になったのではないだろうか?
 読み終わって宙ぶらりんで少し不安な感じが残る。それは作者が狙った通りであるのかもしれないが、そうであったとしても僕は少し納得できない感じがある。
 この本の巻末には「解題」をつけるべきではなかったか? タイトルの「メタボラ」はどういう意味なのか?(帯には簡単に説明してあるが、どういうところにどんな意味を込めてこのタイトルにしたのか?) この一見尻切れトンボのように思える終わり方はどのように読んでどう解釈すれば良いのか? 作者が狙ったのではないかと推理できることはどんなことなのか?──誰かの手でそういう親切で、ある意味お節介な「解題」をしてくれないと、僕の思考は止まったままである。つまり、もうひとつヒントをもらわないと、そこから先に広がらない小説なのである。
 如何せん僕には少し難しすぎたようだ。

by yama-a 賢い言葉のWeb

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドキュメンタリー番組で「ネットカフェ難民」という人たちを知り、正直驚いた。住む家がなく24時間営業のインターネットカフェに寝泊りし、日雇い派遣労働などで食いつないでいる若者が急増しているのだそうだ。

2007/07/04 18:37

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

そしてこの『メタボラ』である。「ネットカフェ難民」ではないが同様に漂流するものであり、それは衝撃的だった。ホームレス、ニート、フリーター、ワーキング・プアそれぞれに定義はあるようだが、桐野夏生が過度にデフォルメした人物像などではない。どうやら実体を持って社会の一定層を形成しているとリアルに感じられるからである。衝撃的だったのは私が世間知らずなのだろうか、特に生活に困らない常識人の傲慢なのだろうか。格差社会、下流社会などと評論家気取りで是非論、起源論をやるよりもこれを読んでまずゾッとすることが大切かもしれない。
斉藤佑樹投手が早大入学で記者の質問に応えて大学では「自分探し」をしたいとカッコよく語ったシーンが記憶にある。それは感心したからではなくあの晴れやかな笑顔からはかなり異質な感じを受けたからなのだが。またNHKの最近の討論番組であったと思う。会社に就職しようとする若者が「自分を高めるために就職する」と発言していた。私の就職観とまるで次元の違うその発言に一瞬耳を疑った。「自分探し」って流行なのかもしれない。
記憶喪失の若者・ギンジが「自分探し」の旅に出る。そして沖縄で知り合った若者・ジェイクたちと交わり、その経験を上書きしながらまったく新しい自分を作り上げていく。だが記憶が少しずつ戻って「破壊されつくした僕は<自分殺しの>旅に出」たことに気がつく。実の子を餓死させる親がいる現実の悲惨は残念ながらよくおこる事件になってしまったが、昔ならタコ部屋と呼んだに違いない過酷な労働、こんなことが本当にあるのだろうかとこれには寒気がした。労働意欲があるにもかかわらず扉を閉ざす社会の仕組みに若者が壊されていく。
これは昔なら金持ちのドラ息子と呼ばれたであろう若者がギンジと対極にあるジェイクだ。女にもてながら遊びほうけていたいという未成年者。ただし親から縁切りされたためにまるで金がないのはギンジと同様で食うためには、なれない労働もやむをえないのだが身につかない。沖縄。明るい太陽と青い海を背景に彼の宮古弁はチャラチャラと威勢がいい。自分をかえりみるなんてことは知らない。こういう若者がなんとなく生きていけることで逆に社会の仕組みが壊れていくのかもしれない。
彼らの周囲にいる若者は嘘をつかない悪くない他人を陥れようとはしない。ただし、それは目的を持たないからだという。搾取されたってなにも考えずに飯を食えればいいと文句をいわない人たちだ。ギンジとジェイクは両極だが中間に置かれるこの多数の若者たちこそ、むしろオジサンである私にしてみれば得体の知れない群れであって避けて通りたい存在である。
ドメスティックバイオレンス、ネット集団自殺、ホストクラブ、デリヘル、同性愛などなどとセンセーショナルな世相が盛りだくさん。そして沖縄であるから基地問題、内地人(ナイチャー)と沖縄人(ウチナー)間の感情の揺らぎ、地方と中央の対立、知事選挙と政治向きエピソードにも事欠かない。
そして著者はこれだけの社会性ある重大テーマをてんこ盛りでみせて、後は知らんよとおっぽり出した印象で終わる。
宮古島の方言には意味不明なものが多くあった。そして私はここで使われているカタカナ語にはついていけなかった。きっとこの作品にどうのこうのと、ものを言うには私はあまりにも遠いところにいるんだ。と高みの見物を決め込む無責任なオジサンには論評する資格はないんだと確信した。
だいたい表題の「メタボラ」とはなんだったのか最後までわからなかった。ただなじみのあるメタボリック症候群とは無関係のようである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実の社会現象を描いているが・・・

2007/11/19 19:47

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 集団自殺、人間破壊、家族崩壊。今日社会に現われている現象をひとりの人間の過去を追うことによって、その背景を描こうとする。派遣という偽装請負の労働の現場の描写や現実の描写はリアルであり、よく調べた形跡がみられる。

 大きなショックによって記憶をなくした突然の場面からの出だしに引き込まれたものの、そのあとの展開にはがっかり。愛情のないセックスやモラルの欠如したゴタゴタ。
 ところが、働くことに対する描写には読ませるところもある。派遣労働の実態を描いたところまでくるとまたまた引き込まれた。
 長編だけに、いくつかの中だるみを感じ、読み通すのに苦労したが、現実の社会を描こうとする部分には感心した。
 人間の破壊の原因が労働の実態にあることを示し、奴隷としてしか見られていない労働者への資本家の姿勢も示している。

 しかし、それに対する怒りを感じるものの、それにどう対応しなければならないのか、そういう視点が弱いように感じた。たしかに逃避という姿勢が多くの現実だが、中には闘っている人もいる。そんな姿は残念ながら中途半端にしか見られなかった。
 最後の結末は、現実への反抗でありながらも、やっぱりこの結末では未来が見えてこない。少し人間性を取り戻したあとだけに残念である。

 それでも、人間が生きていくうえで欠かせない労働の実態が、労働者を搾取することしか考えない資本家のもとでギリギリのところに追い込まれている現実を見据えようとする視点には、著者の今後が少し期待できるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/22 22:47

投稿元:ブクログ

594pというページ数を一気に読んでしまったのだから、この作品が持つ力は単純にスゴイんだと思う。
それにしても沖縄に来た内地の人というのは、やっぱりこういう描写になっちゃうのか、なんて登場人物像だったりして。
ところで「メタボラ」って結局はどういう意味なんだろ?

2009/04/10 10:48

投稿元:ブクログ

沖縄の夜。森で出会った男ふたり。一人は職業訓練校からの脱走者、いま一人は自分の事すらわからない、記憶喪失の男。
足下のおぼつかないままただ生きる。時たま浮上する記憶の暗部と自分の正体に怯えながら。

沖縄問題、政治、性産業、派遣労働、ワーキングプア、DV、家庭崩壊、ネット自殺、セクシャルマイノリティ、外国人労働者・・・現代日本の暗部とも言える数々の事象が主人公“ギンジ”の記憶とともに浮上しては消えて行く。どろりとした手触りとともに嫌な感触を残して消える、現代の底と絶望を描く桐野夏生らしい作品。

2007/08/02 11:51

投稿元:ブクログ

自殺、ワーキングプア、ニート、ホスト、放浪者、家族の闇etc…。絶望は私たちのすぐ傍にあり、いつその闇に呑み込まれるかわからない。桐野作品を読んでいると怖くなってくるのは、その普段目を逸らしている事実を否応なく突きつけられるから。桐野氏には珍しい若い男性が主人公の今作でも、人間の抱えるネガな部分をまざまざと見せ付けられる。ラストでギンジがした選択が、このゴールの見えない時代を生きる私たちの迷走であり闘争のような気がする。久しぶりに心にガツンと響く作品を読み、放心状態。

2007/12/17 23:25

投稿元:ブクログ

2007.12. 桐野さんは、こうでなくっちゃ。記憶喪失の男が、陽気な宮古弁(これが楽しい)をしゃべる男と出会い沖縄でどうにか暮らしていく・・・。途方もない暗い過去を抱えて。この、過去を一気に思い出して語るシーンが、しんどいけれど好き。嫌だけど、好き。人間の黒い面やどうしようもなく染み出してしまう毒を、見事に描ききるその筆力。圧倒される。人間ってどうしようもない。でも、生きていけると思えるラストは、スカッと爽快なくらい。ズミズミ、上等だ。

2007/08/09 09:59

投稿元:ブクログ

すっごく面白く、どんどん読めて
続きが気になる、おもしろ本。

新聞連載の小説ってことで、ややいろんなことを詰め込みすぎのきらいがあり、
終わり方も唐突で、えっ?これで終わっっちゃうん?感がかなりあり、ちょっと苦しげ。

ギンジの性格にバラつきがあり、育った境遇に同情はすれど、姑息で嫌な性格モードの時は、読んでてかなり鬱々する。

時事ねたも多いけど、すっごく面白い本であるってのは、間違いないです。


「細胞は生まれ変わる。夕方の僕は、朝の僕ではない。」

「あたしたちって、ヨルサクハナだなって。もうこの入り口入ると出られないって」



「だから、ここで死ぬまでヨルサクハナなのかな、と思うと悲しくなる時があるさーよ。」



「言葉を尽くして語ったとしても、どうしてそんなことで、と言われるかもしれない。人が死を選ぶ理由は様々で、レベルでも軽重でもない。あるのは、まさに個人的としか言いようのない理由なのだから、それを他人にわかって貰おうと思うこと、そして他人がわかろうとすること、双方共、錯覚に過ぎないのだ。僕の逡巡はそこにある。」













2007/12/14 12:25

投稿元:ブクログ

昭光、磯村ギンジこと香月雄太、そしてその家族、銀治と愛、過酷な労働に耐えながらも明るい中国人。息つく暇もないほど、この本に引き込まれてゆく。終わる事のない心の葛藤を抱えながら、自分の道を切り開き、強く生きてゆく者、最後、死を選ぶ者、決断のタイミングがもう少しずれていれば、また、違ったかもしれない。家族崩壊、ネット自殺、DV(ドメスティックバイオレンス)、同性愛、ホストなど飽きる事ない題材を散りばめられた、まさに、現代を象徴するかのような作品であった。これほど、勢いよく読み進めたのは実に久しぶりである。

2013/05/16 06:18

投稿元:ブクログ

まあとにかく沖縄行きたくなったよね。放浪もしたくなったよ。名前をなくして全部やり直してみたくもなったよな。凄く面白かったんだと思う。

各章毎に2人の視点が入れ替わって書かれてて、ギンジ編とは対称的にジェイク編がやたらに軽妙で楽しめた。宮古方言って本当にこれで正しいのかな、と心配になりながら。有り体に言えば2人の若者の再生の物語なんだけどそれだけじゃなく色々心に触れる部分があったし、首を傾げる部分もあった。

これは小説読者の常だと思うんだけど、いつもラストがあっけなく物足りないと思いがち。そのラストあっけない補正を差し引いても、ややラストがあっけなかったなあと。これも小説読者の常だと思うんだけど、いつもこの先も読みたいと思いがち。それを差し引いても、この先も読ませろと思った。

2008/01/19 14:49

投稿元:ブクログ

2008年一冊目!何冊分もの話が凝縮という感じ。読み応えあり。ギンジの過去だけだもいっぱい。作品としてはいいんだけどただわたしの勝手な桐野像とは違うような・・。

2008/01/24 20:09

投稿元:ブクログ

よみごたえあります。はじまりを読んでいると「どこの密林に迷ってんだよ」って思いましたけど、沖縄なんすね。主人公が記憶を失くしてるので、謎だらけで、でもすこしづつそれが紐解かれていくのが興味深かったです。なのでかなり厚いですがドンドン読めました。終わりは切なかったけど、登場人物が生き生きしてていい。ほんと映画をみるかのようです。

2007/06/03 22:30

投稿元:ブクログ

新聞小説のせいか、淡々とした印象。ディテールの書き込みがリアルなのがさすが桐野。それがストーリーに向かって有機的に機能しているとは言いがたいところが惜しい。この人はオンナを描いて一番力が発揮される人だと思うんだけどなー…。

2007/06/25 09:18

投稿元:ブクログ

6/23 ズミズミ,上等.

愛情は変質する.家族は消滅する.人は死んでいく.空も海も毎日違い,この世に絶対変わらないものなんてない.