サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小生物語(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 103件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/264p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-40935-4
文庫

紙の本

小生物語 (幻冬舎文庫)

著者 乙一 (著)

多数の熱狂と興奮を喚んだ現代の「奇書」がついに文庫版で登場。希代のミステリー作家・乙一の波瀾万丈、奇々怪怪にして平穏無事な日常が独特の“ゆるゆる”な文体で綴られる。虚実入...

もっと見る

小生物語 (幻冬舎文庫)

税込 545 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多数の熱狂と興奮を喚んだ現代の「奇書」がついに文庫版で登場。希代のミステリー作家・乙一の波瀾万丈、奇々怪怪にして平穏無事な日常が独特の“ゆるゆる”な文体で綴られる。虚実入り交じった小説家の一六四日間をご堪能ください!文庫書き下ろし日記(三日分)付き。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー103件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

小生物語

2013/09/15 12:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空鷺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

乙一先生の日記とても面白かったです自分が小さい頃先生はこんなかんじだったのだと思うと楽しいかったです
ゲーム好きなのでなんだか親近感です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当のような嘘の話

2009/10/05 01:03

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k** - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブログを本にしましたーという軽いノリの本だけど。
著者自ら、この本は「手抜きのオンパレード」であるから読んでくれなくていいと前書きで断言しているけれど。

乙一氏のブログは真剣に、面白い。
さすが、本業が作家さんの方のかくブログは違うと思いました。
電車の中で何度も吹き出しました。
いゃーはずかしい。

毎日がエイプリルフールかとつっこみたくなるほど、日記の内容が虚実入り乱れており、普段の小説とは違って、よくも悪くも力の抜けた、自虐的な感じが妙に笑いを誘うのです。

たとえば、映画館で赤ちゃんが泣いているのを耳にした乙一氏は、こんな日記を綴っています。
「映画が中盤を過ぎた辺りで、赤ん坊の泣き声が急に消えた。かわりに「ぅぐぅぇぁぁ」という苦しそうな赤ん坊の声が聞こえてきた。母親が中腰になってなにかを強く握り締めているのが影となって見えた。以降、赤ん坊の声は聞こえず館内は静かになった。」

母親が目を血走らせて、赤ちゃんの首をしめている様子がリアルに想像できてひやりとさせられ、随所でそんな想像を膨らませている乙一氏の妄想力に笑いが止まりません。

そして、そんな嘘と嘘の狭間で、作家としての乙一氏の真摯な姿勢や、他の作家さん、編集者さんとの交流やお仕事のやりとり、サイン会の裏話も伺い知ることもできてしまいます。
つまり嘘つき乙一氏とリアル乙一ライフとが錯綜し、一冊で2度おいしいというわけです。

乙一氏の作品のファンの方はもちろん、乙一さんの作品がちょっと気になってるけど読んだことのない方にもお勧めできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこまでが本当なのか

2016/01/24 14:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たのQ - この投稿者のレビュー一覧を見る

話は取り留めのない日々の出来事から始まるが、いつの間にやら嘘が広がり、書き手の世界に引き込まれてしまう。
作者の持つ想像力の光る一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日記…?

2015/05/10 19:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カモメ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乙一先生がHPで公開していた日記をまとめた実話、と見せかけていつの間にか非現実の世界に引きずりこまれる虚実入り混じった私小説でもあります。
日常の延長に悪夢のような世界が待ち受けていたり、くだらなさに笑いが止まらなくなる展開があったりと楽しめます。
自分はは卵かけご飯を作ろうとして卵に逃げられる話で爆笑しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/05 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/07 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/27 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/09 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/25 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/07 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/08 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/12 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します幻冬舎文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。