サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0120-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. PHP研究所の通販
  6. 「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-65449-2

紙の本

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる

著者 関岡 英之 (著),和田 秀樹 (著)

この「現実」にアナタは耐えられますか? 生活を取り巻く「医・食・職・住」の安心と安全が、いま、いかに脅かされているか。日本人の学力と日本の教育の信頼性がいかに損なわれてい...

もっと見る

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この「現実」にアナタは耐えられますか? 生活を取り巻く「医・食・職・住」の安心と安全が、いま、いかに脅かされているか。日本人の学力と日本の教育の信頼性がいかに損なわれているか。本当の原因と背景を深く掘り下げる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

関岡 英之

略歴
〈関岡英之〉1961年東京生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。ノンフィクション作家。
〈和田秀樹〉1960年生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「改革」の中味をみてよぅ。ひどいもんだよ。

2007/07/05 22:08

15人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこをどういう風に騙されてしまったか。私たちの暮らしの安全が、どこまで脅かされてしまったか。これから、どこの「改革」を狙われているのか、その結果私たちがどうなるのか。とっても詳しく書いてある本です。著者は、「拒否できない日本」の関岡英之さんと、精神医学と教育に詳しい和田秀樹さんです。
特に医療問題は深刻です。もともと日本の医療保険制度はWHOの総合評価で第一位なんですって。「改革」なんてする必要なかったんじゃないかぁ?!
アメリカは総合評価で第15位、国民一人当たりの医療費はダントツの世界第一位。国民皆保険なんかない。医療費がすごく高くて長期入院ができなくてホテルから通う位なんだって。病気して破産する人もいるって。薬価も高いし、薬そのものも、まず、カブセルが信用できないって。薬の認可も効率よく、手早くだから、死亡事故や薬害も多いんだって。そんなアメリカ並になったら、安全も安心も得られっこない。すごく怖いよう。
すでに、高齢者の自己負担が増えている。サラリーマンも3割負担になってしまった。それに高齢者も2週間で退院させられちゃうんだって。そのあとは、医療保険がほとんど利かない療養型病院やリハビリ病院に移されるんだって。大体特老の数が足りなくて、どこも待機老人が一杯いるんじゃないかぁ。社会的入院をせざるを得ない現状をほったらかしにしておいて、追い出しはないよ。年寄りに冷たい国だねぇ。
混合治療もおかしいよ。新薬が保険対象になるのに時間がかかるからっていっても、副作用とか調べるのに時間はかけてもらいたいし・・・大丈夫ならいつかはなるはずなのに、それを最初から保険対象とせずに、自由診療の方に回したら、貧乏人はその薬を永遠に使えないってことじゃないか。「医は仁術」って言葉はどうなるの?人のいのちもおカネで買う時代になっちまうのかい?嫌だねぇ。
「患者の自己負担率が高まれば、公的保険でカバーされる範囲が事実上、縮小することになる。そうなれば、自己負担分をカバーするための民間保険が誕生する」
「つまり、小泉政権下で進められた医療制度「改革」は、公的医療費を抑制して、民間保険会社のビジネス・チャンスの拡大を目論むという側面があったのです。
 それを先取りするかのように、いまテレビや新聞では、「よ〜く考えよ〜♪」と国民の将来の不安を煽るような外資系民間保険会社のCMが過熱しています。」
もうすでにダマされて入ってる人がいたよ。それだと、やっぱりお金のある人しか助からない。日本人みんなが、今までのように、早めに、気軽にお医者さんにかかれることが、一番いいんだよ。その方が、みんな健康でいられるし、そうなれば医療保険の経費も少なくて済むはずだよ。せっかく国民皆保険があるのだから、それを活かそうよ。
“政府の諮問会議はどんな顔ぶれなのか?”、中小企業の代表や、一般勤労者や消費者や地方自治体の代表はいない。医療の関係者や専門家もいない。財界人やエコノミストが多い。これでは、自分たち企業の金儲けのための「改革」になって当然だよ。
“戦後日本人の食習慣を激変させた「人体実験」”“「消費者の温存」と「教育」に力を入れよ”も読めば納得。100年先を考えなくっちゃぁ。製造業立国、日本。「中流階級向けのクオリティの高い商品をつくれる国は日本だけ」「教育水準が高く、落ち着きと自信に満ちた中流層こそ日本の強さの源泉だったわけで、中流が下流に没落していく格差の拡大は、日本という国家の弱体化以外のなにものでもありません」
 参院選からは、方向転換。暮らしやすい日本、笑顔でいられる日本にしよう!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/01 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。