サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 東北大学出版会
  • サイズ:22cm/459p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86163-059-0
  • 国内送料無料

紙の本

芸術の始まる時、尽きる時

著者 栗原 隆 (編)

芸術が存立する前提となるのは何か、そして芸術の地平を超え出たところにあるのは何か−。ヘーゲルの芸術終焉論を出発点に、芸術学の問題群と全体像を提示。哲学、美学、歴史学、文学...

もっと見る

芸術の始まる時、尽きる時

税込 3,850 35pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

芸術が存立する前提となるのは何か、そして芸術の地平を超え出たところにあるのは何か−。ヘーゲルの芸術終焉論を出発点に、芸術学の問題群と全体像を提示。哲学、美学、歴史学、文学などから、芸術の照射を試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

「感性学」から「美学」へ 岩城見一 著 3-30
「障りの感覚」と創造哲学 矢萩喜従郎 著 31-53
技芸から芸術へ 広部俊也 著 55-72

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ご案内

2008/10/07 16:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東北大学出版会 - この投稿者のレビュー一覧を見る

必要な何かを作ることと作品を制作することとでは同じか、芸術作品とは何か、どこから芸術作品と言えて、どこまでは芸術ではないのか。芸術作品に込められた意味をどう分析するのか、ジャンルとしての芸術はどのようにしていつ自立したのか、芸術を総括したり分析したりする営みは芸術をどのように超え出るのか、そうした芸術の存立機制について、ヘーゲルの「芸術終焉論」を射程に収めながら、哲学、美学、美術史、文学、表象文化論、歴史学などの視座から、多角的に分析する試み。素材を超えたところに芸術の美が生まれることを解明した。

執筆者
神林恒道/岩城見一/広部俊也/矢萩喜従郎/鈴木正美/番場俊/山内志朗/松本彰/佐藤透/尾崎彰宏/加藤尚武/小田部胤久/野家伸也/森本浩一/城戸淳/伊坂青司/座小田豊/松田純

《目 次》
第I部 芸術の始まる時
 一 「感性学」から「美学」へ
 二 「障りの感覚」と創造哲学
 三 技芸から芸術へ
 四 詩情が立ち現れる時
 五 言葉の受肉、あるいは記号論の複数の可能性について
 六 arsから芸術が分離する時
 七 バッハ復興の芸術史
 八 芸術が体験される時
 九 「男」を演じる女たち

第II部 芸術の臨界
 体験と解釈
 遊戯と精神
 身体と美粧
 絵画と彫刻

第III部 芸術の尽きる時
 十 絶対精神の日常性
 十一 「人間的」芸術の行方あるいは芸術の「非人間化」をめぐって
 十二 芸術が<興味をそそるもの>になった時
 十三 芸術が世界との出会いをもたらす時
 十四 「批評」の位相
 十五 カントの崇高論
 十六 神話と芸術
 十七 芸術と無限

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。