サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年年間ランキング  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 恵雅堂出版の通販
  6. 悲しみの収穫 ウクライナ大飢饉 スターリンの農業集団化と飢饉テロの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 恵雅堂出版
  • サイズ:22cm/638p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87430-033-6
  • 国内送料無料

紙の本

悲しみの収穫 ウクライナ大飢饉 スターリンの農業集団化と飢饉テロ

著者 ロバート・コンクエスト (著),白石 治朗 (訳)

餓死者700万人以上、1933年にヨーロッパ穀倉地帯ウクライナを襲った、20世紀最大の悲劇。中国、カンボジア、北朝鮮へと続く飢饉テロの原型、スターリンのウクライナ農民大虐...

もっと見る

悲しみの収穫 ウクライナ大飢饉 スターリンの農業集団化と飢饉テロ

税込 5,500 50pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

餓死者700万人以上、1933年にヨーロッパ穀倉地帯ウクライナを襲った、20世紀最大の悲劇。中国、カンボジア、北朝鮮へと続く飢饉テロの原型、スターリンのウクライナ農民大虐殺を明らかにした衝撃の書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・コンクエスト

略歴
〈ロバート・コンクエスト〉1917年イギリス生まれ。優れたソヴィエト史家、詩人、小説家。外交官の勤務経験あり。著書に「誰がキーロフを殺したのか」「スターリンの恐怖政治」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

コルホーズ、ソホーズ、人民公社

2007/06/14 15:22

16人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が東京都立国立高校の1年生だったとき、地理Aの授業で「日本の農業は遅れている。やはり農業の生産性を向上させるには農業の集団化を推し進めねばならない。ソビエトを見よ。農業を集団化させ農業生産の拡大に成功している。そのシステムの中核を担うのがコルホーズで、更に進んだ進化形がソホーズだ。中国には同様の形態として人民公社がある」と習った。そのソ連は崩壊、中国は社会主義農業を放棄し、土地の使用権を自由化した。中国は実質的に農地の私有化を認めたところ農業生産が劇的に拡大したという。ベトナムでもドイモイ政策なる自由化政策が推し進められ、なんのことはない、ベトナム農民に笑顔が戻ったのである。ロシアだけはそうはならなかった。ロシアでは農業の集団化という間違った農業政策が70年近く行われた為、ロシアの大地を知る「農民」は絶滅し、どこで何をどう耕作したらいいか、もはや誰も知らないのがその原因であるという。農業の集団化とは実質的な奴隷制で、「今日はあっちを耕せ、今日はここへ種を蒔け」と指図される。農業とは自分の土地に丹精こめて作物を植え、育て、刈り取るから楽しいので、他人の指図に従って他人の土地を耕すのでは、これはただの奴隷制である。こうしてロシアの「農民」は農業に興味を失い、共産化する前は小麦の輸出国だったロシアは食糧の輸入国に転落した。要するの「アカ」の教師は、我々に全くの出鱈目・ウソを教えていたのである。本書にはスターリンが実施した農業の集団化が如何に悲惨な結果をもたらし、とくに被害がひどかったウクライナでは大規模飢饉が発生し、700万人を越える大量の餓死者が出た模様が克明に描かれている。なんともひどいことをスターリンはしたものである。また、それを知ってか知らずか賞賛した日本のアカもアカだ。共産主義は「正義」の体系である。正義を信じるものは黒も白だと平然と言いのけて恬として恥じることがない。実に恐ろしきは「正義」なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/19 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/26 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。