サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この愛を喰らえ(幻冬舎ルチル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫)

著者 李丘 那岐 (著)

渡木阪鋭はヤクザの家に生まれたが、父である組長の死とともに組を解散、小料理屋の主となって二年経つ。鋭の店には元組員や隣接する緋賀組若頭・緋賀颯洵がやって来て賑やかだ。颯洵...

もっと見る

この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫)

税込 596 5pt

この愛を喰らえ

税込 596 5pt

この愛を喰らえ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.9MB 無制限
Android EPUB 5.9MB 無制限
Win EPUB 5.9MB 無制限
Mac EPUB 5.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

渡木阪鋭はヤクザの家に生まれたが、父である組長の死とともに組を解散、小料理屋の主となって二年経つ。鋭の店には元組員や隣接する緋賀組若頭・緋賀颯洵がやって来て賑やかだ。颯洵とは子どもの頃からの知り合いだったが、偶然再会して以来、常連となったのだ。ある日、颯洵から押し倒され面食らう鋭。次第に颯洵の存在を意識し始めるが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズその1

2013/02/06 16:15

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

緋賀組若頭の颯洵(攻め)と料理屋の店主、鋭(受け)のお話です。
鋭の実家はもともと古くから続く渡木阪組でしたが、父亡き後は解散してありません。
堅気になっても昔の仲間からとにかく慕われる鋭。
この鋭、とにかく男前!こんなに男前な受けって読んでて清清しかったです。
颯洵とは幼馴染。とはいっても幼い頃はお互い特に接点を持たないまま。
でもお互い似たような境遇なのでなんとなく気にかけていた二人。
この颯洵の執着っぷりも良かった。
途中から鋭の弟が出てくるのですが、上手い具合にお話をかき混ぜてくれました。
設定だけ見るとなんだか血なまぐさい系かと思ってしまいそうですが、
いえいえ、人情系で読み終わった後はなんだかほっこり出来てしまうのです。不思議。
全体的なバランスも良くてとても読みやすいお話でした。
次はスピンオフ「その純情を暴け」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ヤクザものだけど、じんわり…。

2016/07/03 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲荷のこま犬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「この愛を喰らえ!」というタイトルがインパクト大で、どんな話しだろうと思って手に取ったのが、李丘先生の作品との出逢いでした。
タイトルは、作品を読んで実感。
言い方は乱暴で激しい印象を与えるけれど、愛情たっぷりのお話しでした。
ストーリーがしっかりして読み応えがあり、気づけば一気に小説を読み終えていました。
読み終えた後には良い作品に出逢えたという満足感があります。
登場人物たちも、大変魅力的で個性豊かな面々達です。
暗い過去を持っていて、いつもどこか冷めていて人嫌いなヤクザの若頭。
悲しい過去を持っていて、そのせいで血が苦手な今は消滅してしまった任侠ヤクザ一家の生まれの主人公。
幼なじみでお互い嫌っていたはずなのに、気づけばお互いが自分のものと思える存在になっている。
ベタベタ甘々の関係ではなく、お互いを認め合える存在。
こういう関係ってうらやましいかも?と思わせてくれる二人です。
そして主人公達を取り巻く元任侠一家の組員達や二人の主治医も魅力的な人物です。
李丘先生の作品に登場する人々は、一人一人が丁寧に書かれているので、読んでいて自然と登場人物に入り込め、共感できました。
ストーリー的にはよくあるありふれた内容のようにも思えますが、それでもグッと話しの世界に引き込まれる魅力がたっぷりと詰まっているので、読んでいて飽きが全然きませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

かまってちゃん

2018/09/11 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

実家はもう組を解散して無く、寂れた小料理屋をやっている鋭と幼馴染で現役やくざの若頭・颯洵のお話
最近のヤクザ物に多いお洒落でスマートなインテリヤクザとはちょっと違っていて、主人公の二人だけでなく鋭の実家の元やくざの組員たちとの交流など、任侠物っぽい男と男の精神(こころ)の繋がりが根底に流れているようだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

893もの

2017/09/30 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

極道なノリが平気な方なら難無く萌えられると思います。
話の面白さはともかくとして、萌えられませんでした…。
作者さんが好きで、苦手な極道でもこの方の作品なら萌えられるかも…と思ったけど、苦手なものは苦手でしたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/14 03:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/03 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/30 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/23 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/13 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/12 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。