サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900436-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ベリアルの誘惑 (キャラ文庫)

著者 ふゆの 仁子 (著)

クールな美貌で遊び相手には事欠かない弁護士の里美。ある晩、行きずりの男・安岐と関係を持つ。「痛がる表情も、俺を煽るためなんだろう?」。鍛えた身体をスーツに包んだ安岐は、今...

もっと見る

ベリアルの誘惑 (キャラ文庫)

税込 586 5pt

ベリアルの誘惑

税込 586 5pt

ベリアルの誘惑

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クールな美貌で遊び相手には事欠かない弁護士の里美。ある晩、行きずりの男・安岐と関係を持つ。「痛がる表情も、俺を煽るためなんだろう?」。鍛えた身体をスーツに包んだ安岐は、今までの誰よりセックスが上手い。遊びのはずが、快楽に囚われたのは里美だった…。ところが、実は彼は、里美と敵対する特捜部の検事だったのだ!!スーツを脱ぎ捨てた淫らな夜—エロティックLOVE。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

続編が出なかったら怒ります。

2007/06/09 15:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふゆの仁子氏の作品で、主人公の里見が弁護士というのですから、その相手の安岐という人間は、当然鬼畜でサドで底意地が悪くて、とんでもなくひどい人間だろうという先入観をバリバリに持って、身構えて読み始めたのですが、あ然とするほど違っていました。
 たしかに出会いからしばらくの間は、安岐の行動はひどく思わせぶりで分かりづらく、里見はすっかり心を囚われて振り回されてしまうのですが、頭の切れる里見がカマをかければ簡単にボロは出すし、それと同時に型破りながらも人間くさい行動力や、あたたかみのある誠実な人柄も露出するしで、あっさり予想を裏切られます。
 父親を知らずに育った里見は、子供のころに一度だけ、温厚なエリート弁護士である父親と面会するのですが、それからまもなく、父親は背任行為で逮捕され、一年後には自殺を遂げます。父の死の真相を知りたくて法曹界を目指した里見は、就職した弁護士事務所で、父の後輩だったという矢崎に取り込まれるようにして関係を結ばされ、いつのまにか彼の手駒のようになっています。最初のうちは矢崎に父親の面影を見ていた里見ですが、矢崎が父親のライバルだった政治家と懇意にするなど、油断のならない面を持つ人間であることを悟り、さらには父親の死と矢崎との関わりについて、確証はないながらも嫌な感触を持ち始めるに至ります。
 そんな時期に里見の前に現れた安岐は、里見の素性を事細かに知っていただけでなく、返信できないフリーメールで連絡を取ってくるなど、思わせぶりなやり方でコンタクトを求めてきますが、実は矢崎の関わる背任行為を捜査する立場にある検事であることが分かります。仕事のためにいいように利用されかけたと感じた里見は傷つき、安岐の股間をいきなり蹴り上げるほど怒りますが、心から切り捨てることができません。
 安岐の方も、里見が予想外なほど天然に感情を見せるので、冷静に感情をコントロールして仕事モードにシフトすることが不可能になり、真情を晒します。
 その後、矢崎がとうとうグロテスクな本性を現して里見を陥れようとするに至り、里見と安岐は約束されたように絆を深め、矢崎の背任行為を暴く方向で協力体制を結ぶことになるのですが……驚くべきことに、事件がなんにも解決しないうちに、本のページが終わってしまうのです。安岐が鬼畜キャラでなかったこと以上に、この終わり方にはあ然としました。言うなれば、助走をつけて序章を走り抜けた途端、宙に放り出されたような気分です。魅力的なお話ですし、里見と安岐の関係もまだまだこれからというところですから、おそらく続編が書かれるだろうとは思うのですが、あとがきを読む限りでは、それが確実に約束されているわけでもない様子で、もどかしいことこの上ありません。早急になんとかしてほしいと思います。
 蛇足ですが、作中で里見の知人が説明するところによると、安岐はいわゆる「片づけられない男」で、職場のデスクは汚穢の山状態であるとのこと。そういえば同じ作者の「100万$の男」に出てきた小日向もその系列の人物で、すさまじい破壊力を伴って自室や職場を散らかしていました。作者はそういうエピソードの描写になると特に筆が冴える方のように思うので、もしも続編があるのなら、几帳面できれい好きな里見との片づけデスマッチなども期待できそうで楽しみです。また、回想シーンのみの登場であった里見の母親も、育児能力が皆無であったり、やたらと小説やマンガを読んでいるくせに息子にオタク呼ばわれされると腹を立てて頭から本を降らせたりする、いささか妙な女性であるらしいところにも興味が引かれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

検事×弁護士

2018/07/28 19:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クールな美貌で遊び相手には事欠かない弁護士の里美。ある晩、行きずりの男・安岐と関係を持つ。途中までは面白かったのに…終わり方が消化不良。ただ高階さんのイラストに釣て買ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/27 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/27 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 02:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。