サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古本暮らし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6710-7
  • 国内送料無料

紙の本

古本暮らし

著者 荻原 魚雷 (著)

ほしい本を見て悩む。明日からの生活費のことを考える。でも、買っている。古本暮らしは、愉しく、辛く、幸せだ。古本屋巡礼が散歩。【「BOOK」データベースの商品解説】心の針が...

もっと見る

古本暮らし

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ほしい本を見て悩む。明日からの生活費のことを考える。でも、買っている。古本暮らしは、愉しく、辛く、幸せだ。古本屋巡礼が散歩。【「BOOK」データベースの商品解説】

心の針がふりきれるような本と出会いたい−。散歩といえば古本屋巡礼。明日の生活費が頭をよぎっても、それでも買ってくる。30代半ばを過ぎた今も週4日のアルバイトで暮らす本好きな筆者が、質素で楽しい古本暮らしを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荻原 魚雷

略歴
〈荻原魚雷〉1969年三重県生まれ。明治大学文学部中退。在学中から雑誌の編集、書評やエッセイを執筆。「sumus」同人。編著に「吉行淳之介エッセイ・コレクション」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

わけもわからず、心の針がふりきれる、一年に一度   胸にしみこむフレーズいっぱい

2008/03/14 12:17

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「手にとった瞬間、わけもわからずほしくなる。
心の針がふりきれる。
値段がいくらだろうが、財布の中にはいっている金額で買えるなら買う。
足りないときには取り置きしてもらう。
そんな本にめぐりあうのは、一年に一度あるかどうかだ。」

この一文にしびれました。
なにしろ古本熱が再燃しているのだ。
タイトルに古本とあれば、飛びつく。
古本暮らし、まさに私を呼んでいるタイトルである。

わけもわからず、
心の針がふりきれる、
一年に一度、

一つひとつのフレーズが胸にしみこむ。
あ~古本。
自分の言葉でうまく説明できなかった気持ちを
魚雷さんが指し示してくださったようで、とんでもなく嬉しくなる。
付箋をつけながら読んでいると、付箋だらけになってしまった。
私の古本熱もそうとう重症化しているようだ。

しかし私がこの本に惹かれたのは、古本の話ばかりではない。
魚雷さんの奥さんはマンガの編集者をしていらっしゃって、帰りはたいてい終電、休日出勤もあたりまえだそうだ。
で、必然的に家で仕事をする魚雷さんに家事の分担がまわってくる。
それゆえ、料理もし、掃除もし、はたまた使い古したタオルで雑巾を縫い、
散歩に出かけてもキッチン布巾を買わなければいけないことに気づく日々を暮らしているのだ。
ご紹介の料理本「ベターホームのスピード料理」はぜひ読んで参考にしてみたいと思った。
そして、市販の調味料を大いに活用する方法はぜひ取り入れようと思った。
スープの素一人前に材料を足して三人前にするところでは、
「これ、私もしたことある!」と大いに共感した。
食材にお金をかけず調味料にお金をかけるのが安くてうまいものを作ることとあるところでは
しみじみそうだと読みながら大きくうなずく。
こんなに共感してばっかりなのは、私も家事のいかに効率よくこなして、作り上げた自由時間でいかに本を読むか、古本をさがすかという気持ちが熱く熱く持っているからだ。

部屋の掃除をしながら、永井龍男さんのエッセイを読む魚雷さん。
私もまさにそうです。
だから、
「これでいいのか、三十七歳。夢は? 目標は?」
とつぶやく魚雷さんに、思わず「いいんですよ」と声をかけたくなる。

あとがきにこうあった。
「本の縁は不思議だ。人の縁もまたしかり。
今後もそうした縁をおもしろがって生きていけたらとおもっている。」

いたく共感して本を閉じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/07 15:06

投稿元:ブクログ

何故か長らく古本屋さんのエッセイだと勘違いしていました。違うんだと気付き、古本好きのがっつり古本語りなのかなと思ったら、それもまた違っていました。
基本として古本が好き、読書が好きというのはありますが、そんな人物による四方山話という感覚が一番しっくりくるかも。好きとそうでないものとの熱量の違いが面白かったりもします。お酒でも飲みながら、だらりだらりと語り合うと楽しそうです。あくまでものんべんだらりと。

2012/02/02 22:57

投稿元:ブクログ

作者の生活が垣間見えて、
とても興味深かった。

自分も古本屋めぐりは大好きだし、
高円寺や神保町にもよくいくので、
とても親近感がわきました。

2007/11/07 00:03

投稿元:ブクログ

古本、読書、暮らしにまつわるエッセイ。
タイトルに惹かれて読んでみた。
3章からなるのだけれど、主に古本、蔵書との関わり方を書いた1章は特に面白く、共感しながらページを進めた。
狭い家に暮らす読書家の心の持ち様は、ほぼ諦めに似たり。

2007/11/06 16:56

投稿元:ブクログ

途中までは、まぁまぁ面白かったのだが、段々と詰まらなくなり、乍ら読みになった。唯、冒頭のアンディ・ルーニーの一言に「捨てるべきの本の基準」があり、「題名を見てもプロットや登場人物をいっこうに思い出さない本」は整理しろ、という点は大いに気に入った。

2012/10/28 09:43

投稿元:ブクログ

逗子図書館

良さそう

この人、おもしろいな。
色んな日本の古典を教えてくれる。

20121112 途中で返却
p134から

2014/01/07 08:37

投稿元:ブクログ

古本やお気に入りの作家・詩人らについて語る
マイナーな分野が多い
 
古本マニア、キンドルとかの電子書籍について
どう思っているんだう
絶版ってないわけだから、希少性とかの判断は出来ないだろうし

本の署名入力のバイト
フリーライター
将来への不安なども

22 大型ペットボトル用の箱、本の入れると引越しに便利
コカコーラの烏龍茶、煌が特にいい
177 作者の名前の読み、外人の時はスペルの無い本は駄目な本

2016/05/03 22:15

投稿元:ブクログ

初めて読んだ著者ですけれども、割かし面白かったですね! 自分もそこまで古本のファンというわけではないのですけれどもまあ、ブッ○オフは利用する方なので当作品を読んでみたわけなんですけれどもねぇ…これを読むとアレですね、ブッ○オフなんかよりも古来からある古本屋のが風情があって面白そうなんですよねぇ…しかし、古本屋というお店も今現在ではその規模をどんどん縮小させているというし…確かに僕の地元でもかつては古本屋とかあったんですけれども、すべて潰れましたねぇ…活字好きには辛い世の中です…。

ヽ(・ω・)/ズコー

著者は何というか…経歴を見てもアレですね、決しておつむが悪いわけではないのに何というか、フリーターという立場に甘んじているというか…まあ、サラリーマンができない人なんでしょうねぇ、きっと…もったいない…。

けれどもまあ、日記みたいな当エッセイを読んでいますとそんなに稼げない暮らしも割かし良いんじゃないか、みたいな感じがそこかしこで感じられますねぇ…。奥様もいらっしゃるみたいですし…。

僕も今現在、似たような暮らしですけれどもまあ、欲を言えばもう少し…給料の方を上げていきたいですね!

おしまい…。

ヽ(・ω・)/ズコー

2014/03/17 21:17

投稿元:ブクログ

古本が好き。生活は不安定。
フリーライターである著者のエッセイは、本や作家の豊富な知識が伺えるが、敷居は低い。親戚のおじさんの話を聞くように読める。
個人的に好きなのは、著者の自炊生活についてのエッセイ。生活の知恵が詰まっていて、参考になる。
限られた予算、時間でどう満足させるか。家庭料理って、100点を1回取ってもダメ。60点取るのを毎日続けられるかが最初の試練だ、と思った。
私は主婦だけど、ギリギリ?!という日もある…著者に教えを受けたい位だ。

ブックガイド・目録 ランキング

ブックガイド・目録のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む