サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:21cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-566-05975-7

紙の本

戦争いらぬやれぬ世へ (むのたけじ語る)

著者 むの たけじ (著)

言葉は人と人とがわかり合うための手段だ。それが今では人を欺くために、憎しみ殺しあうために、言葉は刃物となって横行している。言葉の仕事に一生をつぎ込んだ反骨のジャーナリスト...

もっと見る

戦争いらぬやれぬ世へ (むのたけじ語る)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

戦争を考える本 8巻セット

  • 税込価格:14,630133pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

言葉は人と人とがわかり合うための手段だ。それが今では人を欺くために、憎しみ殺しあうために、言葉は刃物となって横行している。言葉の仕事に一生をつぎ込んだ反骨のジャーナリストが語る、65億人の一人ひとりへの励まし。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

前へ進む道しるべ 25-65
今、憲法が危ない 66-79
ジャーナリズムは死んだか 80-125

著者紹介

むの たけじ

略歴
〈むのたけじ〉1915年秋田県生まれ。東京外国語学校スペイン語科卒業。朝日新聞社等を経て週刊新聞『たいまつ』を創刊。「むのたけじ平和塾」開講。第12回農民文化賞受賞。著書に「解放への十字路」他。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店新宿店

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

魂のさけびを聴け

2007/08/09 05:23

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次世界大戦中、朝日新聞に所属し新聞記者をしていたむのたけじ氏は、1945年8月14日、日本の敗戦を伝える玉音放送が流される前日、朝日新聞を退社した。自ら一方的に辞めた。その経過が書かれている部分を抜粋する。
『「こんなことをやったら同じ過ちを同じ手順で何度でも繰り返す、これほどばかげた惨めなことはない。こんな過ちは戦争中真実を報道しないで大本営発表をそのまま民衆に伝えたあの過ちを繰り返すことになるし、罪を償うことにはならないし許されない、・・・この際、建物やすべて社会に寄付をして、社員全部やめて、新時代にふさわしい新聞作りに適する人間、そういう人間たちで新しい新聞を創るしかないじゃないか。」14日の日に、「本日を持って朝日にさよならします、明日から来ません」と。辞表なんか何も書かないですよ。口で言ってそれをずーっと実行しただけ。何度も誘われても、もう戻らなかった。』
朝日新聞の中で、むのたけじ氏に続く者はいなかった。いや、朝日新聞だけでなく、どこの社の新聞記者たちも、自身が戦争中に書いてきた”大本営垂れ流し記事”の責任を恥じて社を辞める者はいなかった。
自己の戦争責任に対する無自覚は新聞記者だけではなかった。昨日まで日本帝国主義への忠心愛国を教えていた教師達は、急に態度を変え平和や人権尊重を唱えるようになった。多くの愛国者たちは、一瞬にして民主主義者となった。
敗戦前後の混乱した世情の中、誰もが食っていくのに精一杯であった。そんな中、それでも自身の信念のもとに、自身の生き方にけじめをつけたむのたけじ氏の行動はすばらしい。
むのたけじ氏は戦後もずっと、書き続け、語り続けている。それは、氏自身にとっても自分が一部を担うことになった侵略戦争の戦争責任に対する精算であろう。しかし、それ以上に、氏の著作を読み、氏の語りを聴く者にとって、かけがえのない教訓であり、他では得難い経験談である。
二度と同じ過ちを繰り返さないように、一人でも多くの人に氏の語りを聴いて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。