サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2007/04/28
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:21cm/270p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-2263-6

紙の本

魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木 (福音館創作童話シリーズ)

著者 角野 栄子 (作),佐竹 美保 (画)

もう10代も終わろうとしているのに、キキはなにかものたりないのです。ついつい、いらいら、いらいら。だいじな魔法も逃げていきそう。キキにふたたび心はずむ、いきいきとした日は...

もっと見る

魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木 (福音館創作童話シリーズ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

魔女の宅急便 6巻セット

  • 税込価格:10,23093pt
  • 発送可能日:1~3日

魔女の宅急便 6巻セット

  • 税込価格:10,23093pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もう10代も終わろうとしているのに、キキはなにかものたりないのです。ついつい、いらいら、いらいら。だいじな魔法も逃げていきそう。キキにふたたび心はずむ、いきいきとした日はやってくるのでしょうか。【「BOOK」データベースの商品解説】

もう10代も終わろうとしているのに、キキは何か物足りないのです。ついつい、いらいら、いらいら。大事な魔法も逃げていきそう。キキに再び心弾む、いきいきとした日はやってくるのでしょうか?【「TRC MARC」の商品解説】

魔女のキキも今回の作品のなかで二十歳になりました。あいかわらずそばには相棒の黒猫、ジジがいます。今回も、魔女として旅立ったばかりの女の子など、新しい人との出会いがあります。そしてコリコの町の町長さんをはじめ、今までの四作で出てきたなつかしい登場人物たちのその後の様子も描かれています。物語の最後には、長かったとんぼさんとのつかずはなれずの関係もついに大きく動きます。【商品解説】

著者紹介

角野 栄子

略歴
〈角野栄子〉東京生まれ。「ズボン船長さんの話」で旺文社児童文学賞、「おおどろぼうブラブラ氏」で産経児童出版文化賞大賞、「魔女の宅急便」で野間児童文芸賞、小学館文学賞ほか受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

人生の次のステージへ

2009/11/29 23:53

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marekuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔女の宅急便の5巻です。

本作においてもキキは鬱積した日々を送ります。
原因はやっぱり、トンボさん。

もうすっかり遠距離恋愛の恋人同士です。
ですが、トンボさんはファーブル博士のごとく

虫の研究ばかりしています。そんなトンボさんを見て
ジジが猫式恋愛術をボヤきます。
    「猫式というのはね、できるだけそばにいく。姿をあらわす。それにつきる‥」
    (p44)
だそうです。

映画ではかなり内容を端折って
後半で白猫と家庭を築いていたジジですが
原作では未だ、キキと暮らしています。

原作とはいえ、よもやジジが本作中で恋愛指南するとは
思いませんでした。長年、愛読してきただけに、びっくりです。


そんな中キキの暮らしているコリコの街に
新米魔女がやってきます。
その魔女は、空を飛ぶことも出来なければ

キキと同じく魔法をたくさん使えるわけでも
ありません。

コリコの街で、おいしくないスープを作って
魔女修行中です。※魔女スープというそうです。

映画では新米魔女だったキキが
本作においては新米魔女に色々とアドバイスをします。

そして、本来は1つの町に魔女は1人というのが
魔女の伝統だそうですが、キキはそれに対して

時代が変わったのだし、あまり固く考えなくても
いいのではないかと柔軟な考えを示します。

というのも、自分自身が初めてコリコの街を訪れた時
(映画でも表現されていますが)とても心細い思いをし
でも、たくさんの人達との出会いによって今日まで
頑張れた。その自分を支えてくれた人達のように
自分も新米魔女(ライちゃん)を支えてあげたいと
感じたからのようです。

何か心境としてはわからないでもないような気がします。

ジジは恋をして猫の思想を語りだします。本作においては
ジジの変わりっぷりに驚かされることが多いです。
そんなジジに影響を与えているのが、白猫のヌヌちゃんで
その飼い主のサヤオさんとう芸術家がキキの前に現れますが‥

そして、本作においては映画の後半部分のように
キキは飛べなくなります。映画のようにモップを使用して
飛ぶことはしませんが、ジジともうまく会話が出来なくなります。

父のオキノさんに、本作のサブタイトルにもなる『魔法のとまり木』
について、教えてもらいます。

この場合の『魔法のとまり木』というのは、魔法の力を軽くみたり
自分の持ち物のように扱われたり、見せびらかされたり、また魔法
自身がなんとなく疲れてしまったときに、嫌気がさす状態なのだそうです。

本シリーズでは空を飛ぶことや猫と話すこと以外に不思議な事全般を
魔法と呼んでいます。例えば人と人の出会いも魔法だと表現されます。
それは各巻で必ず、出てくるテーマでもあります。
そういった事を軽々しく見てはいけないという、本シリーズを通して
主張されるメッセージのひとつです。
ともすれば、強情になりがちなキキですが、魔法のとまり木は
人と自然に付き合うことを教えてくれるエピソードでもあります。

本作のラストで
トンボさんは学校を卒業して2年間の間、コリコの隣町で中学校の
教員助手をすることになります。
そして、2年後結婚する。というところで本作が終わります。

なんだかここに来てストーリーが映画と交差するような
場面も見られつつ、続きが気になるところで終わりました。

3作目4作目ほど、キキが内省的ではなく、人生の次のステージに
移る際の緊張感のようなものが、程よく伝わってきて
新鮮です。1作目2作目のような安心感をもって読める第5作目でした。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娘へのプレゼント

2017/09/09 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐりとぐら - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘への誕生日プレゼントに購入。
このシリーズは、大人が読んでもワクワクします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/04 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/03 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/23 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/03 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/18 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/07 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/14 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/17 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/09 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/12 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。