サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

疑惑
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-326020-4
  • 国内送料無料

紙の本

疑惑

著者 折原 一 (著)

振り込め詐欺、放火、騒音おばさん…あなたのそばにひそむ悪意を描いて大好評『冤罪者』『失踪者』シリーズの姉妹篇ともいうべきミステリー作品集。「黙の家」を特別収録。図版多数掲...

もっと見る

疑惑

1,594(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

振り込め詐欺、放火、騒音おばさん…あなたのそばにひそむ悪意を描いて大好評『冤罪者』『失踪者』シリーズの姉妹篇ともいうべきミステリー作品集。「黙の家」を特別収録。図版多数掲載。【「BOOK」データベースの商品解説】

日常の裂け目から這いのぼる悪意の炎。夜な夜な部屋を出てゆくひきこもりの息子は、もしや連続放火犯? 他、振り込め詐欺、切り裂き殺人、騒音など、あなたのそばにひそむ様々な犯罪をテーマにしたミステリー短篇集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

偶然 5-35
疑惑 37-66
危険な乗客 67-109

著者紹介

折原 一

略歴
〈折原一〉著書に「冤罪者」「失踪者」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なかには、清張作ではないか、って思えるものもあります。でも、個人的には「黙」の番外編がいいかな・・・

2007/09/10 20:58

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一応、出れば読む、状態の折原一の作品ですが、折原=長編作家と思い込んでいる私は、これが長編どころか連作でもなくて、しかも2005年に出た『黙の部屋』(文藝春秋)絡みの短篇まであるに及んでは、これってあの本に納まっていたんじゃないの?などとない記憶を絞り出す始末。いやはや先入観とは恐ろしきかな・・・

で、ブックデザインについてですが、カバー画・装幀 藤田新策、挿画 石田黙とあります。石田黙作品がからむと全体のトーンまでが暗くて重苦しくなるのは、いかんともし難いものなのでしょう。ま、藤田自体の作品傾向も決して明るいものではないのですが、これはまた輪をかけた感じです。

各話も内容こそ多種多様ですが、「偶然」を除けば、暗いものばかり。以下簡単に紹介しておけば

・偶然 (「小説宝石」2003年9月号):振り込め詐欺防止には、やはり、向うが名前を名乗るのを待つのがベストかも・・・

・疑惑 (「小説新潮」2001年3月号):近所に相次ぐ放火、そして息子の部屋には放火された現場をプロットしたマップが・・・

・危険な乗客 (「小説新潮」2000年6月号):トラベルミステリー風サスペンス、隣に座った女は村上に行くというが・・・

・交換殺人計画 (「小説新潮」2000年10月号):金が欲しくて仕方がない息子の標的は、義父。手段は交換殺人・・・

・津村泰造の優雅な生活 (書き下ろし作品):リフォーム詐欺?でも、業者の男はなかなか立派で、ついつい・・・

・黙の家 (井上雅彦監修『アート偏愛』(2005年、光文社文庫)収録):石田黙の作品が大量に飾られ、しかも石田作品そのものの部屋や画家までも・・・

・石田黙への旅 (「秋田魁新報」2006年1月5・6日付夕刊より):折原が魅入られた石田黙の世界、その経緯は・・・

となっています。折原らしい作品が収まってはいますが、なんでここに?という再会に意外観のある「黙の家」がベストではないでしょうか。ま、幻想譚ともいえる妖しくも壮大な展開は、ここに唐突にでてくるよりは、やはり『黙の部屋』の付録にでもついやほうが相応しいし、「石田黙への旅」も同様でしょう。文庫化に際しては一工夫欲しいところです。

折原、というよりは清張作品を読んでいる気になったのが「津村泰造の優雅な生活」。ま、ユーモラスな点は清張にはありませんが、全体のタッチは軽め。そういう意味では、他作品もオチが目立つ分、深みはないかもしれません。折原=長編というのは、あながち間違った思い込みではない、そう思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/21 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/21 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/17 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む