サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. アレクサンドリア四重奏 2 バルタザール

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アレクサンドリア四重奏 2 バルタザール
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-62302-3
  • 国内送料無料

紙の本

アレクサンドリア四重奏 2 バルタザール

著者 ロレンス・ダレル (著),高松 雄一 (訳)

ある日突然、バルタザールがやってきて、ジュスティーヌをめぐるぼくの手記が、真実から遠く離れていると告げる。ジュスティーヌがほんとうに愛していたのはぼくではなく、ぼくは嫉妬...

もっと見る

アレクサンドリア四重奏 2 バルタザール

2,592(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日突然、バルタザールがやってきて、ジュスティーヌをめぐるぼくの手記が、真実から遠く離れていると告げる。ジュスティーヌがほんとうに愛していたのはぼくではなく、ぼくは嫉妬に狂った夫の目をくらますための囮に過ぎなかったというのだ。真実と思っていた過去を、ぼくはすべて再構成してみる必要に迫られた。愛の真相はいったいどこにあるのか。このアレクサンドリアの街に、ほんとうは何が起こったのか—。【「BOOK」データベースの商品解説】

ジュスティーヌがほんとうに愛していたのは、ぼくではなかった。愛の真相はいったいどこにあるのか。このアレクサンドリアの街に、ほんとうは何が起こったのか−。恐るべき愛の企み! 謎が謎をよぶ愛の4部作の第2部。〔「バルタザール」(1976年刊)の改題改訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロレンス・ダレル

略歴
〈ロレンス・ダレル〉1912〜90年。インド生まれ。作家。「にがいレモン」でダフ・クーパー賞を受賞。ほかの著書に「黒い本」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

魅力的な人妻ジュスティーヌを崇める青年の愛の賛歌に、老獪で不穏な響きが重ねられる四部作の第2巻。千夜一夜物語のようなエピソードに幻惑されて……。

2007/08/19 20:47

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若き日の一所懸命の恋愛は、お互いまだ体から良い匂いが立ち昇るし、経験の浅さも手伝って相手を生涯最高の人として尊重し、デートやアニバーサリーのたびごとにマメに手をかける集中力もある。演出に精いっぱいの手間をかけ、甘やかな陶酔に身を任せ「最高」を極めようとするとき、恋愛は大輪の花を咲かす。そして、生きることの、いや、生まれてきたことの意義を提供してくれるのだ。
 アレクサンドリアのあだ花、もとい社交界の華でエキセントリックなユダヤ女性ジュスティーヌと恋仲になった貧乏教師「ぼく」の回顧に始まるアレクサンドリア四重奏の第1巻『ジュスティーヌ』は、彼の青竹のように生硬な音出しが特徴的であった。運命や生、恋愛に向かう青年の姿勢が生硬なのである。その彼が描き出す都市アレクサンドリアとその申し子の女性の物語は、馥郁たる言葉のトリルやメロディーラインで美しい蜃気楼を現出してみせるのであった。
 魅力的な人妻への思いを遂げたことで、若者は文学の霊感を得た。堰を切ったようにあふれ出す言葉や表現の魔術的力に押し流され、彼は自由な都市とイメージが交錯するジュスティーヌの開放的気風を崇める。
 四重奏というからには、四者の音が雑音なく響き合うはず。悩ましい青年の、硬いながらも夢まぼろしを描き切ろうという音に、どういう音がまず重なるのか。それが楽しみで、読み始める。だが、「ぼく」にとっては何とも扱いにくい音が降ってきて、どう合わせたらよいものかと持て余す感じなのである。
 自分とは血のつながりのない幼子を連れ、アレクサンドリアに疲れた身をいやしに島に来た青年のところに、あやかしのように現れたバルタザールは、ジュスティーヌの精神的支えである友人だった。神秘思想に造詣深く、男色趣味にして性病医。教師上がりの小説家「ぼく」に比べれば、いかにも海千山千の人物だ。
 青年が最愛の人の名を冠して書いた体験の手記に、老獪な医師はご丁寧な行間解説や但し書きを入れて持参する。「極上の女に目をかけられたからといって、調子こいているんじゃない。彼女が本当に愛していたのは別の人物だ。お前にはその事実も含めて何にも見えちゃあ、いないのだ」的なお節介な解説を提供してくれる。したがって、「ぼく」に至福と悲痛をもたらしたアレクサンドリアの日々が、第1巻とは違って、時に裏焼きのようにして語られ、ジュスティーヌと彼女を取り巻く人びとの過去、その過去が人物に加える奥行きが、各人の相貌を新たなものにしてしまう。なるほど。音は重なれば、明るい主旋律に不穏な響き、伸びやかな広がりを見せるのだ。老獪なバルタザールの出す音は、とりあえずのコンサートマスター「ぼく」の第1バイオリンに対して、トリッキーな第2バイオリンか、ドスの利いたコントラバスか、あるいは?
 今後、音がどう重なることでアレクサンドリアという社交場の位相がどう変わるかが期待される。いま一つ気にかかるのは、四重奏というからには「音合わせ」があるわけで、それが一体何かということ。少なくとも、本巻までならどうとでも読み取れる。先に書いた「開放的気風」もそうだし、「揺らぎ移ろい行くものに身を任せる快楽」やら、「愛に裏切られる痛みの受容」やら何やら……。
 4巻の中での本書の位置づけに戸惑うので中途半端な小説だが、それにしてもここに挿入されるエピソードの文学的絢爛ぶりはどうか。ジュスティーヌの夫でアレクサンドリア経済大立者ネッシムの帰省場面が非常に強く脳裏に焼き付けられる。わずか1ページに書かれたネッシムの母の娘時代の栄光と家庭生活と酷い不幸、そしてベドウィンのキャンプを目指すネッシムと弟の砂漠横断の旅の躍動感。この40ページ程度を繰り返し読むだけで、数冊の小説を読むほどの感情の波が押し寄せる。それだけで、「20世紀文学の傑作」の片鱗に触れた気にさせられるのであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/07 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/16 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/06 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む