サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2007/05/01
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:19×23cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-8340-2128-8
絵本

紙の本

よじはんよじはん (世界傑作絵本シリーズ 韓国の絵本)

著者 ユン ソクチュン (ぶん),イ ヨンギョン (え),かみや にじ (やく)

【産経児童出版文化賞翻訳作品賞(第55回)】小さな小さな女の子。となりの店に行って聞いたの。「おじさん、おじさん、今何時。母さんが聞いてきてって」 まだふつうの家には時計...

もっと見る

よじはんよじはん (世界傑作絵本シリーズ 韓国の絵本)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

旅する想像力 世界のおはなしセット 10巻セット

  • 税込価格:14,960136pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【産経児童出版文化賞翻訳作品賞(第55回)】小さな小さな女の子。となりの店に行って聞いたの。「おじさん、おじさん、今何時。母さんが聞いてきてって」 まだふつうの家には時計がなかった、昔の韓国を舞台にした絵本。静かでのんびりとした世界を、どうぞ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ユン ソクチュン

略歴
〈ユンソクチュン〉1911〜2003年。韓国を代表する童詩作家。
〈イヨンギョン〉1966年生まれ。ソウル大学美術学部東洋画科卒業。絵本作家。作品に「ふしぎなかけじく」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

芦田愛奈ちゃんと、どっちがかわいい?

2011/08/21 07:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今、子役がブームらしい。
 芦田愛菜ちゃん、加藤清史郎くんなど、彼らをTVで見ない日はないくらいです。
 なんといっても仕草がかわいい。おとな顔負けの表情はしているのですが、そこは子供。憎めません。つい、プリンアラモードぐらいはごちそうしてあげたくなります。
 絵本の世界にもかわいい子供を主人公にした作品がたくさんあります。
 絵本という、子供向けの作品ですからどうしても子供か動物が主人公になりやすいですが、それでも本当にかわいい子供が主人公の作品はそれほど多くはないのではないかしらん。
 大人が絵本を読む場合、ちょうど芦田愛菜ちゃんのような愛くるしい子供が主人公の物語だと感情移入がしやすいように思います。
 でも、それって何でしょう。自分の子供(あるいは孫)もそうであって欲しいという願望なのでしょうか。それともそばに置いておきたいぬいぐるみ感覚なのでしょうか。

 韓国の絵本『よじはん よじはん』に登場する「ちいさな ちいさな おんなのこ」は、愛くるしい子供のなかでも屈指といえるかわいさです。
 おでこが広くて、細い目。平べったい鼻に、ちょこんとした口。韓国の民族衣装もかわいい。
 そんな女の子がお母さんから「いま なんじか」っておうちの隣のお店に聞きにいく。隣ですから、そのまま帰ればなんの問題もなかったのですが、お店の庭のにわとりが気になったり、蟻の行列についていったりして、家に帰りついたのはもう日も暮れた時刻。
 それでも、女の子は平然と「かあさん かあさん いま よじはん だって」と。

 なんというかわいさでしょう。もうあたりは暗くなってきていますから、「よじはん」なわけはないのですが、この女の子がいうと、すべて許してしまいそう。
 こんなかわいい女の子に出逢えただけでも、この絵本を読んだ値打ちがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間のゆったりと流れるここちよさ。ストーリーも絵も、ほのぼのと美しく、ユーモラス。

2007/06/23 22:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 韓国朝鮮の田舎の村を舞台に、まだ、普通の家には時計のなかった時代〜分刻みで追われることなく、時間が大きくゆったりと流れている時代〜のおはなしである。その中でも、特に、子どもの時間というものは、ゆったりと過ぎていく。
 かあさんにいわれて、となりの店まで時間を聞きにきた小さい女の子は、「今、4時半」だと教えてもらう。ところが、帰り道。女の子は、にわとりの水のみに見とれ、アリの行列についていき、とんでいくトンボを追いかける。そして、おしろいばなをみつけたら、そのみつをすい…。なんとも子供らしい!
 そうこうするうちに、もちろん時は過ぎ、となりの店で見てきたはずの時間「4時半」は、とっくにすぎてしまっている。でも、女の子は、家に帰って、かあさんに伝える。無邪気に、「いま よじはん だって」と。
 となりの店(雑貨屋)の懐かしい店先! ラジオを修理しているおじさん。駄菓子、かさ、しょうゆびん、缶詰、裸電球…。夕方の家では、縁側であかんぼうにおっぱいをふくませるおかあさん、家の中でご飯を食べているきょうだい三人(おにいちゃん、おねえちゃんたち)。すべてが、心の奥をくすぐるようななつかしさ。これは、韓国の風景だが、日本の昔の風景も大きく変わるものではない。それよりなにより、この絵に表されている時間の流れ方〜子どもの頃の、あるいはあの時代の〜というべきものに郷愁を覚えるのかもしれない。
 韓国の、民族のあり様を伝えようとする意思をも感じさせられる絵本だが、ストーリー、絵のタッチともほのぼのと美しく、また韓国絵本の実力を見せられた気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほのぼの昭和のかほり

2016/12/31 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りりー・かさぶらんか - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国の絵本ですが、日本の昭和臭がただよう作品です。

同じ、アジア圏だから、韓国も日本も昔はこんな感じでほのぼの感ただよう時間が流れていたのでしょうか。

あくせくしないで、この絵本の登場人物たちのようにゆったりまったり過ごしたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/04 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/11 06:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/07 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/25 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/09 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/27 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/25 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/01 04:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/07 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/12 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。