サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. グランドマスター! 総長はお嬢さま

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グランドマスター! 総長はお嬢さま(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/268p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601032-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

グランドマスター! 総長はお嬢さま (コバルト文庫)

著者 樹川 さとみ (著)

ミトラーダに九十三年ぶりに陰の総長、すなわち女性総長が復活した。ハルセイデスはミトラーダ修練会本部から指令を受ける。指令とは“黎明の使者団”を率いて、女性総長シアシーカを...

もっと見る

グランドマスター! 総長はお嬢さま (コバルト文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ミトラーダに九十三年ぶりに陰の総長、すなわち女性総長が復活した。ハルセイデスはミトラーダ修練会本部から指令を受ける。指令とは“黎明の使者団”を率いて、女性総長シアシーカを守り、つつがなく大陸をめぐる旅をやりとげることだ。ところが、一般市民から集められた団員たちは使命感も責任感もないし、異常な食いっぷりと奇抜な行動をとる、美少女シアシーカにも怒り心頭で…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

おかしな人々の珍道中

2007/06/04 19:56

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界観も設定もまるで表現されておらず、ひたすらキャラクターでストーリーが展開される
「僧兵集団ミストラーダに93年ぶりに誕生した姫総長」
意味が分かるようでまるで分からないが、そんなことはお構いなし
天然系お嬢様シーカとその護衛の長となった生真面目で気難しい青年ハル、お供集団の奇妙な人々の珍道中の物語
シーカとハルの掛け合いが面白く、少しずつお互いの気持ちが変化していくのがにやりとさせられます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/19 20:51

投稿元:ブクログ

大食らい変態美少女巫女シーカと、一癖も二癖もあるお供達をまとめる気苦労の絶えない鬼団長青年ハルセイデスのお話。

既にシリーズが終わってしまっているので、そんなにネタバレしない程度に感想を書くならば、一気に読んだ方が分かりやすいお話だと思います。
キャラそれぞれに一癖も二癖もあり、巻を進めるごとにキャラの性格を掴んでいきやすいと思います。
後(この樹川さんの書き方なのか?)シリーズ全体を通して、名前のないサブキャラにも色々とスポットが宛てられることが多いです。それも魅力の一つかな。
後はそんなに難しい回しが少なく、テンポよくさくさくしています。
ただその分(?)設定についてはあまり語られないところも多く、物足りないことがあるかも。

保護者と被保護者的な関係がお好きな方にはオススメだと思います。

2007/06/09 01:50

投稿元:ブクログ

天然なお嬢様と頑固な騎士様…ぽいシチュエーションですが、そうはいかないのがこのひとのコメディ。
ばかばかしくて、でも憎めない、素敵なキャラがいっぱい出てきます。
これからも読まなきゃ、って思えるシリーズ。良作。

2008/05/26 20:35

投稿元:ブクログ

ぽや〜っとした姫総長と取り柄のなさそうな従者たちを引き連れて、巡礼の旅をする苦労する団長のお話???
たぶんそれなりに面白いとは思うんだけど、どうもイキナリ場面が飛んだりして説明不足すぎる。
さらにそんなに必要か?ってくらいキャラがいるのも意味不明。だんだん増えるならまだしも最初から多い・・・。

2007/08/31 13:07

投稿元:ブクログ

あまりに外見とのギャップがあるヒロインが面白い!
どうやら続きがありそうですが、堅物を装ってる彼が、どう本性をさらけ出していく(というかさらけ出される?)かが楽しみです。

2007/09/20 00:30

投稿元:ブクログ

これだけの大所帯でそれぞれのキャラがたってるのが素晴らしい。
ひとくせふたくせもあるキャラはそれぞれ謎に包まれてて、みんな「実はいい人」。
主人公も無敵だし、ここらへんは作者のパターンだと思うのですが、むしろそれが好きな人にはたまらないですね。
読んでて気持ちの良い文体や、テンポの良さは相変わらず。
「楽園の魔女たち」ファンの方には是非おすすめしたいです。

2009/12/20 16:25

投稿元:ブクログ

http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-39.html

2009/09/15 22:34

投稿元:ブクログ

楽園シリーズとはまた一風ちがいますが、あのドタバタ感はついでますね。
楽園シリーズでは男性キャラが少なかったのですが、今回は逆。女性がシアシーカしかいない。
しかし、この彼女の性格がまるっきり中年オヤジなのが笑えます。
長い話の1話目という感じなので、読み進んでいかないとなんともかんとも。

しかし、ハルセイデス団長、若いのに苦労ばっかり背負い込んでますな(^^;

2009/08/10 22:58

投稿元:ブクログ

天然大食い女と堅物男、そして個性的なキャラたちが巻き起こす、コメディファンタジー珍道中
ちょっと、水戸黄門風。
シリアスとコメディが丁度いい割合で納まっています。

5巻までで、旅が一区切りして1章が終わる形。
「マ王シリーズ」や「スレイヤーズ」が好きな人は、結構好きかも。

2010/05/04 19:04

投稿元:ブクログ

というわけで(どういうわけだ)とうとうグランドマスター!シリーズにも手を出してしまった…
エネアドシリーズが面白かったものだからつい味をしめて。ブックマーケットに行ったらたまたまあったので、いつものようについ衝動買いしてしまった。
でも、面白かったー!!正直あんまり期待してなかったので(この作者の話は好きだけど、好きなわりには読む前にあんまり期待してない。まずくはないだろう、ぐらいの気持ち。コンビニのお弁当を買って、コンビニなんだからまずくはないだろう、と思うような。知らないお弁当屋で食べたことない弁当を買うような不安感はないけど、おいしいと評判のお店のランチを食べるときみたいな期待感もない)、思ったより楽しくてほっこり。
エネアドシリーズも嫌いではなかったけど、やっぱりこういうドタバタ劇のほうが楽しくて好きだ。今回は野郎ばっかりだったのに、全然気にならなかったな。まだまだ自己紹介編っていう感じがしたけど(楽園の魔女たちの1冊目もそんな感じだった)続きが読みたいと思った。

2010/07/08 13:46

投稿元:ブクログ

グランドマスター!の一冊目。なんかいいですよね、人がワサワサって一杯出てきて、しかも美男美女まみれじゃない感じがw(もちろん美男美女もいいですけどw) 賑やかな作品がお好きな方にはお勧めです♪


2010/3/13(土) 読了

2010/09/30 20:30

投稿元:ブクログ

○抜粋

“知らない”ことと、“知ることもできない”のは、大きなちがいだわぁ
→154からの学問の流れにはハッとさせられる
歴史を学ぶことが無意味なら、自分の名前を書くこともまた無意味なのかもしれないけれど。でも、さびしい。

2010/12/15 19:03

投稿元:ブクログ

自分にとってのラノベの原点が樹川先生だったため読みやすく感じた。テンポが良い。 絵も有名な方なので是非読んでいただきたい。

2007/12/03 13:18

投稿元:ブクログ

かなりズレ気味なヒロイン姫総長シーカや、団長のハルセイデスをはじめとして、個性豊かな人々が登場して、とても面白かったです。でも、この1冊を読んで思ったことは、登場人物以外の世界観(国とか政治とか宗教とか)がちょっとわかりにくいんだよね〜ってことでしょうか。2冊目以降を読めばわかるのかな。それに妙な格好をしているらしいデゥルガさんのイラストが見てみたかったです。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る