サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヘビイチゴ・サナトリウム(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-47101-9
文庫

紙の本

ヘビイチゴ・サナトリウム (創元推理文庫)

著者 ほしお さなえ (著)

「みんな飛び下りて死んじゃった。なんでだろう?」中高一貫の女子高で、高三の生徒が屋上から墜落死した。先輩の死を不思議に思った海生は、友人の双葉と共に真相を探りはじめる。様...

もっと見る

ヘビイチゴ・サナトリウム (創元推理文庫)

886(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「みんな飛び下りて死んじゃった。なんでだろう?」中高一貫の女子高で、高三の生徒が屋上から墜落死した。先輩の死を不思議に思った海生は、友人の双葉と共に真相を探りはじめる。様々な噂が飛び交う中、国語教師も墜死した。小説家志望だった彼は、死んだ女生徒と小説を合作していたが、何故か死の直前に新人賞受賞を辞退していて…。すべてに一生懸命だった少女たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

「長い手紙が読みたい。誰でもいいから僕への手紙。

2007/08/02 03:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

メールでもなく。電話でもなく。紙に書かれた手紙。」(「長い手紙」2006年のアルバム「東京の恋人」収録)と豊田道倫氏は歌い上げる。郵政民営化とかで騒いでるときに、忘れがちだったのが、ずいぶん長い間、紙の手紙を受け取っていないということだった。誤配どころか配達されない、投函すらされない「手紙」。「郵便の不在」。
 「いまにして思えばファンショーがそこにいたような気がする」(ポール・オースター「鍵のかかった部屋」冒頭)、そしてそこから柴田元幸先生の白水社訳では、そのページをめくった、2行目「七年前の十一月のことだ。僕はソフィー・ファンショーという女性から一通の手紙を受け取った。」ところから物語が起動する。
 本書第二章が「鍵のかかった部屋」と題され、ポール・オースター氏の名前が頻出するように、本書にとって氏とこの作品は切り離せない存在である。内容のみならず構造的に。 本書では「紙に書かれた(手書きの)手紙」は一通も登場しない。古い順に並べると。電話、Fax(厳密にはこれには手書きもある)、ワープロ専用機、留守電、パソコン、携帯、サイト。実は誰が書いたか分からない、回覧されてしまったメモだけが例外だ。そしてそのメモが…。まあこのへんで。
 90年代前半に「手書きとワープロ(専用機?)併用」(著者あとがき、より)で書き始められた本書は、「文字」が人の手を離れていくことを一つのテーマとしている。あとワープロ専用機しか使えない人、他人にパソコンの中身を見せることの重要性(糸山秋子氏の芥川賞受賞作「沖で待つ」はこの設定抜きには成り立たない)が理解できない世代の存在がそれぞれ、物語の展開を支えている。
 基本的に、手書きでない文字は、紙の上では、誰が書いたか分からない。しかし、パソコン:ソフト:WEB上のテクノロジーの上では、「どの機械」「いつ」「誰の名義で」は、紙より簡単に(IPアドレスなどで)、突き止められてしまう。しかし、「名義」以上にはさかのぼれないのだが。
 手書きの文字は、本人さえ捕まえることができたら、同定できる。その本人を捕まえるまでが、ミステリーの基本なのだが。手書きでない文字は名義を特定したあとも、限りなく疑惑の循環は収まらない。ネットの上に無限に名義人候補が登場してしまうのだ。
 ところで。図書室:美術部室:屋上、文科系軟弱男子の三大基地である。本書は女子校である。文科系軟弱男子の末裔は登場するが。女子校でこの三大基地に居を構える彼女たち。せめて一人、軽音楽部か、弓道部or卓球部(学校によっては疑似文系である)を混ぜていただけたら、思ってしまった。いや。女子校は。よく分からないので。
 「泣きながら あの娘は 電話をかけてくるのさ そんな電話がいつも鳴る もっとおちついて もっとおちついて 僕を愛して」(「もっとおちついて」、RCサクセション(忌野清志郎先生)、1972年のアルバム「楽しい夕に」収録、より)多分、35年前のこちらは公衆電話だろうけど。人生いろいろ。メディアもいろいろ。歌は世につれ、世は歌につれ…。失礼しました。
 と。ここまで書いてきて。「ファンショーの奥さん」からの手紙がタイプライター打ちか手書きか、わからない。かなりの可能性でタイプライターであることに気がついた。白水社版「鍵のかかった部屋」の表紙にはタイプライターのイラストがある。うーん。打ち直した方がいいかな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/08 04:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/11 05:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/09 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/16 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。