サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

滴り落ちる時計たちの波紋(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-771732-2
文庫

紙の本

滴り落ちる時計たちの波紋 (文春文庫)

著者 平野 啓一郎 (著)

ネット展開するグレーゴル・ザムザ、引き篭もり世代の真情あふれる「最後の変身」から、ボルヘスの〈バベルの図書館〉を更新した「バベルのコンピューター」まで、現代文学の旗手によ...

もっと見る

滴り落ちる時計たちの波紋 (文春文庫)

648(税込)

最後の変身

100 (税込)

最後の変身

ポイント :0pt / 紙の本より548おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ネット展開するグレーゴル・ザムザ、引き篭もり世代の真情あふれる「最後の変身」から、ボルヘスの〈バベルの図書館〉を更新した「バベルのコンピューター」まで、現代文学の旗手による文字どおり文学の冒険。さまざまな主題をあらゆる技法で描きながら突き進むこの作品集は、文学の底知れぬ可能性を示している。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

白昼 9-16
初七日 17-90
珍事 91-97

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

案外読みやすかったです。

2016/06/26 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説がそれを読んだ人の心を刺激し、何らかの感情引き出すものであるとしたら、この作品は私に不安と焦燥を与えた。

全体としてタイトルや装丁で抱いた「読み辛いかな」という感じほどには難解でもなく、理解できたかどうかは別にすれば案外すんなりと読み終えることができました。

読み終えた際の一番強い思いは、「こんな小説が商業的に成立するなんていろんな意味で大したものだ」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分は何なのか、

2014/11/22 18:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は何なのか、変身する俺は、何なのか、ずっと作者が読み手に問い掛けてくる。自分自身が思うように人からは見えてないかもしれません。本当の自分が何なのか、考えることさせてもらいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だまし絵の面白さ

2012/09/05 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いたちたち - この投稿者のレビュー一覧を見る

伝統的なショートショートのきたるべきどんでん返しに今か今かとわくわくするのも、実験小説の形式のねじれと異形に今か今かとわくわくするのも、読書の愉しみという意味においては本質的に変わらないのだと思う。若くして芥川賞受賞という実績を作ったことで平野啓一郎はそこのところの試みの場を得たのだろう。

この短編集、面白いかというとそれはそれなりに面白いのだけど、それはだまし絵の面白さであって、残念ながら動かされることはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/07 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/03 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/29 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/09 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/22 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 02:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/16 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/21 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/30 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/10 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る