サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. テロリストのパラソル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テロリストのパラソル(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 92件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-384701-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

テロリストのパラソル (角川文庫)

著者 藤原 伊織 (著)

ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場か...

もっと見る

テロリストのパラソル (角川文庫)

637(税込)

テロリストのパラソル

626 (税込)

テロリストのパラソル

ポイント :5pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとする—。小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【直木賞(114(1995下半期))】【江戸川乱歩賞(第41回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー92件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

一気読み

2017/01/08 19:09

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みの面白さです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わくわくさせること間違いなし!藤原ワールド全開!

2016/01/17 20:36

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

藤原氏の作品はすべてにおいて計算しつくされたというか、ストーリー展開において完璧なまでの緻密さをもっています。この作品もその一つです。直木賞と江戸川乱歩賞の同時受賞というのもうなずける傑作中の傑作です。
ハードボイルドファンには、見逃せない一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変動する時代に、人は不動の過去に絶望する

2008/02/16 02:18

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

悲しく、切なく、絶望が起こした惨劇が横たわっている。
アル中バーテンダー・島村の前に突然起きた惨事、爆弾テロ。巻込まれた被害致死者の中にかつての恋人があり、その娘・塔子が現れ、事件の発端が20年前、60年代「あの時代」にあることに気がつく。奇妙なヤクザ浅井、ホームレスの死、かつての親友の影…話は次第に過去へと遡り、変わりはて、失くしてしまったものの大きさ、それでいて変わることが出来ずに器用に生きられなくなってしまった彼らの悲劇が終幕へと進む。

あまり警察サイドの描写がなくて、国家間の事情や裏のあれこれがはしょってあるからかもしれないが、なんだかご都合主義っぽい気がしてしまう。
おじさん臭さというのか、かっこつけすぎ。
だが、60年代を学生としてあの時代を闘ったオジサンたちが主人公なのだから当然かもしれない。正直、私はあの時代のなんたるかなんて解らない世代だし解るといったら失礼だろうとも思う。
解るのは今の現代人には欠落した「理由のある暴走」パワーを満々と持っていたということ。一見わけのわからない不条理な熱情に見えても、彼らは何かに憤り、何かにぶつけ、炸裂していった。敗北を知った、弱い人間の、必死な足掻きが溢れている。
犯人である「彼」は20年前からずっと、この現代になってもなを、どうにもならない敗北に足掻いている。彼は人間はどんな時に絶望するか、知っているか?といい、どうにもならない事実、不動の事実を突きつけられた時だ という。
非情な、絶対に動かない事実、現実を目の当たりにしたとき 人間は絶望する。
私はこの言葉に打たれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

複雑な展開

2016/11/05 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

アル中の主人公が、日々の日課の公園散歩に行ったところ、爆弾が爆発、死傷者多数。昔テロを企てたとされて逃げ隠れして生きてきた主人公は今回のも犯人とされ、再び逃げ隠れしつつ真犯人を捜そうとする、というお話。最初は濡れ衣に訳の分からない展開で読みづらかったですが、少しずつ色々わかってくるにつれ、引き込まれました。
ただ、登場人物の名前を覚えるのが下手なのに電子書籍で読んでしまったため、「この人、あの時の人かな。」と思ってもぺらりとめくって確認することができず、終盤の内容を把握するのに苦労しました。電子書籍は持ち運び楽ですが、複雑な内容のお話には向かないですね・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/18 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/27 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/20 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/18 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 03:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/13 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/28 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/29 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る