サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

塩の街
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 428件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: メディアワークス
  • サイズ:20cm/421p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8402-3921-9
  • 国内送料無料

紙の本

塩の街

著者 有川 浩 (著)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた—。“自衛隊三部作”の『陸』にもあたる、有川浩の原点。デビュー作に、番外編短編四篇を加...

もっと見る

塩の街

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた—。“自衛隊三部作”の『陸』にもあたる、有川浩の原点。デビュー作に、番外編短編四篇を加えた大ボリュームで登場。第10回電撃小説大賞“大賞”受賞作を大幅改稿。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞〈大賞〉(第10回)】塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。2人の中で何かが変わり始めていた…。自衛隊三部作の陸自編。〔電撃文庫 2004年刊の改訂増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

塩の街 3-234
塩の街、その後 237-414

著者紹介

有川 浩

略歴
〈有川浩〉高知出身。第10回電撃小説大賞大賞受賞作「塩の街」にて2004年作家デビュー。著書に「空の中」「海の底」「図書館戦争」シリーズなどがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー428件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

図書館戦争の原点だったとは

2007/07/06 23:57

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫版を持っているのでハード版が出ると知ったときも特に買う気はなかったのですが、新聞広告に「大幅改定!」と書かれていたのでついつい買ってしまいました。…買って良かった。
 ある日突然、東京湾に巨大な塩の柱が落下する。同時に周辺の人間達が塩の柱になるという現象が発生する。無政府状態になった日本では、治安が悪化するとともに、塩化は徐々に進行していく…。そんな世界で出会った航空自衛官秋庭高範と高校生小笠原真奈。そんな彼らとめぐり合い別れて行く人達の物語。そして、世界の再生。
 文庫版のラストシーンの一部削除と併せて追加された前日・後日談が読ませます。メインキャラ二人の幸せな物語も良いのだけれど、野坂夫妻と入江を主人公とする短編が個人的には好き。本編では描ききれなかったそれぞれの深さを見せてもらったような気がします。もしかすると、高範と真奈よりも深みが増しちゃったかも。
 文庫版はこれから世界はどうなるんだろう?という想像の余地を残して終わったけれど、ハード版では丸く収まって解決という雰囲気になっています。そのことを覚悟して読んだ方が良いかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有川浩さんのデビュー作!

2014/09/03 17:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊のコロボックル本の話題から、有川浩さんなら、この三部作がオススメと聞いて、読んでみました。
まずは、塩の街!

聞けば、有川浩さんのデビュー作なんだそうですね。

まずはその物語のスケールの大きさにビックリしました。
地球が塩化され、人間も…。
その描写が想像以上であり得ないと思いつつ、
いつのまにかその世界に入り込んでしまったって感じです。

両親を塩害で亡くした女子高校生と自衛隊の青年とのラブストーリーがからみ、こちらも最期までハラハラさせられます。

自衛隊の日々の生活も垣間見られ、なんだかとっても新鮮でした。三部作、続いて読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/19 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/16 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/16 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/09 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/26 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/10 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/14 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/12 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/13 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/14 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る