サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party’s story

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party’s story(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/339p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3914-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party’s story (電撃文庫)

著者 渡瀬 草一郎 (著)

あれから約十年—アルセイフの王宮で王弟・フェリオの子供・アスティナとリグルスの教育係を任されているシアは、二人を捜して王都・セイラムを駆け回っていた。やんちゃな二人が城を...

もっと見る

空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party’s story (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あれから約十年—アルセイフの王宮で王弟・フェリオの子供・アスティナとリグルスの教育係を任されているシアは、二人を捜して王都・セイラムを駆け回っていた。やんちゃな二人が城を抜け出すのはいつものことだが、今回は養父のムスカ司祭がフォルナム神殿から訪れる大切な日。王宮ではささやかなお茶会の準備も進められている。慌てるシアだが、そこで思いも寄らぬ人物と出会い—?王宮騎士団の迷(?)コンビ・ライナスティとディアメルや、北方民族の美しき守人・シルヴァーナと、ラトロアの剣士・ハーミットのその後など、本編では語りきれなかった、キャラクター達の“過去”や“未来”が明らかに。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファン向け脇役達の設定ストーリー

2007/09/08 18:35

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

「空ノ鐘の響く惑星で」のサイドストーリー
シアをメインに思い出話として纏められています
脇役達を掘り下げる短編で、ファン向けのこぼれ話という感じ
シリアスな話もあって、意外と重い
設定をそのままストーリー化した印象もあり、もっとハジケた話も欲しかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/10 23:32

投稿元:ブクログ

序章 リグルスとアスティナに振り回されるシア
「錬金術師ノ嘆息」シルヴァーナとハーミットのその後「幻惑ノ剣士」ライナスティの生い立ち「二人ノ結婚式」ベルナルフォンとシェリヌ「王ト王妃ノ今日コノ頃」王への思いに悩むソフィア
 短編集ですが、幕間を軸にうまく話がつながっている感じです。10年後ということで、皆幸せそうで子どももいっぱい出てきました。ベルナルフォンの過去の話が他の話が甘いだけにとてもせつなく哀しく思えました。ライナスティの過去はすごい気になっていたので、読めてよかったです。

2008/07/23 00:55

投稿元:ブクログ

フェリオの子供の話、シアの奮闘、ブラドーとソフィアの話などほほえましいものがある反面、ベルナルフォンの過去の話はせつなくてぐっときた。

2007/11/15 00:54

投稿元:ブクログ

短編集。中でもライナスティとベルナルフォンの話が特に好きだったかなー。一夫多妻制に慣れていないせいか、あの3人の関係はしっくりとこないのですが、でもやっぱり空鐘は良いです。

2007/07/31 15:16

投稿元:ブクログ

ベルナルフォンの過去重ッ!という感じで脇キャラ中心の短編集です。短いので軽くさくっと読めます。甘めな内容。

2007/07/28 01:29

投稿元:ブクログ

完結した本編の後日談的サイドストーリー。エアル家の三男坊の将来がわかってにんまりなのと、ベルナルフォンが独身を貫く理由は本編に入れてもいいんじゃないかと思うくらいによかったです。切ない…。何はともあれ、彼らにもう一度会える機会をくれた一冊。ファンの声ってすごいのねー。

2007/07/26 15:16

投稿元:ブクログ

本編12冊+外伝1冊で完結。
読もうとする時は気合がいるけど、読み進めている間は夢中になる、そんなシリーズでした。群像劇◎

2007/07/22 14:27

投稿元:ブクログ

本編のその後のストーリーです。
各お話の合間に入っている導入部も良かったです。
一番ぐっと来たのはベルナルフォンのお話し。
切なくて哀しくて、涙が出ました。

2007/09/21 19:25

投稿元:ブクログ

本編で詳しく書かれなかった部分の補足本。特にシルヴァーナとハーミットのその後が読めてうれしかったです。気になってたんだ!

2007/10/04 16:51

投稿元:ブクログ

ほろり、にやり、としてしまった外伝。
シルヴァーナとハーミットのその後にホッとしつつ、あの彼にどき!
ベルナルフィンの過去には切なくなりました…。
彼らの和やかな日々の様子に思わずにやけてしまいます。

2007/10/25 21:36

投稿元:ブクログ

全12巻の外伝。12巻から1年後くらいだったかな・・・。二股男が二股のまま突き進んだ話。ハッピーエンドでスバラシイ。パンプキンが最高です

2009/11/07 07:44

投稿元:ブクログ

図書館。
読者の熱い要望にこたえて出した短編集、だそうですで、
大変充実した内容でした!
これ読んで、完結!という感じで。

ラストで納得がいかなかった、フェリオが選んだ道も、
これを読んで、ベストだったのかもなぁ、と納得しました。

切ない話も笑える話もあってお得。全体的にスイート。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む