サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神無き世界の英雄伝(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/336p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3919-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神無き世界の英雄伝 (電撃文庫)

著者 鴨志田 一 (著)

純粋に対象の能力を見極めて“主”を選ぶ電子妖精。驚異的な演算処理能力によって戦闘をコントロールする彼女たちが選んだ人間が、そのまま階級にかかわらず提督として艦隊を率いるこ...

もっと見る

神無き世界の英雄伝 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

純粋に対象の能力を見極めて“主”を選ぶ電子妖精。驚異的な演算処理能力によって戦闘をコントロールする彼女たちが選んだ人間が、そのまま階級にかかわらず提督として艦隊を率いることになる。今回、コーデリアとオフィーリアという2体の電子妖精が式典で選んだのは能力と家柄を誰もが認める巨大複合企業の御曹司ロイ・クローバーと、そして式典で給仕をしていたコックのレン・エバンスだった。2人が提督に選ばれた直後、ミレニアムとクローバーを中心とする民間企業が連合組織『企業連盟』の樹立を宣言。企業連盟は人民共和国に対して独立戦争を挑む…!正統派スペースオペラ登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/07/11 22:59

投稿元:ブクログ

スペースオペラです。好きです、コレ。内容は
驚異の演算能力を誇り宇宙戦艦(及び艦隊)を司る「電子妖精」に選ばれたのは誰もが能力と家柄を認める巨大複合企業の御曹司と会場に居合わせたコック。
電子妖精が選んだ者は例え軍人ではなくとも望めば電子妖精の司る旗艦の提督として就任するという不文律で艦長になるコック
。それは激動の時代の幕開けでしなかった
ってとこか。
作者の人、この作品がデビュー作だそうです、ビビります、本作で1つの戦いは終わりましたが次作への振りで最後は終わります、そこそこ売れてシリーズ化されることを熱望!ヤンウェンリー似の彼がステキです。

2010/03/11 22:29

投稿元:ブクログ

10.1.31 友人Hから借りる
10.2.17 読書開始
10.3.6 読破

こういうスペースオペラ好きです。
めったに買わないけど(ほとんど借りてる、星界の紋章もでたまかも)。

専門的な用語は最初苦労するけど、波に乗ってしまえばこっちのもんです。
しかし、後半の最後の決戦で、読まなくなってしまうもう大変です。
宇宙の座標定理とか、物理的ルールがスコーン!と気持ち良く抜けてるので、3行ごとに「あれ?なんだっけ??」と前のページを繰らなければならない。
今回もそれで、ちょっと大変だった。
 
主人公1・元コックが末恐ろしい!
こいつ、何考えてんじゃっ!! 
どうも、感情移入できなかった。
オフィーリアとの絡みも少なかったのも残念。

主人公2・御曹司のほうは「頑張って!」と応援したくなるほど、活躍が少ない……こっちのほうが血の通った人間に感じるのに。
 
一番、花があって主人公っぽかったのは、敵将のアレティーノだったような……感情の描写の状況も一番同感できた。

全体的には、
1.主人公が誰なのか?
元コック・レンなのか、御曹司・ロイなのかが分からない。ふつうだったら元コックなんだろうけど、客観的な描かれ方ばかりで心理描写が少なく、主人公ぽくない、むしろ少なすぎて何考えてるんだか分からなくて怖い。ロイにしては、見せ場が少ない。
2.指揮官クラスの戦艦に就く電子妖精の良さって?
味方の戦艦一糸乱れず陣組めるってのはわかるんだけど、女の子である意味がわからない。いや、それ言ったらおしまいなんだけど。電子妖精も見せ場というかアピールの場が少なかった。一番、魅力的だったのがロザリンドだった……ああ、やっぱり敵だよ。

おいしい材料がそろっているのに、個性的なものばっかりそろえちゃって料理の方向性がとっちらかって、あれ?ってなことに。

このレビューもとっちらかってて言いたいことが、あれ?てなことに……。

 

2010/03/31 11:28

投稿元:ブクログ

純粋な対象の能力だけを見極めて自分の主を選ぶ電子妖精。そして彼女たちに選ばれることはそのまま艦隊を率いる提督になることを意味する。そして今回選ばれたのは誰もが認めるエリートであるロイ、そして式典会場の給仕レンだった。
超面白い。スペースオペラでは銀河英雄伝説以来のヒット。電子妖精に選ばれた天才たちによる艦隊戦、それに伴う凡人たちの憧れ、反発、畏れ。第一巻では敵の英雄アレンティーノとの壮絶な戦闘が描かれる。次第に明らかになるレンの天才性。アレンティーノもとても魅力的で単なるやられ役などではない。
骨太な熱い作品。
蛇足ですが電子妖精といっても萌え要素はほとんどありません。悪しからず。

2012/08/29 04:13

投稿元:ブクログ

遠い未来、宇宙戦艦を用いる戦場での天才用兵家二人。舞台はほとんどが戦場だが、なかなか面白く読めた。ただどうにも主人公が好きになれない。片方はうざいし、もう片方はいかにも「設定ばりばりだぜ」って感じで。

2015/12/03 21:32

投稿元:ブクログ

艦隊戦がなかなかうまく描かれていて面白かった。敵も魅力的な人物だったので仲間にならなかったのが惜しい。
まだ主人公の性格が明らかになっていないので他の天才用兵家との戦いでどのように描かれていくのか楽しみな作品。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む