サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. あなたは「三光作戦」を知っていますか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あなたは「三光作戦」を知っていますか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 新日本出版社
  • サイズ:19cm/157p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-406-05051-7
  • 国内送料無料

紙の本

あなたは「三光作戦」を知っていますか (日本にも戦争があった)

著者 坂倉 清 (著),高柳 美知子 (著)

殺しつくし、焼きつくし、奪いつくす。中国の人びとから「日本鬼子」と呼ばれるような蛮行を、なぜ自分たちは犯したのか-。日本軍が中国の華北で行った掃討作戦に参加した元日本軍兵...

もっと見る

あなたは「三光作戦」を知っていますか (日本にも戦争があった)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「あなたは「三光作戦」を知っていますか」が含まれるセット商品

中高生のための戦争体験 特選セット(CC 14巻セット

中高生のための戦争体験 特選セット(CC 14巻セット

  • 税込価格:20,142186pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

殺しつくし、焼きつくし、奪いつくす。中国の人びとから「日本鬼子」と呼ばれるような蛮行を、なぜ自分たちは犯したのか-。日本軍が中国の華北で行った掃討作戦に参加した元日本軍兵士が、自らの行為を赤裸々に告白する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに あなたは「三光作戦」を知っていますか
  • 第1章 軍隊へのあこがれ
    • 「戦争でもやらねえと…」
    • 戦争の足音
    • 甲種合格
  • 第2章 皇軍兵士となって-罪業の日び
    • 入営
    • 刺突訓練
    • 奇襲
    • 夜襲

著者紹介

坂倉 清

略歴
〈坂倉清〉1920年千葉県生まれ。中国帰還者連絡会会員。
〈高柳美知子〉東京生まれ。“人間と性”教育研究所所長。撫順の奇跡を受け継ぐ会会員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

必ず伝えなければならないこと

2007/11/07 05:39

14人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る


戦争は絶対にしてはいけません。
なぜか。
自分や自分の愛する家族を死なせたくないため、というのが一番です。
それだけでしょうか。
もうひとつの大きな理由は、自分が“人殺し”や“強盗”や“強姦魔”になりたくないためです。
戦争とは恐ろしいものです。ひとたび戦場に出向けば、平素はどんなに人のいい農夫や工夫や商人さんであっても、人が変わります。人を殺したり、物を奪ったり、女を犯したり、そんなことに対する抵抗感が一瞬にしてなくなるのです。
相手が兵士であろうと一般民衆であろうと見境がなくなります。女であろうと子供であろうと、すべてが敵に見えてきます。
こういった現象は、かつての日本の軍隊に、特に顕著に現れていたようです。
私自身、戦争に行かされてしまったら、何をしてしまうか、自分に自信がありません。だからまず、戦争を起こさないことに全力を尽くして努力することが大切なのです。
しかし、人間はおろかな生き物だとつくずく思います。自分や自分の家族が殺されることに対する怖さは理解できても、自分が“悪魔”になってしまうことの怖さはなかなか実感できないものです。考えてはいても、すぐに忘れてしまいます。
だから、中には、「まちがいなく勝てる戦争(自分や自分の家族に被害が及ばない戦争)であればしてもいいのではないか」とか、「ペルシャ湾あたりの遠い戦争なら、自分や自分の家族には関係のないことだし自衛隊が参加してもよいのではないか」などと考える人たちが出てきます。
それではいけないのです。
自分が自分らしさを保つため、人間として恥じない生き方をしていくためにも、日本を戦争に参加する国にしてはいけないのです。
だからこそ、戦争を起こさないための努力をしないといけないのです。
このことは、戦争をまったく知らない子供の世代にも、まちがいなく伝えていかなければなりません。
戦争を経験した人が、どんどん減ってきています。戦争を経験した人でないと伝えることのできない、究極の体験は、まちがいなく残していかなければなりません。
子供に伝える戦争。非常に大切な試みであると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/15 10:22

投稿元:ブクログ

戦争って本当におこしてはいけないんだと思わせる本です。
被害者意識の強い日本人だけれど
実際は加害者なんだなと。
そして残虐なことをしてきた日本人を
罪憎んで人を憎まずな態度で接してきてくれた中国人の方たちに
罪を犯したことを悔やむ時を作ってもらいよかったなと思いました。

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む