サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:20cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1347-0
  • 国内送料無料

紙の本

炭と菌根でよみがえる松

著者 小川 真 (著)

全国の海岸林で、松が枯れ続けている。葉山の御用邸から、出雲大社まで、40年にわたって、炭と菌根菌のついた松苗でマツ林復活を手がけてきた著者が、各地での実践事例を紹介し、マ...

もっと見る

炭と菌根でよみがえる松

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全国の海岸林で、松が枯れ続けている。葉山の御用邸から、出雲大社まで、40年にわたって、炭と菌根菌のついた松苗でマツ林復活を手がけてきた著者が、各地での実践事例を紹介し、マツの診断法、保全、復活のノウハウを解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 真

略歴
〈小川真〉1937年京都府生まれ。京都大学大学院博士課程修了。農学博士。大阪工業大学環境工学科客員教授。「白砂青松再生の会」会長としてマツ林の再生・修復のボランティア活動に従事。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

浜辺の松を救え!(幻のキノコ・ショウロが食いたいだけだったりして)

2009/04/23 22:43

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショウロというキノコをご存知?
 
直径3センチくらい、まんじゅう型の地味ぃ~なキノコで、海岸沿いの松林で採れるんだけど……つい先日、初めて食べました。ちょっと鼻につくくらいの豊かすぎるキノコ臭とショリショリとした食感が奇妙にアンバランスで、ほほえましい感じ。薄く切って、すまし汁なんかに浮かべたら結構おいしいだろうなー、などと思えるモノだったけど……今はこのキノコ、滅多に手に入らず、『幻の食材』あつかいされているみたい。
それもそのはず、全国的な松枯れで、海岸の松林そのものが瀕死になっているからなんだそう。そういえば、白砂青松なんて風景、最近ほとんど見ないですもんね。
 
――背景暗転、どこからともなく人の声――
 
S:ハッハッハ、それは違うよそこのキミ!
 
K:はっ、この声はいったい?
 
S:僕の名前はショウロマン!まあ、ショウロの精みたいなものかな?松がなくなったからショウロが消えたなんて、そんな一面的な見方では真実は見えないよ!
 
K:ショウロの精?一面的な見方?
 
S:そう!確かにショウロは松の根にとりついて栄養を集める。松がなければショウロは生えられないんだ。でもそのかわり、松の根の生長を助けてあげることができる。だから……
 
K:だから?
 
S:僕たちショウロがとりついた松はとても元気になる。松枯れ病にだって負けない木になるんだ!すごいだろ?松がなくなったからショウロが消えたんじゃない。僕たちがいないから松がダメになっちゃったんだ。
 
K:え?そうなの?じゃあキミたちをあちこちの松にとりつかせれば、海辺の松は生き返るんだね?
 
S:うん、それがね……
 
K:ダメなの?
 
S:そうなんだ。僕たちは落ち葉やゴミの少ない栄養の乏しい砂地じゃないと、すぐ他のキノコやカビに負けちゃうんだ。これまでは、キミたち人間が、燃やすための松葉や枯れ木をせっせと集めてくれたから、僕たちも長いこと生えていられたんだ。でも今じゃ、誰も松林の手入れなんかしてくれない。僕たちも松も今や風前の灯だよ……
 
K:そんな……なんとかならないの?
 
S:うん。まず手入れだね。茂った草や木を取り除いて、土をはぎ取り、きれいな砂といれかえて、若い松を植えてもらえれば。
 
K:うへぇ、なんだかすごく大変そう。
 
S:あと、炭だね。
 
K:炭?あの、バーベキューとかに使う?
 
S:うん。僕たちが菌糸を広げるのにとても都合のいい構造をしているんだ。他の菌を遠ざけるアルカリの成分も入ってるしね。どう?できる?
 
K:うん、時間と手間がすごいけど……何とかやってみる。
 
S:たのんだからね!それじゃ!
 
 
――って、どんな展開や!ま、それはさておき。
海辺の松を取り戻したいと願う人にはもちろん、キノコをはじめとした生き物に関心がある人にも、経験と実践に裏付けられた生きた知識がタップリの一冊。
 
現在の日本の自然というものは、長い長い人間たちの活動の末に作り上げられたものであって、けっして自然のみによって成されたものじゃない。古くからの風景が失われいくのを、ただ黙って見守るのか、それとも手を加えて守るのか……手つかずの自然というものが必ずしも豊かでないということを。人間もまた自然の一部であるということを。うーん、なかなかに奥が深い。
 
近年のキノコ関連本ではイチオシ。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。