サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. それでも町は廻っている 通称“それ町” 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

それでも町は廻っている 通称“それ町” 3(少年画報社コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

それでも町は廻っている 通称“それ町” 3 (コミック YKコミックス)

著者 石黒 正数 (著)

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第17回)】【「TRC MARC」の商品解説】

それでも町は廻っている 通称“それ町” 3 (コミック YKコミックス)

576(税込)

それでも町は廻っている(43)

43(税込)

それでも町は廻っている(43)

ポイント :0pt / 紙の本より533おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

それでも町は廻っている(42)

43(税込)

それでも町は廻っている(42)

ポイント :0pt / 紙の本より533おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

それでも町は廻っている(41)

43(税込)

それでも町は廻っている(41)

ポイント :0pt / 紙の本より533おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS BS Reader 無制限
Android BS Reader 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「それでも町は廻っている 通称“それ町” 3」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

楽しい日常

2015/08/18 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱里 - この投稿者のレビュー一覧を見る

安定した面白さの本作の第三巻目です。歩鳥らしいエピソードが多く、読んでいて青春だなぁと感じる場面も。
あと、最初のカラーはなんかエロいです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/25 22:41

投稿元:ブクログ

"「タッツン 私明日の朝行ってくるよ 出森マンション」
「やめときなよイタズラとかサギかも知れないじゃん」
「じゃ…真田をボディーガードに連れて行くから」
「……歩鳥 ねぇ…………もう 仕方ないから…私も行ってあげるわ」"[p.92]

2009/01/22 23:39

投稿元:ブクログ



お姉ちゃん隠れてて!! / お おうっ


あっ ユキコ!!今ここにサンタが来たんだ! 兄ちゃん ユキコに会わせてやろうと思ってつかまえようとしたんだけど
すごい速さで窓から逃げてった……

え〜〜〜〜〜 / もう見えないか…

あっ兄ちゃん!やねにぼうしがある!! / 本当だ / サンタがおとして行ったんだ!!

(第23話 まもれ サンタの夢)

2008/11/04 12:31

投稿元:ブクログ

誕生日、学園祭、クリスマスと、イベント盛りだくさんの巻です。
雪子ちゃんがかわええ〜。
カラーページも4ページあって、歩鳥が脱いでますw

2012/02/03 17:33

投稿元:ブクログ

「迷路楽団」が一番好き。学園祭のワクワク感や楽しさはもちろん、歩鳥、辰野さん、紺先輩の魅力と見せ場がきっちり描かれた上で、あの変則的なバンドの演奏場面では温かい気分になれるという。演奏はへっぽこだったに違いないけど、先生、生徒、バンドのメンバーがみんな楽しそうな顔していたからかな。
「呪いのルーレット」も面白かった!森秋先生の頑張りが泣ける、いや笑える。あとサンタの話も好きだなー。

2010/07/01 03:32

投稿元:ブクログ

レンタル。
ご町内コメディ。亀井堂のおねえさん静さんがここから登場回数増やします。
高校生主人公なら学園祭編は結構重視されるかと思ったら一話だけなんだよな。
紺先輩が何気にスク水なのが嬉しい。

2010/05/23 00:36

投稿元:ブクログ

なんかシュールなほのぼのギャグマンガ、
だと自分は思っているがwww

先輩かわいいよ。
あと歩鳥の弟くん。

かわいい(^ω^)

2010/10/08 19:30

投稿元:ブクログ

三巻も相変わらずゆるゆると。読めば読むほど頬が緩む。
知り合いに、よつばと!っぽいよと言われたのを思い出してああ、なるほど、と思った。よつばと!も積んでるのになぁ…w
あと相変わらず歩鳥と紺先輩の関係が絶妙でヤバイ。

2010/07/22 23:01

投稿元:ブクログ

亀井堂のお姉さんが登場する巻。
特筆すべき話は無かったが、学祭のバンドネタの楽器のチョイスは面白かった。

2011/02/11 22:42

投稿元:ブクログ

お気に入り漫画の一つ。相変わらずどの話も面白いけど、悲しいことに日常系、突出した面白さを感じにくい!いやでも本当に面白いんだけどね!!!この巻も☆5に近い☆4!しかし残念!☆5のハードルは高かった!それと2巻を本棚登録した時に、タグで ギャグ ってのがあったけど、どーよ?ま、コメディーならまだわかる。…けどギャグって。ねーよ。あと 学園物 てタグも。ナンセンス。商店街 の方がまだわかるわ。ねーよ。

2015/12/17 01:05

投稿元:ブクログ

アンティーク・ショップ亀井堂の静さんからそそのかされたことで、歩鳥が探偵をめざすようになった経緯が明かされる第26話「少女探偵誕生」や、メイド長の亡き夫の善治が登場する第28話「ツッコミじいさん」が印象的で、しみじみきます。

小ネタもじわじわきます。

2014/10/23 00:55

投稿元:ブクログ

・文化祭
・江戸のメイド
・親子二代ドジサンタ
・底抜けに良い、見た目不良の人
・先生はアホ
・買う魚屋、売らない八百屋

2014/07/05 19:21

投稿元:ブクログ

今巻では「パンドラの箱」と「ワン・オア・エイト」と「まもれサンタの夢」が好き。歩鳥が探偵を目指した始めたきっかけが明らかに。バンド観に来て=告白、って理屈はおかしい。呼び出しの織田は何をやらかしたんだろう。タケルはいい兄ちゃんだな。嵐山ノコギリザメにされなくてよかった。うちの兄貴は普通に「まだ信じてるんじゃないだろうなぁ!?」ってバラしてきたぞ・・・という具合に、読んでるうちに昔の話を幾つも思い出してしまう。あとがきも、何故か泣きそうになる。

2012/04/21 18:55

投稿元:ブクログ

冒頭のカラーだったものがモノクロになっている模様。カラーを無理にモノクロにすると色彩おかしくなるから好きじゃないんだよなー。

と、話は今までどおり、主人公中心の商店街。この各話の質のまま最新刊まで行ってるとしたら作者は天才に限りなく近いのではなかろうか。難しいと思うんだけどな、こういった理想のありふれた日常を描き続けるのは。

亀井堂の話とじーさんの話がお気に入りになりそうかな。
どちらもほっこりする良い話。

ということで、来週4巻買いますか。
電子書籍はとりあえず手持ちにないものから集めていくのに躊躇しなくなったな。手持ちのを買い換えるのはまだ抵抗があるけど・・・

2016/09/01 20:00

投稿元:ブクログ

文化祭一緒に歩きたいって言ったタッツンがめちゃくちゃ女の子だわぁ
肝心の本人には全く伝わってないのが悲しきことかな

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む