サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 68件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/07/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275779-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)

著者 宇江佐 真理 (著)

のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ—。夫との心のすれ違いに悩むのぶをいつも扶けてくれるのは、喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ...

もっと見る

卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ—。夫との心のすれ違いに悩むのぶをいつも扶けてくれるのは、喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ、埒もないことの方が多い「黄身返し卵」。忠右衛門の「喰い物覚え帖」は、江戸を彩る食べ物と、温かい人の心を映し出す。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

秘伝 黄身返し卵 7-57
美艶 淡雪豆腐 58-109
酔余 水雑炊 110-156

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー68件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

白状します。

2008/08/17 22:16

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

白状します。
実は、時代小説って苦手でした。
以前に初めてよんだやつが、ちょっと読みにくかったせいか、
固有名詞についていくのがめんどうで、
おじさんおばさんが読むものだよこれは、と高をくくっていました。
どれも似たようなやつなんじゃないの、とも思ってました。
時代劇みたいに、剣豪がでてきてぱーっとやってるんだろうと。
すごい偏見でした。

これ、めちゃめちゃよかったんです。
偏見もっててごめんなさい。
タイトルからして、めちゃめちゃうまそうだし(それが読むきっかけになりました)
剣豪がぱーっ、ではないし。
わかりにくい固有名詞は、あんまりなかった。
おいしそうなもの、
主人公ののぶの悩み、
舅・姑のやさしさ、
そして冷たい夫として登場する、正一郎の不器用さ。
すごくシアワセなきもちにさせる話でした。
一日はほくほく、ふわふわしてました。

わかりにくくなかった、
ということは、また、
作者が江戸の町を歩けるほど、
よく知っているからかもしれない、
とわたしは思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

料理が取り持つぶきっちょ夫婦の仲

2009/12/04 19:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説が苦手な人にこそ読んで欲しい、胸がジンと熱くなる傑作です。

かつてテレビで人気を博した時代劇と同様、江戸の町に生きる人々の日々の暮らしが、
人情味たっぷりに描き出されて行きます。

主人公のぶは奉行所の役人、椙田(すぎた)正一郎の妻。
少女時代から密かに慕い続けていた人の所に嫁ぐ夢を叶えました。

さぞや、幸せな夫婦生活を過ごしているのだろう、と思いきや…。

正一郎は将来を約束した女性から、結婚直前で余りに手酷い裏切りを受けて以来、
女性を信じる事が出来なくなっていて。嫁の言動に絶えず難癖付けてばかり。

のぶは二度の流産から来る負い目があり、じっと耐えて居ます。しかし、ある日の晩飯の食卓。
偏食の激しい事を嫌った正一郎から、のぶは『ものを喰らうのがいやなら死ね』とまで罵られ、

その夜を境に夫婦間の溝は加速度的に深まって行くのです。

そんな嫁のぶを心底大切にし可愛がる舅の忠右衛門。
堅物の伜とは正反対で、江戸市中の裏も表も知り尽くした奉行所の生きる伝説。

食道楽で粋な忠右衛門が教える『食の喜び』に触れた事が
結果としてのぶに様々な変化をもたらしていく。

話の伏線として登場して来る食べ物が、実に色々な状況を生み出していくのも面白かったです。
特に、表題作にもなっている【安堵卵のふわふわ】。

病に倒れた忠右衛門の為、料理に取り掛かろうとした、
のぶの所に現れた夫、正一郎の無骨で居て優しい感じ。ぽつぽつと、本音を吐露しあう二人。

そんなやり取りの後不意に、食という行為の持つ真実に気づくのぶ。

そこまでの道のりが丁寧に描かれているので、その後の話で、
この不器用な夫婦が果たしてどうなってしまうのか気になり、夢中になって読み終えました。

奉行所の事件に思わぬ所で食べ物が関係して来たり、
ラスト付近で明かされる忠右衛門夫妻の伝説の謎があったり。

内容的にも、年末年始の時期に読むのに丁度良いと思います。
江戸の風情を存分に味わって下さいませ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忠右衛門、こんどはいつ帰るかな

2016/11/27 18:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻に冷たい正さんより、どうしてものぶちゃんに肩入れしてしまう。でものぶちゃんも途中で気がついたように、夫婦の間のことどちらか一方だけ悪いってことはないんだね。のぶちゃんは恵まれていると思う。何より姑と舅に愛されているんだもの。こんな天国のような嫁ぎ先はない。忠右衛門がこつ然と姿を消して、そこから正さんとのぶちゃんの溝が埋まって、、皮肉な話ではあるけれど先のことを考えたら、これで良かったのかもね。忠右衛門はきっと帰ってくる。そして孫を抱きながらきっとこう言うよ「のぶちゃん、何かうまいもんつくっておくれよ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夫婦の心を描く時代小説

2009/02/10 14:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代小説と聞いてまず思い浮かべるのは、お奉行やお殿様、剣豪といった武士が活躍するものだろう。もちろん、女性を主人公として書かれたものもあるが、そこで進行している出来事は、国盗りであったりお家騒動であったりと、やっぱり武士の出来事だ。
 そんな中で、本書は奉行所の役人の家に嫁いだ主人公、のぶの揺れる心をひたすらに丁寧に描く。奉行所の役人の家なので、誘拐や殺人などの事件は起きるには起きるのだが、妻であるのぶにはそうそう直接は絡んでこない。のぶの心を占める、いや本書のテーマは、のぶと夫の正一郎との関係にあるからだ。

 心に溝ができてしまった夫婦の話は、現代小説では珍しくもないが、時代が江戸時代となるとどうだろう。テレビの時代劇で、時々「人情もの」の回があって、家族や夫婦の再生を描くことはあるが、あくまで脇役であって、ここまで丁寧には描かれないだろう。
 別の見方をすると、夫婦の話を描くのに、時代を江戸時代にする必要はなかろう、とも言えるのだが、そういう意見は本書を読めば出てこなくなると思う。
 今より格段に女性の立場が脆かったあの時代にこの物語、だから成り立つ味わいがある。のぶの舅姑が実に味わい深い人たちなのだが、そのキャラクターもあの時代だからさらに引き立っている。現代とは違う時間の流れも感じられるし、実にしっくりと物語と時代がかみ合っているのだ。

 かみ合っているといえばタイトルの「卵のふわふわ」も、物語とうまくかみ合っている。本書の各章は食べ物の名前になっていて、後半になるとその食べ物が物語やのぶの心を動かすようになる。「卵のふわふわ」もある章の題で料理の名前だ。どんな料理かは読んでもらえば分かる。私はこの「卵のふわふわ」はもちろんだが、「心太(ところてん)」が食べたくなった。新しい形の時代小説に出会いたい方にはオススメだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/27 09:18

投稿元:ブクログ

のぶちゃん、何かうまいもんつくっておくれよ。
夫との心のすれ違いに悩むのぶをいつも扶けてくれるのは、
喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。
はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ埒もないことの多い「黄身返し卵」。
忠右衛門の「喰い物覚え帖」は、江戸を彩る食べ物と、暖かい人の心を映し出す。

こんなお舅さんだったら最高だろうなぁ〜。。。
夫との心のすれ違いは辛いけど、のぶがここまでやってこれたのは、
この心優しいお舅さんとお姑さんのおかげでしょうね。
夫との心のすれ違いも、夫の愛情表現も下手さが原因なのでしょうね。
なんとも心温まる一冊でした。
でも最後が・・・本当に辛かった・・・悲しかった・・・
わが身に振りかかったかの様に涙してしまいました。

2009.7.4読了

2012/05/16 04:03

投稿元:ブクログ

温度差に私もどんどん日本の感性とずれてきているのかと感じる。宇江佐さんの作品はこれまでに何冊か読んでいるが、今回ほど違和感を感じたのは初めて。今風の江戸物とでも言おうか。好みではない。
おふでのような家柄の人間が武家に入れたのか?親戚一同から大反対を受けるだろう。その子供が出世するわけないと思う。言葉使いがまるで大工のはっつぁんのおかみみたいな...。あまりにべらんめいすぎる。嫁入りする前に養子にもいかなかったんだろうな。
この身分の曖昧さが江戸後期か?
主人公のぶもなんて自己れんびんが強い、まるで商家の世間知らずなお嬢さん。時にいらついて読書中断。人はいいなぁ、って隣の芝は蒼いという悩み、発言に気づいていない。
その旦那にしては、おかしい。論理的におかしい。母親を蔑んでの事ならわかるのに、母親っ子。
文句だらけだった。読むのにもだから時間がかかった。

2012/11/15 22:15

投稿元:ブクログ

とある同心一家を食べ物を交えて描いた短編集。

前半は正一郎の、嫁への態度に、後半はのぶの自分の態度のはっきりしなさにイライラムカムカしながら読んでました。

そんななかで親である、忠右衛門ふで夫妻の変わらぬ態度にはとても癒されました。

あまり喜ばしくない事なんだけど、忠右衛門のおかげで元さやに、いやそれ以上の状態になってよかった。

2007/07/24 04:43

投稿元:ブクログ

文章のところどころに出てくる食べ物は素朴で質素だけどこころをあったかくさせるやさしいかんじ。おいしそうだし。のぶもそんなかんじのかわいいお嫁さん。
でも一番はやっぱり食いしん坊な舅の忠右衛門!!すてきなじいさんだ!

2009/09/23 18:19

投稿元:ブクログ

以前購入したものの、正一郎のDVっぷりがつらくて、断念してました。
図書館でも見かけたので、再チャレンジ。

……もっと早く読めばよかった!

心のあたたかいお舅さんとお姑さんが素敵。
息子がひねくれちゃってますが、だんだんと変化してくるところもよかった。
のぶちゃん、よかったねえ。

2007/09/16 02:05

投稿元:ブクログ

食べ物って奥が深い。人の心も奥深い。だから、味わい深い食べ物は人の心に染みるのだろう。想いすれ違うのぶと正一郎夫婦、いつでもほっこりあたたかい舅忠右衛門・姑ふでの姿に胸がキュンっとしました。表紙のイラストも、後から見るとかわいらしく作品の雰囲気に合っている☆07年9/16読了。

2010/05/14 17:21

投稿元:ブクログ

江戸時代の食べ物と、夫との仲に悩む嫁・ふでとふでをとりまく人々と、人情劇。
読み終わった後はなんだかほんわかしました。食べ物好きなお舅さんが憎めないキャラです。

2008/05/18 22:10

投稿元:ブクログ

久々の宇江佐さん。とんとん拍子に何事もすっきり収まる畠中さんに比べてこの人は「世の中そんなに上手く運ばないよ」ってかんじw
でもその分切なさにリアリティがあって、やっぱうまいなーと。
一気読みでした。お舅さんとか、最高ですね。

2010/12/15 12:03

投稿元:ブクログ

同じ作者の「あやめ横丁〜」が私的にベストを飛ばしたので購入したもの。しかしながら、一定のクオリティはあるものの、あやめ横丁までの感動は得られなかった。比較してしまったのが良くなかったかな…

2009/03/08 17:09

投稿元:ブクログ

時代物
夫婦のすれ違いと舅さんのキャラクターが注目
話の終わりが、ホッとするやら寂しいやら
読み終えてから文庫本の表紙を見るのが良い

2007/09/04 12:52

投稿元:ブクログ

食べ物に好き嫌いの多い主人公は夫との生活が冷え切っている、
食道楽でやさしい舅が、黄身返し卵、淡雪豆腐、卵のふわふわ、ちょろぎ 等いかにもおいしそうな食べ物のエピソードにからめてなにかと助け舟を出してくれる。

本の題名に惹かれて借りる事はあまりないのですが、これはいかにもおいしそうで、実際に「卵のふわふわ」を作って食べてみたくなりました。