サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 慶應義塾大学出版会の通販
  6. せめて一時間だけでも ホロコーストからの生還の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

せめて一時間だけでも ホロコーストからの生還
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-1402-8

紙の本

せめて一時間だけでも ホロコーストからの生還

著者 ペーター・シュナイダー (著),八木 輝明 (訳)

ナチス政権下のベルリン地下潜伏から、奇跡的に生還したユダヤ人音楽家、コンラート・ラテの生還記録。知られざる「市民の勇気」にスポットをあてて個人の責任の重さを喚起し、新生ド...

もっと見る

せめて一時間だけでも ホロコーストからの生還

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナチス政権下のベルリン地下潜伏から、奇跡的に生還したユダヤ人音楽家、コンラート・ラテの生還記録。知られざる「市民の勇気」にスポットをあてて個人の責任の重さを喚起し、新生ドイツの転換点ともなった一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ペーター・シュナイダー

略歴
〈ペーター・シュナイダー〉1940年リューベック生まれ。ドイツの作家、評論家。代表作に「壁を跳ぶ男」「ザ・ジャーマンコメディ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

同化ユダヤ人と「普通の人びと」。

2009/04/08 14:42

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドイツ社会に同化したユダヤ人家庭出身の人が第三帝国時代を如何に色々な人の善意と官僚的な間隙によって生き延びたか、を書いた本。だから「ホロコーストからの生還」という邦題にある副題は?がつく(これではドイツから「東方」のゲットーを経て強制収容所から「生還」したという印象を受ける)。ハーリヒのような戦後、DDRで体制に批判的になったマルクス主義者(彼のような脱走兵{第三帝国には今のドイツみたいな兵役拒否者の為の制度や、かつてのDDRのように経歴には“汚点”になるにしろ建設隊に入隊するといった制度はない}は普通、死刑なのに禁錮3ヶ月で済むとは意外な気もしたが)アンドレアス-フリードリヒのような邦訳がある著名人も登場するが、「普通のドイツ人達」が一人のユダヤ人の命を助ける為に手を差し伸べたか、またドイツに同化したユダヤ人達を第三帝国は裏切ったか、よく書かれている。著者は新左翼系の活動家だった経歴の持ち主だそうだ。エンテベ事件みたいな事をやらかしたバーダー・マインホーフ・グルッペと関係があるかどうか、分からないが、Uボートとして地下生活者になったユダヤ人達をドイツ人が書く事-戦場で騎士十字章を受章するより英雄的な事なのに-は「集団的責任」論を免責する、という議論があるとの事だ。いわばゴールドハーゲン的な一理はあるにしろ、一面的な議論に対する異論を書くのは、この経歴と関係がありそうだ。本当は重要な事なのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/20 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/28 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。