サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/196,9p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431083-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園 (岩波新書 新赤版)

著者 山口 誠 (著)

かつて旧日本領であり、2万近い日本兵が命を落とした激戦地であったグアム。一体誰が、いつ、どうやって「日本人の楽園」を開発したのか。無個性なリゾートの地下に眠る、忘れられた...

もっと見る

グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園 (岩波新書 新赤版)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて旧日本領であり、2万近い日本兵が命を落とした激戦地であったグアム。一体誰が、いつ、どうやって「日本人の楽園」を開発したのか。無個性なリゾートの地下に眠る、忘れられた記憶を掘り起こす。写真・図版多数掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 誠

略歴
〈山口誠〉1973年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。関西大学社会学部准教授。専門はメディア研究、歴史社会学、文化研究。著書に「英語講座の誕生」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

南洋の青い海の下にあるもの

2007/09/08 08:39

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

20年ほど前。会社の仕事で 集中的にサイパン、グアム、テニアン等の南洋の島に出かける機会を得た。


 初めて見る熱帯の海の美しさに驚くと共に そこに残っている旧日本軍の遺跡に驚いた記憶がある。地元の老人が 日本語で話しかけてきたことも覚えている。彼はきっと原住民であるチャモロの人だったに違いない。


 戦争後の長き年月を経た熱帯の島々は穏やかなものであったが それ以来僕は 南洋の歴史にいくばくかの興味を覚えた。中島敦の南洋通信も そんな興味で読んだものだ。本書を手に取ったのも 同じ理由による。


 グアムに行った際に 「なんで横井さんという人がかつて28年もの間 こんなリゾートに隠れていたのか」と思った事がある。本書を読み グアムの歴史を踏まえると ようやく それが腑に落ちた。グアムという激戦地の上に 米国とグアムと日本の思惑が共犯的に一致したことで 現在のグアムが出来上がった点がよく分かった。特に著者の専門が「メディア論」である事で グアムを扱ってきた「観光案内書史」は中々興味深く いくどか膝を打ちながら読んだ。


 最近では仕事で南洋の島々に行く機会は少ない。たまに見る当時の写真の中で 海はどこまでも青々としている。20年前の僕も若いものだ。そこにも歴史の流れがある。そんな風に思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

グアム観光に「厚み」をあたえてくれる本

2009/03/26 22:55

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

2 年ほど前にグアムに行った.本書でも紹介されているモール内の博物館には行ったが,ガイドブックにも書いてないので,グアムの歴史につながる他の場所には行かなかった.それは,うすっぺらな旅行だったようにおもう.本書はそういう「かくされた場所」をみせてくれる.レジャーをたのしむ日本人は知りたいとおもわないことかもしれない.しかし,現在のグアムの問題点までカバーしている本書は,グアムを観光するときにも「厚み」をあたえてくれるのではないだろうか.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/22 09:44

投稿元:ブクログ

グアムが太平洋戦争中「大宮島」と呼ばれた日本領土だったこと、今でもアメリカの「領土」ではあるがどの州にも属さない、つまり大統領選挙に参加できない事実上の植民地(「未編入領土」Unincorporated Territory)であることなど、知らないことだらけ。その日本人がなぜ「知らない」ようになったのかの分析も含めて、目からウロコが落ちっぱなし。
日本軍のトーチカと、結婚式用のチャペルとがほとんど同じ場所にある、なぜかというと「眺めがいいから」というのには、笑い事ではないが笑ってしまった。

2010/09/02 14:58

投稿元:ブクログ

グアムはかつて日本領、「大宮島」と呼ばれ、二万近い日本人が命を落とした激戦地でありながら、現在は年間約百万人もの日本人が訪れる「日本人の楽園」。いったい、いつ、どうやって、戦争の記憶を埋め立て、この「楽園」は作られてきたのか、忘れられた記憶を掘り起こすことをテーマにした本。
グアム=日本人が大好きな「観光地」というイメージしかなかったのだけど、この本を読んでそのイメージは一変した。
グアムがいまだにアメリカの未編入領土=植民地であること(アメリカの市民権と自治権はあるが、大統領選挙に参加できない、連邦議会に代議士を立てることも認められていない)、日本人観光客が多いお正月やお盆などはリゾート地で水の使用量が増えるため、米軍基地以外の一般家庭では水が出にくくなり、台風などが来ると断水と停電に悩まされるぐらい社会基盤や脆弱なこと。日本人の大好きな格安旅行は、グアムへのフィリピン人移民によって支えられていること。そしてグアムの平均ね年齢は28.8歳-それは先住民であるチャモロ人がグアムの医療と教育が貧しいため、島外へ移住して行くため-老いた先住民が島外へ移住し、若い移民が増加している現実。
グアムの戦争の歴史を埋め立て「楽園」を建設していく過程は、「日本人の楽園」としてのグアムと現実のグアムがズレていく過程でもある。
そんな歴史を持ち現在に至るグアムに、アメリカの計画としても、そして日本も在日米軍基地の移転を求めている。
グアムの歴史と現状、そしてそれにどのように日本人が関わっているのかを知るための良書だと思った。

2008/11/17 17:17

投稿元:ブクログ

とても衝撃をうけた一冊。

以前グアムに行ったとき、自分は何を見てきたのだろうと、本当に愚かな気持ちになりました。
「日本と同じだ」なんて日本人が口にすべき言葉ではないのです。

グアムが日本の植民地であったこと。
多くの被害者を生み、「日本と同じ」「楽園」となることで、その傷跡は隠れているように見えるけれど、決してそれは消えていません。
そして今でも、私たち日本人観光客の滞在が、現地の人々を隅に追いやっているということを、知らなければならないのです。

日本人であるならば、グアム=観光地で済ませておくべきではないのですね。
もっと早くこのことを知っていたら、私は現地で全く違うことをしたでしょう。
悔しいです。


たとえ旅行であっても、どこかに出かけるとき、必ず現地の歴史や事情をきちんと勉強しなくては。
またそれが海外であれば尚のこと、日本人として、自分が現地においてどのような立場の人間であるかということをわきまえておくことが、相手国に対する礼儀なのだということを知りました。
もちろんそれは日常の諸事に関しても同じこと。

そんなふうに自分を省みることのできる、大切な一冊との出会いです。

2008/08/10 02:17

投稿元:ブクログ

やはり、ガイドブックに関する章が1番おもしろい。

でも正直、なによりも、この膨大な歴史と情報量を読み手に分かる形にしたという点に脱帽。

2009/08/11 17:06

投稿元:ブクログ

明日からグアムで仕事です。
グアムは昔、大宮島といわれていた。戦争地でかなり激しかった。横井さんはずっと潜んでいた。今は立派な観光地。初グアムなのでわくわくしています。戦争に関わった日本人、チャロモ人、各位に合掌。

2011/04/24 07:27

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
年間約一〇〇万もの日本人が訪れる米領グアム。
その島が旧日本領で、かつて二万近い日本兵が命を落とした激戦地であった事実が、現在の観光者たちに意識されることは、少ない。
いったい誰が、いつ、どうやって「日本人の楽園」を開発したのか。
無個性なリゾートの地下に眠る、忘れられた記憶を掘り起こす。
写真・図版多数掲載。

[ 目次 ]
第1章 「大宮島」の時代(日本領グアムに生きた人々 短い戦闘と長い戦争 「私たちの中の横井さん」から「ヨコイさん」へ)
第2章 基地の島と観光の道(「立入禁止」の孤島 グアム観光の「基本計画」 慰霊観光と記憶をめぐる抗争)
第3章 楽園の建設、記憶の埋立て(観光開発と日本のメディア 宮崎の南、ワイキキの西 タモン湾の開発と記憶の埋立て)
第4章 値札と忘却(日本人の観光変容と「三つの波」 格安旅行とマニュアル型ガイドブック 値札を付けるメディア 「記憶の回路」の途絶)
第5章 見えない島(誰も死なない島 二一世紀の植民地 見えないことさえ見えなくなるまえに)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/06/10 11:02

投稿元:ブクログ

「戦争を知らない」世代だからこそ書ける、あの戦争、の本。
大東亜戦争を肯定するでもなく、弾劾するでもなく、冷静に見つめるまなざしがあります。

グアムに行きたくなりました。
「ビーチで泳いでショッピング」なんて旅はもう絶対にできないけれど。

2013/08/13 12:45

投稿元:ブクログ

グアムに対する歪みを感じたことから手にとった。日本人の知らないグアムの歴史、現在の問題が事細かに調べられている。日本人にとっては、沖縄と同じくらいグアムのことを心配する必要があると感じた。詠み終わってから略歴を見て驚いたが、筆者の山口誠氏と同い年だった。我々の世代から、グアムに対する日本人の考え方が変わっていくことを望む。

2014/04/19 19:37

投稿元:ブクログ

めったにいくことのない出張先になったので、どんなところなんだろうと手に取った本。日本人が毎年100万人近く旅行するこの小さな島の歴史、知ることができてよかった一冊。

横井さん発見で改めてそうだなと思いましたが、戦時中は日本が占領していた島(大宮島)でした。その前はスペイン。

戦後は日本資本による観光開発が進み、かつての戦争や侵略の歴史、現地文化などは意も介さず、ごく小さな地域に資源が集中投下されて、商業施設、宿泊施設が建設される。その裏では、ホテルにいると微塵も感じない停電など、社会資本の整備は置き去り。

占領時の歴史は現地に残されている資料を丹念に追うだけでなく、当時に生きた方々にインタビューもしている。
また、戦後のグアム観光開発の歴史を詳しく解説していて、観光社会史としても秀逸。

観光産業に少し足を踏み入れている身にとって、ビジネスを進める上で必要ないことかもしれないけど、こういうことを知ったうえでビジネスができるとリスペクトされるようなビジネスにつながるのだろうか。

2010/12/30 20:27

投稿元:ブクログ

課題の本がこれで、読んでみたら図表が思ったよりも多くて読みやすかった。
興味がなかったのでグアムはリゾート地、という一般的な見識しかなかったけれど、この本を読んで行ってみたいと思うようになった。好きな日本史が絡むからかもしれないけれど。
ひとつのものを色々な角度から見ることは必要。

2011/09/25 21:08

投稿元:ブクログ

タイトルから言って、日本軍と現地人との惨劇や、玉砕の話かと思ったら、それだけじゃなく、10万人いた現地人が1500人まで減少したスペイン統治時代から、平均年齢28歳、死亡率が日本の半分になった今のグアムの問題まで書かれてまして、大変興味深い。再来月グアムに行くのに、かなり参考になりました。
「グアムなんて、海しかないつまらない島」と、言っているどっかの偉い人にも読んでいただきたい感じ。

2011/10/27 22:14

投稿元:ブクログ

 夏休みにグアムに行ってきた(PIC)。
 事前にこの本を読んで,グアムの歴史,とくに大宮島だったころ(わずか3年)の歴史を心にとめて出かけた。とはいえ,4歳と3歳の娘を連れた家族旅行。戦跡を巡るでもなく,ホテルのプールとビーチ三昧。でもビーチにはトーチカ(旧日本軍が米軍上陸に備えて築いた機関銃陣地)が人知れず残っていたのは読んだ通りで,中に入ってみると,銃眼?から海が見えた。長女は怖がって来なかったけど。

2012/08/26 21:34

投稿元:ブクログ

戦争の事を何も感じないで遊んで帰ってくる事ができるようになっているが紛れもなく悲惨な戦闘で多くの日本人が亡くなった場所である事を風化させてはいけない。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む