サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05418-2
文庫

紙の本

ヒンデンブルク号の殺人 (扶桑社ミステリー)

著者 マックス・アラン・コリンズ (著),阿部 里美 (訳)

1937年5月3日。ドイツの飛行船ヒンデンブルク号が、大西洋横断の旅へとフランクフルトを飛び立った。台頭するナチスの影のもと、陰謀渦巻く船内で、一人の乗客が謎の失踪を遂げ...

もっと見る

ヒンデンブルク号の殺人 (扶桑社ミステリー)

税込 922 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1937年5月3日。ドイツの飛行船ヒンデンブルク号が、大西洋横断の旅へとフランクフルトを飛び立った。台頭するナチスの影のもと、陰謀渦巻く船内で、一人の乗客が謎の失踪を遂げる。乗り合わせた高名な推理作家レスリイ・チャータリスは、依頼を受けて捜査に乗り出すが…。史上最悪と言われた謎の避行船爆発・墜落事故を題材に、〈聖者〉シリーズで名高い作家を探偵役に配した究極の歴史サスペンス。『タイタニック号の殺人』に続く、巨匠入魂“大惨事”シリーズ第二弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ヒンデンブルク+レスリー・チャータリス

2007/10/30 09:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

マックス・アラン・コリンズは、歴史上の大惨事と実在の作家を組み合わせた、ノンフィクション・ノベル的なミステリーをいくつか書いている。本書はその1つで、聖者(セイント)シリーズの作者レスリー・チャータリスを主人公にして、1937年5月6日に爆発事故を起こした、ドイツの飛行船ヒンデンブルク号の最後の航海を描いたものである。
.
この他、タイタニック号とジャック・フットレルを組み合わせた「タイタニック号の殺人」が邦訳されている。なお、チャータリスが実際にヒンデンブルクに乗り合わせたのは処女航海の時で、事故が起きた最後の航海ではなかったのに対し、フットレルは実際にタイタニックで命を落としている。
.
実は知人に「タイタニック…」を薦められて本屋に行ったのだが、「ヒンデンブルク…」の方を買ってしまった。私がセイントのファンである事が大きいが(フットレルは聞いた事がある程度)、特に各章のタイトルが『…が…すること』と、セイント物のスタイルを踏襲しているのに、すっかり参ってしまったのだ。また、純然たる事故のタイタニックよりも、破壊工作の噂が高いヒンデンブルクの方にそそられた事もある。
.
おもしろかったが、セイント・ファンの見地からすると、やや物足りない気がしないでもない。何と言うか、セイントというブッ飛んだヒーローを創造した、レスリー・チャータリスというブッ飛んだ作家を描くには、マックス・アラン・コリンズという作家はまともにすぎる気がするのだ。カッチリとまとまった、オーソドックスなノンフィクション・ノベルとして楽しんだ方が良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/08/26 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。