サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホームレス中学生
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 494件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: ワニブックス
  • サイズ:20cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8470-1737-7
  • 国内送料無料

紙の本

ホームレス中学生

著者 田村 裕 (著)

麒麟・田村のせつな面白い公園生活。13歳のときに突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになった田村少年。ダンボールで飢えをしのいだ日々や、いつも見守ってくれた亡き母...

もっと見る

ホームレス中学生

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

麒麟・田村のせつな面白い公園生活。13歳のときに突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになった田村少年。ダンボールで飢えをしのいだ日々や、いつも見守ってくれた亡き母への想いが詰まった貧乏自叙伝。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー494件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

哀しさの中に少し笑い

2015/12/30 00:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

哀しすぎる不幸な境遇の中で、世間の温かさにも助けられ、離れ離れになったきょうだいとも、又 暮らせるようになった。強く明るく生き抜いてきた彼や、助けてくれた周りの人たちをすごいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味の向こう側は誰でもやってみるはず(笑)

2016/05/23 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:千那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お笑い芸人の方が書かれたと話題になっていたので気になって購入しました。私からするとぶっ飛んだ内容が多かったのでどこまでが事実なのかは分かりませんが、面白かったです。ひたすらご飯をかみ続けていればたどり着ける味の向こう側は家族で試しましたが結果はいまいちでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きる元気を分けてくれる一冊だ。

2007/09/18 20:04

27人中、24人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 博英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お笑いコンビ「麒麟」の田村裕さんの自叙伝。差し押さえられた家の前で、父より突然の「解散!」宣告を受けた田村さん一家。兄姉とも別れ、公園の遊具のなかで、ひとり著者のホームレス生活が始まる。ダンボールを水に浸して食べて空腹を凌いだこともあった。苦しい境遇の余り、死を考える日もあった。亡き母への想いも込みあげる。しかし、田村さんは多くのひとに支えられ困難を乗り越えていく。生きる元気を分けてくれる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ふしぎな感じの本

2007/12/27 03:07

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふるふる - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通は悲惨であるはずの体験を、サラサラと書いている。読後感は、さわやかでもないし、悲惨な感じでもない。小学生の時に亡くなったお母さんへの思いが、一番強く印象に残った。著者が公園で暮らしていたのは、中学2年の夏の一月程度。その公園の写真が結構出ている。この本がベストセラーになった今は、観光客でいっぱいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芸人というもの

2008/01/14 12:32

22人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

田村裕さんは正しい芸人の道を歩んでいるというだろう。昔から日本人は芸人を「河原乞食」と言って差別してきた。芸人のルーツは乞食なのである。まともな人間のなるものではないのである。しかし差別がタブーとなって戦後、次第に芸人と堅気の境界線があいまいになってきた。ただの芸人を「セレブ」などと奉って、堅気の職業を「リーマン」などと蔑む愚か者さえ巷には出てきた。中には菊川伶のように桜蔭女子中・高から東大を出ているくせに芸人に成り下がる輩まで出てきた。私の尊敬する山本夏彦さんはこうした風潮を「結構であるように見えて結構でない」と切り捨てた。「芸人が貯金するのは間違っている。芸人は稼いだ金をその場で使いきらねばならない」と断言した。芸人とは、マトモな人間がなるものではないのである。本書の著者である田村さんのように崩壊した家庭、破綻した家庭に生まれ、全く失うものがなくなった人間が仕方なくなるものなのである。芸人として大成した萩本欽一も零落した大金持ちの息子で仕方なく芸人になり大成したわけだが、巨万の富を蓄えこれで苦労した母親に孝行しようと申し出たが、その母親は「お前には芸人だけにはなって欲しくなかった。そんな不浄なお金などみたくないし触りたくもない」と最後まで欽一に会おうとしなかったという。かつての日本人はこうして矜持を保ったのである。筋を通したのである。平等、平等を叫びすぎて、人間として持つべき本来の筋、本来の価値観、本来の人生観というものを思い出すためにも、本書は必読であるといえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホームレスについてあれこれ

2008/06/11 22:41

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホームレス中学生 田村裕 ワニブックス

 これからママになる女性にぜひ読んでいただきたい本です。男の子はお母さんが大好きです。たとえば、息子が犯罪者になったとしても、私の育て方が悪かったのです。息子にはなんの責任もありませんと息子をかばうのが、「おかあさん」です。
 さて順番に感想です。中学生の彼はなぜ家と父を失ったときに兄と姉と行動を共にしなかったのだろう。この本を読み始めたときに読んでいた英字新聞にロシアでこどものホームレス問題が深刻だという記事が出ていた。親はアル中、あるいはこどもを虐待する、そんな家庭から逃げるためにこどもたちがホームレス化している。彼の本にはまだ笑いがある。助けてくれるご近所がある。日本はあたたかい国だ。この国に生まれてよかった。
 彼以外にもホームレスはいるということで、ホームレスがらみの本として2冊を記したい。「ホームレス作家」松井計、幻冬舎、妻子もちの小説家が原稿料がもらえなくて都営住宅を退去となりホームレスになってしまったというものだったと思う。「洞窟(どうくつ)オジさん」加村一馬、小学館、やはり中学生だった作者が家出をして栃木県足尾銅山(あしお)の洞窟でホームレス生活を始めたというものでした。本の感想に戻ります。
 映画の台本にできる本です。ドラマもいける。行方不明になっている父親とのことも含めると劇団ひとり著「陰日向に咲く」(幻冬舎)の中にある項目につながっていきます。
 家族そろって仲良く平穏に暮らしているということはものすごく幸せなことです。そして簡単そうにみえるけれど、そういうことがとてもむつかしいのです。
 118ページでお兄さんが作者に高校進学を強く勧めます。わたしは胸にジンときました。130ページでは教師が彼の良き聞き役になってくれます。映画「二十四の瞳」壺井榮著を思い出しました。大石先生が家庭のことで苦労している教え子女性に「先生は何もしてあげられないけれど、話してごらん。一緒に泣いてあげる。一緒に泣いてあげることしか私にはできない」というようなことを語ってくれます。教師は演説家ではなく、よき聞き手であってほしい。
 生活保護を受けていたことはぼかしたほうがいいと思う。客観的にみて、3人のきょうだいたちはそれぞれ働ける状況にあったと感じました。やはり、自分の食事は自分で働いたお金で食べるのがあたりまえであり、何よりも幸せです。後半にあるごはんの食感とか卵の話は愉快です。
 実名入りで本を出すということはとても怖いことです。周囲の人たちに迷惑をかけることになります。最後の方で作者自身が少し触れていますが、やはり出版社の人たちの配慮が欲しかったと感じます。とくに高校のランク付けはいただけません。
 最後に、芸人になるためには、他の誰ももっていないユニーク(唯一)な経験とか生い立ちが必要と感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/26 08:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/23 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/13 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/09 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/30 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/06 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る