サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/515,11p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-70961-1
  • 国内送料無料

紙の本

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

著者 池澤 夏樹 (個人編集),トゥルニエ (著),榊原 晃三 (訳),ル・クレジオ (著),中地 義和 (訳)

【毎日出版文化賞(第64回)】現代フランスの巨匠トゥルニエが読みかえるロビンソン・クルーソーの物語「フライデーあるいは太平洋の冥界」と、ノーベル賞作家ル・クレジオが父祖の...

もっと見る

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界」が含まれるセット商品

世界文学全集 30巻セット

世界文学全集 30巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:購入できません

世界文学全集 全巻完結セット 30巻セット

世界文学全集 全巻完結セット 30巻セット

  • 池澤夏樹個人編集
  • レビュー:1件
  • 税込価格:86,400800pt
  • 発送可能日:購入できません

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:購入できません

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 池澤夏樹個人編集
  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

【毎日出版文化賞(第64回)】現代フランスの巨匠トゥルニエが読みかえるロビンソン・クルーソーの物語「フライデーあるいは太平洋の冥界」と、ノーベル賞作家ル・クレジオが父祖の記憶をたどり直した自伝的長篇「黄金探索者」の2篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冒険譚でありながら人間の存在の根底を問い、生と性と聖を真摯に探求する哲学の書

2009/05/13 08:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



デフォーの1719年「ロビンソン・クルーソー」は後続の1726年の「ガリヴァ旅行記」に大きな影響を与えた18世紀の冒険物語ですが、この有名な海洋漂流譚を今度は1967年になってフランスの作家ミシェル・トゥルニエが換骨奪胎してまったく新しい物語、冒険譚でありながら人間の存在の根底を問い、生と性と聖を真摯に探求する哲学の書として書き直しました。それが本書です。

同じ空想海洋小説には違いないのですが、読比べると原作の「ロビンソン・クルーソー」とはずいぶん違います。「ロビンソン・クルーソー」ではあくまで主人公はロビンソン・クルーソーですが、この本では途中から脇役のフライデーがその野性的な魅力を十二分に発揮して、むしろ主人公を食ってしまう。

とりわけ無人島エスペランザに棲息する凶暴な野生の山羊の王様と死に物狂いで戦って勝利をおさめ、その皮を剥いで大凧にして何庸の南洋の青空に飛ばしたり、妙なる音楽を奏でる楽器に変身させてしまうあたりでは物語の比重が主客転倒して、このインディオと黒人の混血の土俗的な存在感は、灼熱の太陽の直下で異様な光彩を放ちます。

それから原作ではロビンソンもフライデーも無事に本国へ帰国するのですが、この小説ではせっかく28年と2カ月と19日ぶりに救助船に発見されたというのに、ロビンソンはこの船でいじめられていた少年ともども無人島にとんぼ返りをしてしまうのです。

いっぽうフライデーはというと、主人のロビンソンを裏切って帰国する船に戻ってしまう。英国に戻ってもフランス革命目前の母国では無人島で自由に生きるエスペランザ(希望)などあり得ないと考えたロビンソンは、無人島に戻って少年の名をフアイデーならぬサーズディ(木曜日)と名付けたところで物語は終わります。

「ロビンソンはほとんど苦しいばかりの歓喜に満ちて太陽の恍惚と向かい合っていた。彼を押し包む光が前日と前夜の致命的な汚れを彼から洗い落としていた。焔の剣が彼の身内に入って、彼の全存在をつらぬいていた。」

ミシェル・トゥルニエの筆は、冒頭の難破からエスペランザ島への漂着、無人島の自然描写や野蛮人の侵入、開拓者ロビンソンの生活や人生観の移り変わりなどどこをとっても細部が比類なく充実しており、きわめて繊細で知的なもので、まるで突然私たちがロビンソンと同じようにエスペランザの大自然の真っただ中に投げ出されたような、おそろしく孤独で、それでいて自由な気持ちをありありと体感させてくれます。


♪ミスター・ロビンソンあなたもフライデーなしには生きられなかった 茫洋


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/16 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/14 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る