サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/515,11p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-70961-1
  • 国内送料無料

紙の本

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

著者 池澤 夏樹 (個人編集),トゥルニエ (著),榊原 晃三 (訳),ル・クレジオ (著),中地 義和 (訳)

【毎日出版文化賞(第64回)】現代フランスの巨匠トゥルニエが読みかえるロビンソン・クルーソーの物語「フライデーあるいは太平洋の冥界」と、ノーベル賞作家ル・クレジオが父祖の...

もっと見る

世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「世界文学全集 2−09 フライデーあるいは太平洋の冥界」が含まれるセット商品

世界文学全集 30巻セット

世界文学全集 30巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:1~3日

世界文学全集 全巻完結セット 30巻セット

世界文学全集 全巻完結セット 30巻セット

  • 池澤夏樹個人編集
  • レビュー:1件
  • 税込価格:86,400800pt
  • 発送可能日:購入できません

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:購入できません

世界文学全集 第2集 12巻セット

世界文学全集 第2集 12巻セット

  • 池澤夏樹個人編集
  • 税込価格:34,560320pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

【毎日出版文化賞(第64回)】現代フランスの巨匠トゥルニエが読みかえるロビンソン・クルーソーの物語「フライデーあるいは太平洋の冥界」と、ノーベル賞作家ル・クレジオが父祖の記憶をたどり直した自伝的長篇「黄金探索者」の2篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冒険譚でありながら人間の存在の根底を問い、生と性と聖を真摯に探求する哲学の書

2009/05/13 08:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



デフォーの1719年「ロビンソン・クルーソー」は後続の1726年の「ガリヴァ旅行記」に大きな影響を与えた18世紀の冒険物語ですが、この有名な海洋漂流譚を今度は1967年になってフランスの作家ミシェル・トゥルニエが換骨奪胎してまったく新しい物語、冒険譚でありながら人間の存在の根底を問い、生と性と聖を真摯に探求する哲学の書として書き直しました。それが本書です。

同じ空想海洋小説には違いないのですが、読比べると原作の「ロビンソン・クルーソー」とはずいぶん違います。「ロビンソン・クルーソー」ではあくまで主人公はロビンソン・クルーソーですが、この本では途中から脇役のフライデーがその野性的な魅力を十二分に発揮して、むしろ主人公を食ってしまう。

とりわけ無人島エスペランザに棲息する凶暴な野生の山羊の王様と死に物狂いで戦って勝利をおさめ、その皮を剥いで大凧にして何庸の南洋の青空に飛ばしたり、妙なる音楽を奏でる楽器に変身させてしまうあたりでは物語の比重が主客転倒して、このインディオと黒人の混血の土俗的な存在感は、灼熱の太陽の直下で異様な光彩を放ちます。

それから原作ではロビンソンもフライデーも無事に本国へ帰国するのですが、この小説ではせっかく28年と2カ月と19日ぶりに救助船に発見されたというのに、ロビンソンはこの船でいじめられていた少年ともども無人島にとんぼ返りをしてしまうのです。

いっぽうフライデーはというと、主人のロビンソンを裏切って帰国する船に戻ってしまう。英国に戻ってもフランス革命目前の母国では無人島で自由に生きるエスペランザ(希望)などあり得ないと考えたロビンソンは、無人島に戻って少年の名をフアイデーならぬサーズディ(木曜日)と名付けたところで物語は終わります。

「ロビンソンはほとんど苦しいばかりの歓喜に満ちて太陽の恍惚と向かい合っていた。彼を押し包む光が前日と前夜の致命的な汚れを彼から洗い落としていた。焔の剣が彼の身内に入って、彼の全存在をつらぬいていた。」

ミシェル・トゥルニエの筆は、冒頭の難破からエスペランザ島への漂着、無人島の自然描写や野蛮人の侵入、開拓者ロビンソンの生活や人生観の移り変わりなどどこをとっても細部が比類なく充実しており、きわめて繊細で知的なもので、まるで突然私たちがロビンソンと同じようにエスペランザの大自然の真っただ中に投げ出されたような、おそろしく孤独で、それでいて自由な気持ちをありありと体感させてくれます。


♪ミスター・ロビンソンあなたもフライデーなしには生きられなかった 茫洋


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/16 21:18

投稿元:ブクログ

本書は、ダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』を下敷きにして書かれている。デフォーが「ロビンソン」を書いたのは18世紀、そしてトゥルニエが「フライデー」を書いたのは20世紀だ。かつては無邪気に信じられていた「進歩と文明」の価値転倒を狙った思想小説。
http://critique.hatenablog.com/entry/2015/05/10/194511

2013/09/14 08:15

投稿元:ブクログ

<フライデーあるいは太平洋の冥界>
フライデーというのは「ロビンソン・クルーソー」に登場する黒人の名前。この作品はまさに「ロビンソン・クルーソー」のリメイクであって、原作と同様にロビンソンが遭難するところから始まる。
原作におけるロビンソンは、産業人としての特質を存分に発揮し、計画し、実行し、結果を評価し、そして行動を修正する。つまりPDCAを回すことにより、無人島という環境を改良し文明を導入していく。いわば、近代的な理性を代表する人物である。一方のフライデーは、野蛮で教養のない人種であり、理性(と神の教え)により教化されるべき対象である。
本作においても、ロビンソンはやはり近代的理性の人である。原作同様に、技術によって島を産業化していくが、それにとどまらない。彼は島に法と規範、倫理を導入し、構成員一人の社会を島に作り出す。さらには紙と筆とで思弁的な思索を展開する。ロビンソンは、原作の産業人としての特質に加え、政治家として思想家としての特質を獲得する。まさに賞賛すべき近代的理性を体現する。
ところが、そうした近代的理性はより構築された秩序はフライデーという存在の登場により瓦解する。フライデーは原作のように容易に教化される従順な存在ではない。ロビンソンがここまで作り上げた秩序に服すことはなく、逆に秩序を次々に破壊してゆく。フライデーはどこまでも近代的理性からは自由な存在として描かれる。
ここに至って、描かれたのは原作のように近代的理性の高らかな勝利とは真逆の、近代的理性への懐疑であることが明らかになる。そして、その事実が開示されることにより、近代的理性がある限定された状況下において限定された効力しか持たないひとつの相対的な世界観に過ぎないことが示される。ここに、トゥルニエが改めて「ロビンソン・クルーソー」を書き直した意味がある。この近代的理性への懐疑が明らかになったことこそ、デフォーが「ロビンソン・クルーソー」を描いた18世紀と、20世紀あるいは21世紀の現代との決定的な違いと言える。
そんな近代的理性に疑問符がつきつけられた現代なわけだが、21世紀に入った今でもそうした認識が広く認識されているとは言い難い。近代的理性はいまだ絶対的な価値観として君臨するし、多くの人々は近代的理性に何の疑問を持つことはない。平和主義もヒューマニズムも人権主義も、その根底は近代的理性への信頼によって成り立っている。あるいは自然を礼賛する姿勢ですら理性への信頼の裏返しとも言える。
しかし、そうした現代的な視点が立脚するその基底自体の脆さを、本作は浮き彫りにする。トゥルニエが本作を書いたのは40年以上前ではあるが、それが語るところはは色褪せないどころかますます重要性を増している。

<黄金探索者>
ル・クレジオの黄金探索者を1年ぶりに再読。やはりいい。これほど切ない冒険小説はない。
失われた少年時代の幸せな時間を取り戻すため、海賊の財宝という夢がいかに荒唐無稽で望みのない挑戦だとしても、愛する2人の女性と別離しても、それでも進まずにはいられない男の姿。それは全く生産的ではないし、他にいくらでも道はあった。しかし、それは男にとってただ一つの希望であり、希望を希望として繋ぎ止めるため、彼はそうせざるを得ない。その暗い情熱と激しい焦燥とが痛々しいほどに描き出されるが、それがモーリシャスの雄大な自然の描写とからみあい、なにものにもかえ難く美しい。

2010/06/26 13:34

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
『フライデーあるいは太平洋の冥界』―南海の孤島で遭難したロビンソンは、島を開拓し、食料の備蓄に努めるが、野生人フライデーの登場によってその秩序は一瞬のうちに崩壊する。
文明と野蛮を双子のように描いた哲学小説。
『黄金探索者』―失われた楽園を取り戻すため、父の遺した海賊の地図と暗号文を手がかりに、ぼくは終わりなき財宝探索の旅に出る。
2008年ノーベル文学賞受賞作家による、魅惑に満ちた自伝的小説。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/09/24 12:21

投稿元:ブクログ

 これはもう、池澤夏樹さんのブックレヴューが最高なんですよ。もう夏樹さん、ロビンソンクルーソー大好きなんだなって感じが文面から伝わってきます。ご本人も島ネタで『南の島のティオ』書いてますし。

 ロビンソンという設定を前提に、人間とはいかなる存在か?という問題に対して、時代ごとにウェーバー、『不思議な島のフローネ』、『十五少年漂流記』、『蠅の王』...

 この池澤夏樹監修世界文学全集のシリーズは、全体的に異世界への旅と言うか、もう旅がしたいぜっ!未だ見知らぬあなたに会いたいぜっ!と言う気概に満ち満ちた素晴らしいシリーズだと思います。
 第一集の第一巻が『On The Road』だったのがまず最高すぎます。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む