サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/400p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-214124-6

紙の本

レイニー・パークの音

著者 早瀬 乱 (著)

明治36年、できたばかりの東京・日比谷公園で開かれる「公園裁判」。謎の“原告”に、ミッション・スクール同窓の5人の“被告”。その一人・元屋夏雄の妻は、夫の過去を尋ねて、彼...

もっと見る

レイニー・パークの音

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治36年、できたばかりの東京・日比谷公園で開かれる「公園裁判」。謎の“原告”に、ミッション・スクール同窓の5人の“被告”。その一人・元屋夏雄の妻は、夫の過去を尋ねて、彼らの青春時代を辿っていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

明治26年の雨の夜、澤田夫婦は忽然と消えた。その10年後、当時の教え子・元屋夏雄に届いた葉書には、「公園裁判が開かれます」と書かれていた。裁かれる事件は何なのか? あの頃、何があったのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

早瀬 乱

略歴
〈早瀬乱〉1963年大阪府生まれ。法政大学文学部英文学科卒業。「レテの支流」で日本ホラー小説大賞長編賞佳作、「三年坂 火の夢」で江戸川乱歩賞を受賞。他の著書に「サロメ後継」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時代の雰囲気以外はなにもない、って云う感じ。魅力ある人間を出してよ!

2007/12/19 19:36

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸川乱歩賞受賞『三年坂 火の夢』が結構読めたんで、あっさり手を出したんですが、物語としては受賞作のほうが面白かったかな、とは思います。基本的に、この人には魅力的な人物造形っていうのは無理かな、とも思うんです。そのかわり、といってはなんですが、時代の雰囲気といったものの描き方はたいしたもの。最近の乱歩賞作家には珍しい。むしろ松本清張賞のほうが合っていたんじゃないか、なんて思います。

時代は明治36年、できたばかりの東京・日比谷公園で開かれるという「公園裁判」、そこに被告として招かれたのが元屋夏雄、高嶋富三郎、隈野礼次郎、田部猪一郎、横川鷹彦の5人です。彼らに全く心当たりが無い、という設定もあるのでしょうが、不器用な早瀬は、そういった選択をしませんでした。

まず、5人、夏雄、富三郎、礼次郎、猪一郎、鷹彦は10年前、同じミッション・スクールに行っていました。そして同じ女性に想いを寄せていたのです。その相手というのが澤田リョウ、彼らの学校の講師であった澤田伸太郎の妻です。そして心当たり、というのが、10年前に澤田夫妻が失踪しているということ。

元屋夏雄はすでに結婚していますが、彼はその「公園裁判」のことも含めて妻であるナツに語ろうとはしません。彼女は夫が書いたし小説を元に、過去に何があったかを探るのですが・・・

出版社の案内には

謎の“原告”に、ミッション・スクール同窓の5人の“被告”。
その1人・元屋夏雄の妻は、夫の過去を尋ねて、彼らの青春時代を辿っていく。
キーパーソン高橋鍍金が、再び登場。

とあります。キーパーソン高橋鍍金、それって誰?と思います。相変わらず、時代の雰囲気はよく出ています。そして前作同様、魅力的な人間が登場しません。無論、印象的な人間はいます。でも、総じて登場人物たちの暗さ、身勝手さが心に残るだけで、好ましいとはとても言えません。夏雄もですが、本来同情されるはずのセツですら、かわいそう、という感じではない。

謎もですが解決篇も安直。告発ですら、とってつけたよう。主人公たちに正義が感じられない、それがいけないのでしょう。『三年坂 火の夢』もそうでした。明治時代はいやな暗い時代でした。江戸時代にはない冥さがあった。それだけが伝わって来ます。司馬遼太郎の薩長ヨイショではないだけマシではありますが、山田風太郎の明治ものの切れ味には及びもつかない。時代だけ書けたって、肝心の人間や物語が面白くないとねえ・・・

以下データ篇です。

目次ですが

無名氏による序文「日本の公園小史」
序 章 澤田氏の追憶
第一章 セツの日記
第二章 夏雄の私小説
第三章 セツの裁判記録1
第四章 夏雄の手紙
第五章 セツの裁判記録2
終 章 元屋家の今

となっています。簡単な登場人物メモをつけておけば

澤田伸太郎:「恋愛論」で一躍名をあげた詩人。学校の講師などをするが明治26年には結婚生活同様、破綻をきたしていて、妻と失踪。
澤田リョウ:伸太郎の妻で、夫より四つ年下。商家の娘。明治24年に駆け落ち同然で結婚。失踪前後には単なる浮気妻と化していた感があります。
真下史郎:戦前戦後どころか今も日本の運動部などによくいるタイプの軍人。
真下良和:「公園裁判」の原告だそうですが、影は薄いです。
元屋夏雄:商事会社勤務の文学青年。
セツ:夏雄の妻で、結婚して五年になります。長男 秋輔、次男 冬樹と二人の子供の母親。
モト:セツの女学校時代からの友人。
高嶋富三郎:通称トミー。アメリカ帰りの日本人で、夏雄たちの学校に入学してきます。
隈野礼次郎:今は出版社に勤務していますが、影は薄いです。
田部猪一郎:政治家志望で、一時は秘書なども勤めたそうです。
横川鷹彦:ミッション系の学校を出て、今は牧師。でも存在感はありません。

早瀬は以上の人たちをメインに置きましたが、印象に残ったのはナツの友人・トモではないでしょうか。ナツは現在の自分の人生に不満タラタラで、何かというと金持ちであるトモに頼っていきます。でも、プライドだけは高くて、心のそこでトモを軽蔑しています。そんな厭な女を友だちとして受け入れているトモ、彼女だけが真人間という気がします。

多田和博の装幀も決して上手くいっているとは思えません。PPS通信社の写真もイマイチ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/07 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/05 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。