サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. レジンキャストミルク 8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レジンキャストミルク 8(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3976-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

レジンキャストミルク 8 (電撃文庫)

著者 藤原 祐 (著)

大きな犠牲の果て、森町芹菜と敷戸良司への接触に成功する晶たち。しかし、変わり果ててしまった芹菜を前に、晶はひとつの決断を迫られる。一方、自分たちの望む世界を作ろうとする樹...

もっと見る

レジンキャストミルク 8 (電撃文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

レジンキャストミルク8

680(税込)

レジンキャストミルク8

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大きな犠牲の果て、森町芹菜と敷戸良司への接触に成功する晶たち。しかし、変わり果ててしまった芹菜を前に、晶はひとつの決断を迫られる。一方、自分たちの望む世界を作ろうとする樹と鏡、そして“無限回廊”もまた、行動を起こし始めていた。目前に迫る、最後の戦い。もう一度日常へ戻ってこようと誓う者、もう二度と戻らない覚悟を決める者、一抹の不安を抱えたままそれでも笑って過ごす者。それぞれが決意を胸に秘めたまま、その時は訪れ—“実軸”と“虚軸”たちの殺し合いが、始まる。大人気シリーズ、堂々の完結編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/10/15 00:00

投稿元:ブクログ

再読。最終決戦前のやりとりにニヤニヤする反面、彼等の胸の中に確実に生きている『あの人』の存在にほろりとしたり。あと里緒と晶の親友関係やばい。芹菜の最後の一言に籠められた様々な思いが胸をえぐる。よい完結編でした。

2013/10/18 01:40

投稿元:ブクログ

 これにて本編完結。
 最終決戦は、味方側の多彩な虚軸を総動員しながらも、圧倒的な戦力差と、無限回廊のトリッキーな虚軸攻撃によって激しい消耗戦、いつ負けてもおかしくない死闘です。
 その結末は……、ドローといった感じで正直不服ですが。

 なにより不服なのは、勝敗の結果のその先!
 最大の敵を倒し、戦う理由を作り出していた無限回廊もいなくなり、すわこれにて大団円、と思いきや、日常を取り戻すためにはまたまた生贄の儀式が必要だというので。
 でも、「彼女」にとって、仲間を失い、戦う理由を失うということは、本人も言う通り死ぬよりも辛いことなんだろう。だから、あの結末にのうのうと収まることはできるはずもなくて、みずからその道を断つことを当たり前に選択できてしまえたんだな、と。
 親友として、誰よりも盲目的に主人公を信じ続けてきた彼女だからこそ。
 だからって! もう少しスマートな終わらせ方だってあったでしょう! あんな酷いことしなくなって!

 なにはともあれ、これにて本編完結。
 細かい部分ではいろいろと齟齬のような違和感のようなものはありましたが、終始話の軸がぶれることなく、着地も安定感のある物語でした。
 ラノベにありがちな、とりあえずキャラクター動かしとけ! 必然性はいらない! みたいなキャラクター本位な書き方ではなく、しっかりと話の軸があって、それに肉付けするに足る知識量があって、安心して、楽しく読めるシリーズでした。
 そして、イラストレーターの枠を超えてレジミルの世界に寄与した、レジミルのもう一人の生みの親、椋本さん。
 ルナムンのころからの椋本さんのイラストがなければ、たぶんわたしは一生この作品に出会うことはなかったでしょう。

 レジミルは、わたしの基礎を形成した多くの作品の中でも、「影響を受けた本は?」と訊かれれば、いくつかの作品といっしょに間違いなく名前が上がる、それくらい、わたしにとっては思い入れのある名作です。
 今改めて読んで、当時は感じなかったことをいろいろ感じました。でもなにより、不器用だけどひたむきな彼女たちにもう一度出会えて良かった。

2009/09/23 23:51

投稿元:ブクログ

本編は此方で最終巻。
漸く読破できました。

御話は、犠牲が多すぎて泣きそうなのですが…。
もう全巻の時点でショックでしたのに、
更にショックが重なりました。
最後の晶と芹菜のやりとり、切なかったですね。
彼女には晶の全ては受け止められなかったという事でしょう。
その上で、「酷い人…」と云うのはあんまりな気もしますが。
何はともあれ最後まで読めて良かったです。

2012/08/18 23:56

投稿元:ブクログ

面白かった。内容は言わずもながだけど、一巻カバーの硝子との表情の違いが彼らが得たもの失ったものを表しているのかな?と、

2013/05/17 22:41

投稿元:ブクログ

ギャグありほのぼのありシリアスありのレジミルが好きでした。
藤原先生と椋本先生のタッグがたまらんかったです。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む