サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 142件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/354p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873811-8

紙の本

遠まわりする雛 (〈古典部〉シリーズ)

著者 米澤 穂信 (著)

神山高校で噂される怪談話、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送、摩耶花が里志のために作ったチョコの消失事件—“省エネ少年”折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の...

もっと見る

遠まわりする雛 (〈古典部〉シリーズ)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神山高校で噂される怪談話、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送、摩耶花が里志のために作ったチョコの消失事件—“省エネ少年”折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまで、古典部を過ぎゆく一年間を描いた短編集、待望の刊行。【「BOOK」データベースの商品解説】

神山高校で噂される怪談話。放課後の教室に流れる奇妙な校内放送。摩耶花が作ったチョコの消失事件−。「省エネ少年」折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまでの1年間を描いた短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やるべきことなら手短に 5−50
大罪を犯す 51−86
正体見たり 87−125

著者紹介

米澤 穂信

略歴
〈米澤穂信〉1978年岐阜県生まれ。「氷菓」で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞受賞。他の著書に「愚者のエンドロール」「犬はどこだ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー142件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

古典部シリーズ第四弾

2007/12/14 23:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず省エネ主義のホータローが、古典部の面々に振り回される話。しかし、面倒ごとに巻き込まれるのを良しとしないホータロー。たとえ巻き込まれても、やらなければならないことなら簡潔に、すばやく、問題を解決しようとする。

前作までの古典部シリーズと比較するとホータローが謎を解くというよりも、彼自身の心情を中心に、事件の背景を推察するといった雰囲気が強い。特に基本的にホータローの一人称であり、彼自身が感じたことをそのまま吐露しているようにも思える。しかし、他人の感情はホータローの推察でしかなく、一見無気力とも取れる省エネ主義は、自身の感情をも疑わしく思わせる。

そして、本作品は、省エネ主義を自称するホータローがその目指すところにもかかわらず、謎解きを行ってしまうのはなぜかという原動力を自分自身で解き明かす物語でもある。達観しているように見えてそれすらも面倒くさがるホータローは、ある意味で無気力な高校生らしいとも言える。しかし、作中では怒の感情すら否定されながらも、彼自身が等身大の自分を受け入れたラストは心地よい。

ミステリという形式をとっているものの、紛れもない青春小説であり、ホータローの目線を通して見える彼らとホータロー自身は青臭く純粋だ。あらなた関係とつながりに気が付いた彼らの2年目はどうなるのか。続きが読みたくもあり、この余韻を残したままにしておいてほしくもあり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一番好きだなあ

2017/01/01 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集の「遠まわりする雛」が良かった。
高校生とは思われない伴侶を思う奥深い思い。
高校生でこんな風に相手を思う事は難しいなあ。
千反田えるの桜舞い散る雛の姿見たかった。
そんなえるに思いを寄せるホータロウの複雑な気持ちも最高な描写。
思いの深さ、風景の描写とミステリーの醍醐味が最高にマッチングした傑作。
シリーズとしてはかなり楽しめます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/29 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/05 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/29 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/27 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/31 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/27 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/15 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/26 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/06 03:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/19 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/04 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/28 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/06 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。