サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

裁判員制度の正体(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-287903-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

著者 西野 喜一 (著)

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす! 元判事の大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす一冊。【...

もっと見る

裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

裁判員制度の正体

648 (税込)

裁判員制度の正体

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす! 元判事の大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西野 喜一

略歴
〈西野喜一〉1949年福井市生まれ。ミシガン大学ロースクール修士課程修了。新潟地方裁判所判事ほかを経て、新潟大学大学院実務法学研究科教授。著書に「裁判の過程」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

このまま裁判員制度を受け入れていいものなのか疑問を喚起する書

2008/07/22 22:06

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の内容は、書名がすべてを言い表していると言ってよい。裁判員制度に対して極めて否定的な見解を持つ著者によって書かれている本である。

 実際のところ、世論調査でも、裁判員に選ばれたくないという声が強い。裁判員法が成立した当時は、世間の関心が薄かった。しかし、いろいろな報道にがなされ、その負担の重さが伝わるにつれて、敬遠ムードが強くなっている。
 政府は広告代理店を通じて、マスコミに裁判員制度に関する普及啓発記事を書かせているが、逆効果となっている。裁判員制度が相当にやっかいな代物であることが、知れ渡る一方なのだから。

 来年5月にも始まると言われる裁判員制度の問題点を、執筆時点でなるべく平易に解説しようとしたのが本書である。裁判員制度を一刀両断に切ってみせる手さばきは一貫している。あらゆる角度から、いかに問題が多い制度であるかを示してくれる。

 拘束されるであろう日数、死ぬまで守らなくてはならない秘匿義務、有罪・無罪だけでなく量刑までさせられる無理、裁判員候補に選ばれたあとに根掘り葉掘りプライバシーを暴かれる理不尽さetc。

 頭から裁判員制度を否定してかかっている本であることを念頭に置いて冷静に読んでも、これだけの負担が、法律に疎い国民にふりかかってくるのかと驚いた。
 率直に言って、このような負担は背負いたくない。とてもではないが、重大犯罪の量刑など、ごく普通の国民にはできない。死刑を言い渡したあとに残る心の痛みをずっと抱えて生きていくことなど、はたして可能なのだろうか。

 検察、弁護人の双方から証拠や反証が出され、その妥当性を吟味する行為は、法律のプロにして初めてできることだろう。そのための「資格職業」として、裁判官や弁護士が存在するのだから。

 欧米では、市民の司法参加は一般的であるなどというところから導入が図られたらしいが、あちらでもおかしな審判が下っていることには枚挙にいとまがない。

 最後の方の章で、裁判員に選ばれるのを免れる方策をたくさん示してあるのには笑えた。しかし、そのくらい避けたい裁判員制度である。

 地方の弁護士会の中には、裁判員制度の延期を決議したところもある。プロが決議するのだから、よほどひどいということだ。
 泳ぎを知らない者が、ある日、水泳インストラクターの指名を受けるなどということがあれば、だれしも無謀なことと思うだろう。それに近いことが、裁判員制度では起きる。

 司法改革のように見えながら、実は裁判員制度は、国民の個人情報を収集するシステムとしても機能させられるようにしてある。裁判員として適格かどうか判断するために、洗いざらい調べられ、申告をさせられる。このあたりに、ソフトな管理社会の意図が見え隠れする。

 近年に比較するものがないほど、おそろしい制度の導入ではないだろうか。司法に携わる人たちは、もっと本音で裁判員制度について語り、問題があるなら出直しさせてほしい。

 「裁判員参上!」という看板がセンスがないとして直ちに書き直された。そのくらい国民の意識から遠いところで仕事している人たちの手になる法律であり、制度であることはおさえておきたいものである。

(本書は裁判員制度を最悪のシナリオで描いてある。この点をあらかじめ承知の上で読み始めないと、書きぶりだけで好みが分かれてしまうので要注意である)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪意と屁理屈にみちた本

2008/06/20 23:29

12人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では裁判員制度のさまざまな問題点を攻撃している.問題点を知ることは重要だが,悪意をもって攻撃し,問題を解決するのでなく問題があるから破壊してしまおうという態度が適切なものだとはかんがえられない.本書では裁判員制度が憲法に違反しているということをくりかえし主張しているが,それは裁判員制度が他の法律とのあいだには矛盾がないので,無理矢理,憲法をもちだして屁理屈をならべているとしかおもえなかった.問題点を知るのには役にたつだろうが,あまりおすすめできない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/14 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/23 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/10 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/10 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/05 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/29 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/10 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/21 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/24 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む