サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. やってられない月曜日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やってられない月曜日
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-471103-1
  • 国内送料無料

紙の本

やってられない月曜日

著者 柴田 よしき (著)

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも...

もっと見る

やってられない月曜日

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも、不倫、パワハラ、社内イジメなどなど、いろんな事件は潜んでて—。「やってられない」本音満載のワーキングガール・ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でもそんな平凡な日々にも、いろんな事件は潜んでて−。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やってられない月曜日 5-45
誰にもないしょの火曜日 47-90
とびきりさびしい水曜日 91-128

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉東京生まれ。1995年「RIKO」で横溝正史賞を受賞しデビュー。警察小説、本格ミステリ、伝奇ロマン、恋愛サスペンスなど幅広く作品を発表。ほかの著書に「求愛」「小袖日記」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

働くということ、生きるということ

2007/11/26 20:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぴえだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リアリティがある。共感できる。
それがこの小説の特徴だ。
働く人すべて、その中でも特に女性は“分かる~”と思うことが多いのではないだろうか?

この作品の著者は以前にも「ワーキングガール・ウォーズ」という、働く女性・キャリアウーマンが主人公の話を書いていて、その作品中にも共鳴できる部分がたくさんあり、少しミステリ的な仕掛けもほどこされていて、楽しく読むことができた。
ただ主人公の女性は平均的な女性とは少しずれていて、ちょっと違うかもーと思うところもあった。

今回の作品は以前の作品よりも、エンターテイメント的な部分が取り除かれているような気がしたが、その分多くの一般的な人が、特に女性が“そう、そう!”と頷けるようなエピソードが盛り込まれていて、読んでいて思わず、分かるわーと思ったり、身につまされたりする。
どうしてこんなに分かるんだろう?と首をひねっちゃうくらい。
私が日々思っていることを、全て代弁してくれている気がして、何だか不思議な気分。

主人公がほんの少しだけ成長する。一気には変わらない。ゆるやかな変化。
すっきり解決はしない。答えがすべてあるわけでない。

働くということは、生きるということは、本当に難しい。

けれども、私も少しがんばってみようかな、と思わされる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/03 20:00

投稿元:ブクログ

とても面白い連作なのだがいろんな意味で共感できすぎて若干凹みます。笑。もちろん救いはあるんだけれど。
ややとねね、闘うOLの物語。

2007/11/16 21:59

投稿元:ブクログ

働くOLのストーリー、ほのぼの読めてななかよかった。
平凡の日常へのささやかな不満とかが共感できた。

2009/07/23 00:42

投稿元:ブクログ

出版社にコネ入社したOLの1週間。地味に波瀾万丈の出来事が・・・あくまでも地味に。見かけは平凡、趣味は1/150の家の模型作り。一般から見たらオタク、でも本人は自覚なし。その趣味つながりで友達以上友達未満の進展しそうでしない男オタク友が社内に出来てしまうのが、なぜがベタ。秀作未満佳作以上でもおもしろかった。

2009/11/28 08:16

投稿元:ブクログ

経理に所属するちょいオタOLの話。
細かい部分で共感するところが多かった。普通でもいろいろあるんだよ。

2008/04/24 15:23

投稿元:ブクログ

男と付き合わないという事実によって、いったい、誰が迷惑しているというのだ
あたしが言いたいことは一言だけである
ほっとけ。

そう、あたしは、負け惜しみではなく、本気で。ほっといて欲しいと思っている。
−−−途中省略−−−
恋愛だけがこの世界の楽しみのすべてだなんて、思っている連中の方がある意味、
不幸なのだ。
この世の中には、恋愛より楽しいことだって、けっこういっぱいあるんだから。

以上本文より引用抜粋

これに共感してまう女性がどのくらい居るんだろう。

2007/10/26 20:47

投稿元:ブクログ

コネで入社した「おたくOL」の成長と冒険とちょっぴり恋の物語。主人公が実に「らしく」て物語にすっと入っていけます。たまにはこういうライトなものもいいです。柴田さんはやっぱり引き出しの数が多い。

2007/09/08 23:33

投稿元:ブクログ

ある大手出版社にコネ入社した高遠寧々は経理部の社員。仕事は地道にきっちりやる、それ以上のことは求めない。そんな彼女のひそかな趣味は、模型のハウス作り。趣味で始めたそれをネット公開し始めてからは人気も出た。趣味は趣味と割り切って仕事をするが、それでもイライラすることはたくさんあって―――『ワーキングガール・ウォーズ』の主人公の従妹にあたる二十代後半の女性を主人公にした物語なのですが、これが結構痛い。会社に対して彼女が抱く憤懣その他、あまりに自分の言うことに似ていて、省みて辛くなる。さくさく読めてしまうのですが、彼女の等身大さに★5つ。あまりにも前向きに終わるこの話ですが、こんだけ似てて暗く終わったら逆に居たたまれない(苦笑)。これ読んでちょっと反省しよう。

2008/12/12 17:02

投稿元:ブクログ

借りたい本を何冊かピックアップして図書館に行ったのですが、リストの内1冊しかなかったので、適当に選んだ内の1冊。
柴田よしきさんだったので、てっきりミステリーだと思って借りたら、普通の小説でした(^^;;

でも!

おもしろかったです。
30手前の、非モテ系OLのお話。
どっちかいうと、おたく(Nゲージ用の建物模型を作るのが趣味!)
容姿イマイチ
コネ入社なのがコンプレックス
結婚・恋愛願望なし
という、どっから見ても立派な非モテ系

これが書かれた当時は「負け犬」って言った方がいいかも。
そんなOL主人公の、華やかならざる生活。
でも、そこがいい。

わりと、こういう女性って少なくはないんじゃないかなーと思います。
誰もが、ファッション雑誌のような生活をしているわけじゃなくて、どっちかいうとそういうのに興味がない女性。
自分もどっちかいうと、そういうタイプなんで、共感するところも多い。
でも、この主人公ほどコンプレックスないけど。
人目気にしすぎの主人公が、でも、日々たくましく生きていて、でも、ときどき突然悩んじゃったりして。
あるある、って共感したりもするけど、なんだかんだいってこの主人公恵まれてるじゃん・・・とひがんだりもして(笑)

勘違いで借りた本でしたが、ヒットでした。

2010/11/08 20:29

投稿元:ブクログ

主人公、高遠寧々は、コネ入社した大手の出版社で経理課にいる普通のOL。趣味は1/150のNゲージをつくること。同僚の百舌鳥弥々とおたく仲間を自称しつつ普通の毎日を送っている。

特別な展開もびっくりするような話もないのに、さわやかで楽しい読後感。
普通にOLしてる自分もちょっと楽しい気分になれるような1冊です。

2008/07/21 18:52

投稿元:ブクログ

どうみても女子向けの作品なんだけど、なんとなく読んでみました。やっぱり女子向けというか、発想、思考、テンポが女子特有(?)なのか、男子のテンポにとは何か違うぞという感じ。大手出版社にコネで入社した、Nゲージ用の小さな模型作りにはまっているオタクOLが主人公。社内の良くある出来事や思いもよらない事件を彼女の感性で綴る月曜日から日曜日。なかなかに面白い作品でした。

2007/11/13 23:28

投稿元:ブクログ

『縁』っていう言葉がちょっと印象的だった。
弥々に対する翔子姉ちゃんの言葉に勇気をもらったなぁ〜。
私も怖がらずに恋しようっと。

2015/06/20 21:29

投稿元:ブクログ

大手出版社の経理部で働く28歳のOL寧々と、会社、それを取り巻く人々の話。

すごく好きでした。
以前読んだ『風のベーコンサンド…』の著者だと気付いたのは、読み終わってから。

社内に、不倫、パワハラ、いじめがあったり、隣人が物に依存する病を持った人だったり、ちょっとダークな展開が多いのですが、寧々のキャラのせいかさらりと読ませます。

寧々と弥々の関係がいいです。
あっさりとした友情で繋がっているようで、お互いを本当に理解している感じがとにかくいい。

『小さな偶然が重なって人は知り合う。』
寧々の作る、偶然一緒に働くことになった人たちが集った社屋のミニチュア、是非見てみたいものです。

2008/03/01 12:38

投稿元:ブクログ

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも、不倫、パワハラ、社内イジメなどなど、いろんな事件は潜んでて―。「やってられない」本音満載のワーキングガール・ストーリー。

ラストの展開にビックリしました!普通のOLさんってこんな感じでしょうか?自分のいる業界は全然違うので共感はできませんが、1度OLさんってやってみたいです。

2007/10/15 06:49

投稿元:ブクログ

ちょっとオタクなOLが主人公の、ほんのりミステリー風な話。
オタクを語る部分がウケた。
表面上はイマドキのOLなのに、中身がオタクっていうひと、結構そこらへんにいると思うんですが(どうなんだろう)……。
気負うことなくさらっと読めてよかったです。