サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. やってられない月曜日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やってられない月曜日
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-471103-1
  • 国内送料無料

紙の本

やってられない月曜日

著者 柴田 よしき (著)

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも...

もっと見る

やってられない月曜日

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも、不倫、パワハラ、社内イジメなどなど、いろんな事件は潜んでて—。「やってられない」本音満載のワーキングガール・ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でもそんな平凡な日々にも、いろんな事件は潜んでて−。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やってられない月曜日 5-45
誰にもないしょの火曜日 47-90
とびきりさびしい水曜日 91-128

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉東京生まれ。1995年「RIKO」で横溝正史賞を受賞しデビュー。警察小説、本格ミステリ、伝奇ロマン、恋愛サスペンスなど幅広く作品を発表。ほかの著書に「求愛」「小袖日記」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー48件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

働くということ、生きるということ

2007/11/26 20:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぴえだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リアリティがある。共感できる。
それがこの小説の特徴だ。
働く人すべて、その中でも特に女性は“分かる~”と思うことが多いのではないだろうか?

この作品の著者は以前にも「ワーキングガール・ウォーズ」という、働く女性・キャリアウーマンが主人公の話を書いていて、その作品中にも共鳴できる部分がたくさんあり、少しミステリ的な仕掛けもほどこされていて、楽しく読むことができた。
ただ主人公の女性は平均的な女性とは少しずれていて、ちょっと違うかもーと思うところもあった。

今回の作品は以前の作品よりも、エンターテイメント的な部分が取り除かれているような気がしたが、その分多くの一般的な人が、特に女性が“そう、そう!”と頷けるようなエピソードが盛り込まれていて、読んでいて思わず、分かるわーと思ったり、身につまされたりする。
どうしてこんなに分かるんだろう?と首をひねっちゃうくらい。
私が日々思っていることを、全て代弁してくれている気がして、何だか不思議な気分。

主人公がほんの少しだけ成長する。一気には変わらない。ゆるやかな変化。
すっきり解決はしない。答えがすべてあるわけでない。

働くということは、生きるということは、本当に難しい。

けれども、私も少しがんばってみようかな、と思わされる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/03 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/16 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/23 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/28 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/24 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/26 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/08 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/12 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/08 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/21 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/13 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/15 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る