サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ローバー、火星を駆ける 僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ローバー、火星を駆ける 僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/502p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208860-4
  • 国内送料無料

紙の本

ローバー、火星を駆ける 僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢

著者 スティーヴ・スクワイヤーズ (著),桃井 緑美子 (訳)

2004年に火星に着陸し、いまも活動を続けるNASAの2台の火星探査車(ローバー)。赤い惑星に生命は存在したのか? ミッションの研究代表者が、火星探査プロジェクトを実現す...

もっと見る

ローバー、火星を駆ける 僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢

2,700(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2004年に火星に着陸し、いまも活動を続けるNASAの2台の火星探査車(ローバー)。赤い惑星に生命は存在したのか? ミッションの研究代表者が、火星探査プロジェクトを実現するまでの緊迫のドラマを再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スティーヴ・スクワイヤーズ

略歴
〈スティーヴ・スクワイヤーズ〉1957年生まれ。コーネル大学で博士号取得。NASAエイムズ研究センターを経て、コーネル大学天文学教授。マーズ・エクスプロレーション・ローバー計画の研究代表者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

火星への夢

2007/12/23 22:19

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紙魚太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー、面白かった。ここのところ、早川書房は、サイエンス関係で良い本をいくつも出している。「エレクトリックな科学革命」、ドーキンスの一連の著作、全部面白いのだが、旨く訳文と読み手としての僕の感性が一致するものは少ない(原文で読めばいいのだろうがなかなか難しい)。この本は訳文も良くこなれており、とても読みやすいことに好感が持てた。2004年に火星に着いた探査ローバー「スピリット」と「オポチュニティ」があげた大きな成果については日本でも多くのメディアが取り上げた。その映像にテレビにかじりついた人も多かったのではないだろうか。本書は火星探査計画「マーズ・エクスプレーション・ローバー計画」の研究代表者が著した、その立案から、火星探査までのサイエンスドキュメントである。あのようなミッションはNASAが最初の立案から最後まで計画を立ててやっているものだと思っていた。しかし、その実際は、日本人の僕たちが想像もできなかった一般公募であった。しかもそれが現実になるまでの気の遠くなるような道のり。火星は距離的にも(光でも10分もかかるのだ!)、夢の現実化への道のりとしても遙かに遠い星なのであった。夢の競争相手との熾烈なプレゼン争い、予算の制限、相次ぐトラブル、。火星に到着するまでの長い道のりと、到着してからの様々な問題。火星に夢を託す人々と、国家の威信をかけたNASAの姿勢。ここに記されいるのは、まさに自分たちの夢の実現にかけた人々の悪戦苦闘と至福の時間の物語である。日本でも是非こんな本を出してほしい。「かぐや」でも「はやぶさ」でも、いくらでも面白い本がかけるはずだ。そんな努力をしないと、なかなか社会の理解と感心は得られない。何年か前に日本のロケット打ち上げの失敗時に、多くのメディアがその損失金額だけを取り上げて避難めいた報道をした。そんなときこそ、「負けるな日本」、「頑張れ日本」とエールを送りたい。日本ももっと世論を得るための努力をすべきだろう。しかし、アメリカの底力は凄いなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/16 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/14 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/04 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る