サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1,314件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/09/04
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-774101-3
文庫

紙の本

カラフル (文春文庫)

著者 森 絵都 (著)

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなけれ...

もっと見る

カラフル (文春文庫)

税込 682 6pt

カラフル

税込 680 6pt

カラフル

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.4MB
Android EPUB 5.4MB
Win EPUB 5.4MB
Mac EPUB 5.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが…。不朽の名作ついに登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【産経児童出版文化賞(第46回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店高崎店

ジュンク堂

みんなのレビュー1,314件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

大切な本

2014/05/07 01:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどもや、大切な人に読んでほしいと思える本。
とても大切なことがつまっていて、日頃の考え方や、身の回りの物事や、人に対しての見方がかわりました。森絵都さんに感謝です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホームステイをしたい

2018/10/07 10:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お砂糖 - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽く読めるけど、内容はきちんとある。そういう小説。
一度でいいから、自分というのを客観的に見て見たいと思った。やっぱり自分を見る上でフィルターって掛かっていると思うから。この作品は、客観的に見ることを思い出させてくれた。
自分と知らずに、自分の体にホームステイをしてみたくなる作品。いつもの風景がどんなように見えるのか、知りたい。
どうでもいいけど、プラプラっていう語感が好きだった。
読む度に、片仮名でプラプラって書いてあるの可愛いなと思ってた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶対泣いてただろうな

2016/05/21 15:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間ってのは良くも悪くもたいしたもんだっ、て

という文節が出てきたころには完全に

この物語の世界に感情移入してました。

そして

人は自分でも気づかないところで、

だれかを救ったり苦しめたりしている。

この世はあまりにもカラフルだから、

ぼくはいつも迷っている。

どれがほんとの色だかわからなくて。

どれが自分の色だかわからなくて。

地下鉄の席に座ってここまで読んでくると

鼻の奥の方がつぅーんとしてきて危うく

泣きだしそうになってしまい必死に我慢してました。

自分の部屋でだったら絶対泣いていただろうな。

そして泣きながら幸せな気持ちになれたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべての子供に読んで欲しい

2020/09/30 15:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

死んだ魂が別の体に移って復活のテストを受けるという設定で、ファンタジーとしてはよくある導入でした。でも途中から本当に泣けてきて、家族の愛とか生きる意味とか色々考えさせられることが多く、またラストへ向けての真相や展開はさらに衝撃を受けました。児童書にしておくのはもったいないような中身の充実した小説でした。子供はもちろん大人にもおすすめしたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の読書人生を変えた

2020/05/02 14:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の読書人生を変えた一冊。
この本と出会わなかったら、きっと、こんなにたくさんの本を読むこともなかったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校生の時に出合いたかった本

2019/09/30 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K.K - この投稿者のレビュー一覧を見る

※注意:ちょっとネタバレかも。

中学・高校の頃って、学校という限られた空間で過ごすから、なかなか自分の思考を変えることができない。周囲からの評価が全てで、他人にどう見られているか常に怯えたりもした。大人に相談しても「そんなに他人は、そこまで気にしてないって」と言われたが、納得できず、不安だった。
この本を大学の時に読んだとき、かなりの衝撃だった。怯え続けていた「不安」をようやく直視できただけでなく、「不安」の正体の小ささにようやく気が付くことができたから。
読みやすい小説という形でそれを教えてくれた作者さんには今も感謝しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重いテーマを軽やかに

2019/09/22 20:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

いじめの加害者については詳しく触れられていませんが、いじめという軽い言葉で済まし、少年だからという理由だけで刑事責任に問われない現状に怒りを覚えます。いじめたつもりはなかったなんてどうでも良い、被害者がどう感じたかが全て。子どもだからと言って罪に問えないならば保護責任者が服役すべき。実際に暴行や脅迫といった犯罪行為があったのに誰も法的責任を問われないとは法治国家とは言えない。カラフルに出てくる先生はとても良い先生ですが、実際には99%以上は役立たずです。先生受けが良いような、野球部の爽やかスポーツ少年達は障害のある生徒に集団で暴行を加えていました。チーム競技は学ぶことも多いのでしょうが集団でいじめをする人間を生み出しやすいようにも思います。
とても重いテーマを軽やかにユーモラスに描いた傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使業界の抽選

2019/09/08 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「天使業界の抽選」で人生に再チャレンジすることに。少年の体に入ってホームステイがはじまります。
人それぞれ抱えてる問題はさまざま、感じ方もさまざま。
さらさら読めるのに考えさせられる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きれいな色も、汚い色も

2019/06/25 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まな - この投稿者のレビュー一覧を見る

不安定だった10代の自分を理解し、大人になった今も支えてくれている一冊です。
何度も引っ越しましたが、この一冊は手放せません。一番好きな本かもしれない。

ただ、心の深いところに触れる内容のため、実際の知り合いには薦めづらいのが玉に瑕。
hontoの皆さんには胸を張ってオススメします。

「三日にいちどはエッチしたいけど、一週間にいちどは尼寺に入りたくなるの。十日にいちどは新しい服を買って、二十日にいちどはアクセサリーもほしい。牛肉は毎日食べたいし、ほんとは長生きしたいけど、一日おきにしにたくなるの。ひろか、ほんとに変じゃない?」

「うんとやさしいひろかと、うんと意地悪なひろかがいるの」
「みんなそうだよ。いろんな絵の具を持ってるんだ、きれいな色も、汚い色も」

子供のやわらかい心の危うさ。いとしさ。
小学校高学年以上のお子さんが身近にいる方、本棚に置いてみませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元気が出る一冊

2017/08/08 17:36

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

元気をくれるます。プラプラの言うように思えたら日々もっと楽に過ごせるんだろうなと思います。常に手元に置いておきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の取説。

2017/06/27 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童文学のような表紙、柔らかい語り口、主人公は中学生。

20代半ばの自分にとってはやや読みやすすぎるくらいに読みやすい本でした。しかし、そんなことはどうでもいいのです。この本は人生の取り扱い説明書のように、大切なことがあちこちに書いてあります。あちこちに、少しずつ、様々なことが書いてあるので、人によっては納得できないこともあると思いますが、何か一つくらいは心に残るものがあるはずです。

そういう文章に触れられただけでも良い本だな、と思えました。

ただし、自分が中学生の時に読んで素直に感動できたかと言われるとなんとも(笑)
一度失敗してから読むくらいがちょうどいいのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽い文体で、さらりと大切なことが書いてある

2008/05/29 01:12

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:homamiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

死後の世界をただよっていた「ぼく」が、抽選に当たったとかいうワケわからん理由で、再び現世に戻り、自殺した「小林 真」少年として、生きることに。
本来なら「ぼく」は、生前の罪とやらのため、二度と生まれ変わることができない魂なんだとか。

が、このチャンスをものにして、「小林 真」として生き、その間に、自分の生前の罪とやらを思い出すことができたら、輪廻の輪に戻してくれて、ふたたび生まれ変わることができるという。

そう説明してくれたのは、天使。
この天使にいろいろアドバイスをもらいながら、「ぼく」は、「小林 真」として生活をはじめる。

自殺した少年だけあって、「小林 真」の周りはなかなかすさんでいる。周りの人の本性=イヤ~なところがだんだん見えてきてげんなりするのだが、後半、そうではない部分も見えてくる。

これがタイトルにもなっているテーマで、人間は、みんないろんな色を持っている、と。
キレイな色も。汚い色も。

「ぼく」の語り口調による、軽快でユーモラスな文体。すごく読みやすい。
「ぼく」にとっては、所詮、すべて「小林 真」という仮の体の出来事なので、常にどことなくつきはなした、適当~な言い方。その距離感がここちよい。

軽いけども、決して内容がないわけではない。大切なことをあくまで軽~くさらりと、この本はいう。

天使は、人生をちょい長めのホームステイだと思えばいい、と「ぼく」に言う。
ステイ先は選べないし、自分からリタイアも辞退もできないけれど、ルールはない。与えられたステイ先で、せいぜい数十年、好きにすごせばよいのだ、と。
そんな風に考えられれば、楽に生きられるような気がしてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2013/05/04 19:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パズル♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すんなり読みやすい文章なのです♪
また、主人公の性格や心の変化がうまく表現されていて、一気読みできる一冊♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サクッと

2020/11/09 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サクッと軽く読めて課題や子供に薦めるのに良いかと。掴みがコミカルで話に入りやすく、途中からなんとなく想像はついたが設定も斬新で良かった。どんな言葉が人を傷付けるのか、今一度考えないと、と思わせる作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初読み作家さん

2020/03/10 09:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても読みやすく、内容も面白かったです。
ただ、感銘を受けたか、と言うと、疑問が残ります。多分、歳をとりすぎているからかもしれません。若い時に読みたかった本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。