サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03420-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する (光文社新書)

著者 亀山 郁夫 (著)

未完に終わった大長編「カラマーゾフの兄弟」の新訳から浮かび上がった驚くべき「続編」の可能性。新訳を手がけた著者が、客観的データに基づいて科学的に空想する。【「TRC MA...

もっと見る

『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する (光文社新書)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する

756 (税込)

『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

未完に終わった大長編「カラマーゾフの兄弟」の新訳から浮かび上がった驚くべき「続編」の可能性。新訳を手がけた著者が、客観的データに基づいて科学的に空想する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

亀山 郁夫

略歴
〈亀山郁夫〉1949年生まれ。東京外国語大学教授ならびに同大学学長。著書に「磔のロシア」「熱狂とユーフォリア」「ドストエフスキー父殺しの文学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

第4部、第10編「子どもたち」の魅力

2007/09/26 20:05

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GG - この投稿者のレビュー一覧を見る

『カラマーゾフの兄弟』が二部構成の小説として構想されていたことは、よく知られている。本編4巻+エピローグで構成されるあの大長編の冒頭には、謎めいた序文がつけられている。これから語られる物語は、われらの主人公アリョーシャの13年後の「今」を描くために必要不可欠な、彼の青春時代の一エピソードに過ぎない。伝記は一つなのに、物語は二つである。あの大長編は、もともとは来るべき第二部のための壮大な予告篇として構想されていたというのだ。

だが、その二つめの小説は、作者の死によって永遠に失われてしまった。

本書はその失われた物語のプロットを、できるだけ作者の意図に沿って復元してみようという試みである。こういう作業はとても興味深いが、危険をともなう。並みの書き手では、結局のところ書き手の器に話が収まってしまい、さまざまな声の響きあうドストエフスキーのあの凄みが感じられなくなってしまうのだ。

その点、著者の亀山郁夫は今回の画期的な新訳のために全文をなめるように読み込んだ文学者なので、大いに期待が持てる。評者は新訳カラマーゾフ読了の勢いの消えないうちに本書を読むことができ、大きな満足を味わうことができた。

亀山続編構想の一番の特徴は、今まで多くの論者に採用されていた「アリョーシャが皇帝暗殺者となる」というドラマティックな展開を捨てたことである。しかし、本書の論証にもあるように皇帝暗殺(=父殺し)というモチーフそのものは、当時のロシア社会の現実から考えても継続させられたはずである。では一体誰が実行犯となるのか。そしてアリョーシャの役割は。

そのとき、鍵になるのが、第4部第10編「子どもたち」である。その昔『カラマーゾフ』を原卓也訳で初めて読んだときには、この第10篇は冗長な感じがして、正直言って違和感を覚えた。しかし、亀山訳で読み直した今回は違っていた。亀山先生のおっしゃる通り、ここには第二の物語への助走がはっきり感じられる。今は、まだ数えで13歳のコーリャ・クラソートキンこそが、第二の小説の要の人物であり、きっと皇帝暗殺実行グループの長になる。そこにスムーロフやカルタショフがどのように絡むことになるのか。イリョーシャの姉ニーノチカとコーリャの関係は…など、書かれなかった13年後を空想しながら少年たちのやり取りを読むことはとてもスリリングな経験だった。

諸家の論を参考にし、新訳のための綿密な読みに基づいた亀山オリジナル・プロットは本書213ページ以下に読むことができる。第一の物語と形式を同じくする4部構成12編+エピローグからなる綿密なシノプシスに感動を覚えた。『カラマーゾフの子どもたち』というタイトルも決まっている。

ベルナルド・ベルトルッチ監督『1900年』という5時間を越える超大作映画に、線路に横たわって、汽車をやり過ごすというコーリャのエピソードが引用されていることを唐突に思い出した。長尺の映画の主人公たちの少年時代のエピソードだが、映画のラストでもう一度引用される。そうか、ドストエフスキーだったんだ。

20年以上前に見た映画の意味が今になってやっとわかるというのも、よいものである。さすがドストエフスキー、さすが亀山訳と、妙な感動の仕方をしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドストエフスキーならどんなでも読みたい。

2016/02/27 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直退屈な本。「カラマーゾフの兄弟」の面白さは人物描写や細かいエピソードの面白さだったのだと再認識。なので亀山氏のプロットであろうがなんであろうが、ドストエフスキーの筆力のものなら読みたいし、そうでないなら読みたくもない。そうした基本的なことを思い出させてくれたことは評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/22 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/13 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/23 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/02 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/07 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/05 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/18 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/08 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/09 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る