サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若獅子の戦賦(HJ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89425-602-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

若獅子の戦賦 (HJ文庫G D&Dリプレイ)

著者 柳田 真坂樹 (著)

会話型RPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」、全編書き下ろしの文庫リプレイがついに登場!重厚なファンタジー世界で繰り広げられる騎士道物語と、個性派プレイヤーたちによる爆...

もっと見る

若獅子の戦賦 (HJ文庫G D&Dリプレイ)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

D&Dリプレイ 若獅子の戦賦 (HJ文庫G) 全3巻完結セット

  • 税込価格:2,43022pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会話型RPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」、全編書き下ろしの文庫リプレイがついに登場!重厚なファンタジー世界で繰り広げられる騎士道物語と、個性派プレイヤーたちによる爆笑のやりとり、そしてガチなプレイングが三位一体となったこの本は、リプレイ界のスタンダードとなる…!?わかりやすい注釈もりだくさんで、D&D入門にもうってつけの一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

古い革袋に新しい酒を

2007/10/27 23:57

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TACHO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界初のRPGたるD&D。ゲームを取り巻く環境は往時とは変わり、またゲームシステムそのものにもその変化はフィードバックされてきた訳だが、それでもなおこれが良くも悪くも枯れたシステムであることは論を待たない。
 変化の最たるものはやはり『遊ばれ方』に尽きる。RPGという概念自体が目新しかった時期の試行錯誤を経て、コミュニケーションや戦略性、物語の再現といったセッションを成立させる要素をバランス良くクリアしつつ目標達成を目指す、という当たり前といえば当たり前のプレイスタイルが主流となったのだ。
 RPGにおいて『枯れた』システムであるということはそれだけ長く遊ばれ、信頼性の高いシステムであることを意味する。しかし、それはクラシカルなゲームを愛するファンにとっての話であって、数十年の時を経て培われたプレイスタイルに耐えられるか、疑問に思われる向きもあるかもしれない。本書はその疑問に答えてくれる。
 日本語版公式背景世界『トーチポート』を舞台に、一人の従騎士を中心としてゲームは始まる。家名を地に落とした事件の真相に迫っていくというストーリーラインの基本はシリアスながら、一癖も二癖もあるプレイヤー達のやり取りは、プレイの実際を臨場感を持って伝えてくれる。ゲームにおける『ロールプレイ』の実際が『演技』よりも『演出』寄りであることを考えれば、プレイヤー視点とキャラクター視点の併記は必然であり、リプレイの手法として主流となって久しい。
 かつてD&Dに熱狂した古強者も、新世代のゲーマーたちも、充分に楽しめるはずである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理解できないストーリー

2007/10/01 20:58

9人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の筋が分からない
キャラクターの出会いがまるっきり端折ってあって、立場も種族も目的も何もかも違うキャラクターがなぜ一緒にいて戦うのか理解できない
敵の出し方が唐突で必然性が分からない
リプレイの合間合間の書かれるショートストーリーが邪魔で読みにくい
一人のキャラクターの焦点をあわせすぎ、他のプレイヤーが自分のキャラクターのいないところで喋りだす
プレイヤー発言とキャラクター発言の区別がなく、キャラクターの後ろに常にプレイヤーの姿が見え、読み物としては気持ち悪い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/02 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/31 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/17 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

HJ文庫 ランキング

HJ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む